防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

関東大震災を体験した牧野富太郎の名言(1862~1957 / 植物学者 「日本植物学の父」 土佐出身)[今週の防災格言778]

time 2023/04/10

関東大震災を体験した牧野富太郎の名言(1862~1957 / 植物学者 「日本植物学の父」 土佐出身)[今週の防災格言778]

『 もう一度大地震に逢ひたい 』

 

牧野富太郎(1862~1957 / 植物学者 「日本植物学の父」 土佐出身)

 

連続テレビ小説「らんまん」の主人公・槙野万太郎のモデルとなった牧野富太郎博士。

近代植物学の権威として著名ですが、若い頃には、植物学のほかに地理、天文や物理学などの西洋科学を学んでおり、地震火山といった天変地異にも大いに興味を持っていました。

東京帝国大学理科大学講師となって10年、大正12年(1923年)。
61歳となった富太郎は、渋谷の自宅で関東大震災に遭遇します。
ただ、その感想は一般とはちょっと異なるものでした。

著書「続・植物記」(桜井書店 1944年)集録随筆「もう一度大地震に逢ひたい」で、次のように述べています。

これは甚だ物騒な話であるが、私はもう一度、かの大正十二年九月一日にあったようなこの前の大地震に出逢って見たいと祈っている。

ほとんど同じ回想がみれる「牧野富太郎自叙伝」(長嶋書房 1956年)でより詳しい震災の経緯が語られています。

曰く―――。

震災の時は渋谷の荒木山にいた。
私は元来天変地異というものに非常な興味を持っていたので、私はこれに驚くよりもこれを心ゆくまで味ったといった方がよい。

当時私は猿股一つで標品を見ていたが、坐りながらその揺れ具合を見ていた。
その中隣家の石垣が崩れ出したのを見て家が潰れては大変と庭に出て、庭の木につかまっていた。
妻や娘たちは、家の中にいて出てこなかった。家は幸にして多少の瓦が落ちた程度だった。
余震が恐いといってみな庭に筵(むしろ)を敷いて夜を明したが、私だけは家の中にいて揺れるのを楽しんでいた。

後に振幅が四寸もあったと聴き、庭の木につかまっていてその具合を見損なったことを残念に思っている。
その揺っている間は八畳座敷の中央で、どんな具合に揺れるか知らんとそれを味わいつつ坐っていて、ただそのしまいぎわにちょっと庭に出たら地震がすんだので、どうも呆気ない気がした。
その震い方を味わいつつあった時家のぎしぎしと動く騒がしさに気を取られそれを見ていたので体に感じた肝心要めの揺れ方がどうも今はっきり記憶していない。

何と言っても地が四、五寸もの間左右に急激に揺れたのだからその揺れ方を確かと覚えていなければならん筈だのにそれをさほど覚えていないのがとても残念でたまらない……もう一度生きている中にああいう地震に遭えないものかと思っている。

実は、帝都を焼きつくした未曽有の大震災では、震央に近い小田原や鎌倉などの神奈川県西部地域の揺れ(震度7)に比べると、東京都心の揺れはそこまで大きくなかった(震度5強~震度6強)といいます。

その点を踏まえると、富太郎の感想も違ってみえてくるのではないでしょうか。

… … …

さて、この震災で、金策に苦労して出版目前にこぎつけた自らが主催する雑誌『植物研究雑誌』が印刷所(三秀舎)ごと全て焼失してしまいました。

“火災”に懲りた富太郎は、

震災後二年ばかりして、渋谷から石神井公園付近の大泉に転居した。
標品を火災その他から護る為には、郊外の方が安全だと思ったからである。

ついに都心から郊外へと引っ越しを断行しますが、その後も、貴重な標品や蔵書を護るために“火災”に大いに悩まされたようです。

戦争末期の1945年(昭和20年)5月、空襲の危険から“疎開決行”を決意した牧野一家は、大泉学園から汽車を乗り継ぎ、山梨県の穂坂村へと疎開をすることになったようです。

 

… … …

牧野富太郎(まきの とみたろう)は、小学校中退で学歴を持たず、在野の植物学者でありながら多数の新種を発見、理学博士の学位を得て、日本植物分類学の基礎を築いた植物学者。
94年の生涯において日本中を歩きまわって集めた植物標本は50万枚、発見した新種は1,500種以上に及び、その蔵書は約4万5千冊を数える。
1953年(昭和28年)東京都名誉都民。1957年(昭和32年)文化勲章受章。

1862年(文久2年)5月22日、土佐国佐川村(高知県高岡郡佐川町)の酒造業を営む裕福な家に生まれる。
4歳で父親を亡くし、その3年後に母も他界。牧野家の一人息子として祖母に大切に育てられた。
寺子屋を経て、領主の家塾・名教館(佐川小学校)や地元の私塾・五松学舎で植物・地理・天文・物理などを学び、幼少から植物に興味を持ち、独学で植物の知識を身につけていった。
一時、板垣退助(土佐出身)の自由党に入り自由民権運動に傾倒するが間もなく脱退。1884年(明治17年)22歳の時に2度目の上京をし、帝国大学理科大学(現・東京大学理学部)植物学教室への出入りを許され、植物分類学の研究に打ち込むようになった。1889年(明治22年)、27歳の時に自ら創刊した「植物学雑誌」に新種ヤマトグサを発表し、日本人として初めて新種に学名をつけた。31歳で東京帝国大学理科大学(現・東京大学理学部)の助手となり、50歳から1939年(昭和14年)77歳となるまで講師を勤めたが、植物の文献購入や研究資金に加え、夫婦と13人の子供あわせ15人の家族を養うには助手や講師の給金では足りず常に借金をかかえ貧乏に苦しんだ。94歳で亡くなる直前まで、日本全国をまわって膨大な数の植物標本を作製し、1957年(昭和32年)1月18日、死去。
没後従三位に叙され、勲二等旭日重光章と文化勲章を追贈された。

尚、土佐(高知県)出身で同郷だった寺田寅彦(物理学者)の記念館(寺田寅彦邸)の石垣には「天災は忘れられたる頃来る」と彫られた石碑が埋められているが、この字は牧野富太郎の筆によるという。


写真:晩年の牧野富太郎とその家族たち












■「関東大震災」に関連する防災格言内の記事
大倉喜八郎(1837~1928 / 実業家 大倉財閥の創設者 従三位男爵)(2020.08.03 防災格言)
渋沢栄一[1](1840~1931 / 幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](1840~1931 / 幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
三浦梧楼(1847~1926 / 武士・政治家 陸軍中将 子爵 号は観樹)(2015.12.21 防災格言)
南条文雄(1849~1927 / 仏教学者・真宗大谷派僧侶 日本初の文学博士)(2016.10.10 防災格言)
本山彦一(1853~1932 / 実業家・大阪毎日新聞社長 貴族院議員)(2018.05.21 防災格言)
道重信教(1856~1934 / 僧侶 増上寺法主(第79代)・浄土宗大僧正)(2018.10.22 防災格言)
名和靖(1857~1926 / 昆虫学者 名和昆虫研究所(岐阜市)の創設者)(2019.05.20 防災格言)
ミカエル・A・ステシエン(1857~1929 / 在日宣教師・ルクセンブルグの神父・キリシタン研究者)(2020.12.21 防災格言)
後藤新平(1857~1929 / 医師・官僚・政治家 関東大震災後の内務大臣兼帝都復興院総裁 ボーイスカウト日本連盟初代総長)(2010.4.26 防災格言)
内藤久寛(1859~1945 / 実業家 日本石油会社創設者・初代社長)(2014.08.18 防災格言)
市島春城(1860~1944 / 随筆家・政治家 早稲田大学初代図書館長)(2018.06.04 防災格言)
マーシャル・マーテン(1862~1949 / 横浜市ゆかりの英国人貿易商)(2014.06.23 防災格言)
牧野富太郎(1862~1957 / 植物学者 「日本植物学の父」 土佐出身)(2023.04.10 防災格言)
山田次朗吉(1863~1930 / 剣客・直心影流第十五世 明治の剣聖)(2017.12.11 防災格言)
長岡半太郎(1865~1950 / 物理学者 東京帝国大学教授 初代大阪帝国大学総長 第1回文化勲章受章)(2021.11.22 防災格言)
平生釟三郎(1866~1945 / 実業家・教育者・政治家 甲南学園創立者 川崎造船所(現川崎重工業)社長)(2009.11.02 防災格言)
宮武外骨(1867~1955 / 明治・大正期のジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
ポール・クローデル(1868~1955 / フランスの劇作家 詩人 外交官)(2012.12.17 防災格言)
内田魯庵(1868~1929 / 評論家・翻訳家・小説家・随筆家)(2019.09.23 防災格言)
大森房吉(1868~1923 / 地震学者 東京帝国大学教授 理学博士)(2019.04.29 防災格言)
水野錬太郎(1868~1949 / 官僚・政治家 関東大震災時の内務大臣)(2016.04.11 防災格言)
井上準之助(1869~1932 / 財政家・民政党幹事長 日本銀行総裁(第9、11代)・大蔵大臣)(2018.12.03 防災格言)
久原房之助(1869~1965 / 実業家・衆議院議員(5期) 久原財閥総帥(日産・日立グループの前身))(2022.05.02 防災格言)
鈴木大拙(1870~1966 / 思想家・仏教学者 大谷大学名誉教授 文化勲章(1949年))(2022.04.25 防災格言)
小川琢治(1870~1941 / 地質学者・地理学者 京都帝国大学教授)(2019.09.09 防災格言)
佐藤善治郎(1870~1957 / 横浜市の教育者 精華小学校・神奈川学園中高等学校創立者)(2014.5.26 防災格言)
今村明恒(1870~1948 / 地震学者 東京帝国大学教授)(2008.5.12 防災格言)
佐佐木信綱(1872~1963 / 歌人・国文学者 東京帝大講師 文化勲章受章(1937年))(2021.09.06 防災格言)
武田五一(1872~1938 / 建築家・都市計画家 京大建築学科初代教授 「関西建築界の父」)(2010.6.28防災格言)
カルビン・クーリッジ(1872~1933 / 政治家 アメリカ合衆国大統領(第29~30代))(2008.5.19 防災格言)
岸上克己(1873~1962 / 社会運動家・新聞記者 埼玉県浦和町名誉助役)(2017.06.26 防災格言)
安河内麻吉(1873~1927 / 関東大震災時の神奈川県知事 内務官僚)(2008.4.28 防災格言)
二木謙三(1873~1966 / 内科医・細菌学者 駒込病院長 東京大学教授 文化勲章受章)(2016.11.14 防災格言)
山崎紫紅(1875~1939 / 明治の劇作家・詩人 歌舞伎作者)(2016.12.12 防災格言)
曾我廼家五九郎(1876~1940 / 喜劇俳優 大正期の「浅草の喜劇王」)(2010.6.7 防災格言)
天沼俊一(1876~1947 / 建築史家・古社寺修理技師・工学博士 京都大学名誉教授)(2021.09.20 防災格言)
永田秀次郎(1876~1943 / 政治家・拓務大臣 関東大震災時の東京市長)(2015.01.05 防災格言)
馬渡俊雄(1876~1946 / 内務官僚 関東大震災時の東京市助役 東京市社会局長)(2017.11.13 防災格言)
結城豊太郎(1877~1951 / 銀行家 大蔵大臣・日本銀行総裁(第15代))(2016.12.05 防災格言)
寺田寅彦[7](1878~1935 / 物理学者 随筆家 俳人)(2018.06.25 防災格言)
寺田寅彦[9](1878~1935 / 物理学者 随筆家 俳人)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](1878~1935 / 物理学者 随筆家 俳人)(2020.08.31 防災格言)
正宗白鳥(1879~1962 / 小説家・劇作家・評論家 文化勲章受賞)(2018.09.17 防災格言)
大正天皇(1879~1926 / 第123代天皇 諱は嘉仁(よしひと)在位1912-26)(2013.10.07 防災格言)
田中貢太郎(1880~1941 / 小説家・随筆家 代表作『日本怪談全集』)(2021.06.21 防災格言)
北澤重蔵(1880~1932 / 実業家 天津甘栗「甘栗太郎本舗」創業者)(2015.08.24 防災格言)
石原純(1881~1947 / 理論物理学者・科学ジャーナリスト 歌人)(2012.03.19 防災格言)
池田宏(1881~1939 / 都市計画家 内務官僚・内務省社会局長)(2017.10.30 防災格言)
野上俊夫(1882~1963 / 心理学者 京都帝国大学名誉教授)(2017.08.07 防災格言)
鈴木三重吉(1882~1936 / 小説家・児童文学者 日本の児童文学の父)(2011.2.21 防災格言)
大曲駒村(1882~1943 / 俳人 古川柳研究家 安田貯蓄銀行大崎支店長)(2012.08.27 防災格言)
奥谷文智(1883~1974 / 宗教家 天理教加納分教会長 機関紙「道之友」記者)(2011.11.28 防災格言)
荻原井泉水(1884~1976 / 俳人・随筆家 俳誌『層雲』を創刊)(2017.02.27 防災格言)
川村花菱(1884~1954 / 劇作家 脚本・演出家)・山村耕花(1886~1942 / 画家)(2010.2.22 防災格言)
竹久夢二(1884~1934 / 画家・詩人 美人画『黒船屋』詩『宵待草』で有名)(2012.08.20 防災格言)
加藤久米四郎(1884~1939 / 政治家・政友会 実業家 衆議院議員(7期) )(2015.10.05 防災格言)
松山基範(1884~1958 / 地球物理学者 京都大学名誉教授 山口大学初代学長)(2015.02.16 防災格言)
小寺菊子(1884~1956 / 小説家・児童文学作家 徳田秋声門下 旧姓・尾島)(2021.11.29 防災格言)
野上弥生子(1885~1985 / 小説家 法政大学女子高等学校名誉校長)(2015.06.22 防災格言)
加能作次郎(1885~1941 / 小説家 評論家 翻訳家 代表作「乳の匂い」)(2016.5.16 防災格言)
長田秀雄(1885~1949 / 詩人・劇作家 代表作『飢渇』『大仏開眼』など)(2016.10.31 防災格言)
北原白秋(1885~1942 / 詩人 童謡作家 歌人)(2014.01.06 防災格言)
谷崎潤一郎(1886~1965 / 小説家 代表作『痴人の愛』『春琴抄』『細雪』)(2014.12.08 防災格言)
岡本一平(1886~1948 / 漫画家 「元祖漫画家」「日本漫画の祖」)(2022.04.04 防災格言)
三浦定之助(1887~1961 / 潜水技師・海洋学者 静岡県伊東水産試験場長)(2022.09.19 防災格言)
九条武子(1887~1928 / 歌人・慈善活動家 関東大震災で罹災)(2021.09.13 防災格言)
葛西善蔵(1887~1928 / 小説家 代表作『子をつれて』など)(2014.12.22 防災格言)
水上滝太郎(1887~1940 / 小説家・劇作家・実業家 代表作「大阪」)(2015.07.20 防災格言)
真野 毅(1888~1986 / 弁護士・裁判官 最高裁判所判事 第二東京弁護士会会長)(2017.09.25 防災格言)
菊池寛(1888~1948 / 小説家・劇作家 文藝春秋創業者 代表作「父帰る」)(2012.03.26 防災格言)
賀川豊彦(1888~1960 / キリスト教社会運動家・作家 イエス団創始者)(2014.10.20 防災格言)
小野蕪子(小野賢一郎)(1888~1943 / 俳人・小説家・陶芸評論家・ジャーナリスト)(2020.11.16 防災格言)
内田百閒(1889~1971 / 小説家・随筆家 代表作『冥途』『阿房列車』)(2010.3.8 防災格言)
横井弘三(1889~1965 / 洋画家)(2015.11.23 防災格言)
高橋雄豺(1889~1979 / 新聞経営者 読売新聞社主筆・読売新聞社副社長 法学博士)(2018.06.11 防災格言)
和辻哲郎(1889~1960 / 哲学者・評論家 代表作『風土』『古寺巡礼』)(2014.10.27 防災格言)
山川菊栄(1890~1980 / 婦人運動家・評論家・作家 代表作「武家の女性」)(2016.11.07 防災格言)
和辻春樹(1891~1952 / 実業家 船舶工学者・造船技師 大阪商船専務)(2013.01.21 防災格言)
土田杏村[1](1891~1934 / 哲学者・文明批評家・社会教育家 自由大学運動を推進)(2014.09.01 防災格言)
土田杏村[2](1891~1934 / 哲学者・文明批評家・社会教育家 自由大学運動を推進)(2019.10.07 防災格言)
広津和郎(1891~1968 / 小説家 文芸評論家 翻訳家 代表作『松川裁判』)(2012.07.23 防災格言)
芥川龍之介(1892~1927 / 作家・小説家)(2008.8.25 防災格言)
西條八十(1892~1970 / 童謡詩人・作詞家・仏文学者)(2018.09.03 防災格言)
堀口大學(1892~1981 / 詩人・翻訳家・フランス文学者 文化勲章受章(1979年))(2021.08.30 防災格言)
沢田正二郎(1892~1929 / 大正期の人気俳優 劇団「新国劇」創設者・座長)(2022.04.11 防災格言)
東善作(1893~1967 / 世界三大陸単独横断飛行を達成した日本の冒険家)(2010.8.30 防災格言)
松山敏(松山悦三)(1893~没不詳 / 編集者・詩人 出版社「人生社」を経営)(2018.07.30 防災格言)
林達夫(1896~1984 / 思想家・評論家・翻訳家 明治大学教授)(2012.05.21 防災格言)
大佛次郎(1897~1973 / 作家 代表作『鞍馬天狗』シリーズ)(2017.07.17 防災格言)
横光利一[1](1898~1947 / 小説家・評論家 代表作『機械(1931年)』)(2016.6.13 防災格言)
横光利一[2](1898~1947 / 小説家・評論家 代表作『機械(1931年)』)(2016.7.25 防災格言)
佐藤栄作(1901~1975 / 政治家 第61~63代内閣総理大臣)(2008.2.25 防災格言)
林芙美子(1903~1951 / 小説家 昭和初期の女流作家)(2008.4.14 防災格言)
佐多稲子(1904~1998 / 小説家 代表作『樹影』『月の宴』など)(2017.08.28 防災格言)
清水幾太郎(1907~1988 / 社会学者 ジャーナリスト 学習院大学教授)(2008.9.29 防災格言)
植草甚一(1908~1979 / エッセイスト・評論家・編集者 愛称は「J・J」)(2012.06.25 防災格言)
沢村貞子(1908~1996 / 女優・随筆家 生涯に350本以上の映画に出演)(2018.01.15 防災格言)
黒澤明(1910~1998 / 映画監督 文化勲章・文化功労者・国民栄誉賞)(2014.02.17 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
大和勇三(1914~1991 / 経済評論家 日本経済新聞社ジャーナリスト)(2010.3.29 防災格言)
渡辺文夫(1917~2012 / 実業家 東京海上火災保険会長 日本航空会長)(2013.11.25 防災格言)
池波正太郎(1923~1990 / 小説家・美食家 代表作『鬼平犯科帳』)(2012.06.18 防災格言)
吉村昭(1927~2006 / ノンフィクション作家 代表作『関東大震災』『戦艦武蔵』等)(2021.07.19 防災格言)
関東大震災(1923年)の記念碑「関東大震災十周年防災標語」(東京都銀座四丁目)(2008.7.7 防災格言)
首都直下 ホントは浅かった 佐藤比呂志教授と関東大震災(2005.10.26 店長コラム)

■「文化勲章受章者」に関連する防災格言内の記事
三宅雪嶺[1] (1860~1945 / 哲学者・評論家 文化勲章受章)(2017.01.30 防災格言)
三宅雪嶺[2] (1860~1945 / 哲学者・評論家 文化勲章受章)(2017.07.31 防災格言)
牧野富太郎(1862~1957 / 植物学者 「日本植物学の父」 土佐出身)(2023.04.10 防災格言)
徳富蘇峰[1](1863~1957 / 思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2009.07.27 防災格言)
徳富蘇峰[2](1863~1957 / 思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2020.07.13 防災格言)
長岡半太郎(1865~1950 / 物理学者 東京帝国大学教授 初代大阪帝国大学総長 第1回文化勲章受章)(2021.11.22 防災格言)
幸田露伴(1867~1947 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2019.02.18 防災格言)
鈴木大拙(1870~1966 / 思想家・仏教学者 大谷大学名誉教授 文化勲章(1949年))(2022.04.25 防災格言)
佐佐木信綱(1872~1963 / 歌人・国文学者 東京帝大講師 文化勲章受章(1937年))(2021.09.06 防災格言)
二木謙三(1873~1966 / 内科医・細菌学者 文化勲章受章)(2016.11.14 防災格言)
正宗白鳥(1879~1962 / 作家・評論家 文化勲章受章)(2018.09.17 防災格言)
斎藤茂吉(1882~1953 / 歌人 文化勲章受章)(2009.03.09 防災格言)
志賀直哉[1](1883~1971 / 作家 文化勲章受章)(2009.12.28 防災格言)
志賀直哉[2](1883~1971 / 作家 文化勲章受章)(2018.11.05 防災格言)
武者小路実篤(1885~1976 / 作家 文化勲章受章)(2010.10.11 防災格言)
野上弥生子[1](1885~1985 / 作家 文化勲章受章)(2009.06.29 防災格言)
野上弥生子[2](1885~1985 / 作家 文化勲章受章)(2015.06.22 防災格言)
谷崎潤一郎(1886~1965 / 作家 文化勲章受章)(2014.12.08 防災格言)
和辻哲郎(1889~1960 / 哲学者・評論家 文化勲章受章)(2014.10.27 防災格言)
堀口大學(1892~1981 / 詩人・翻訳家・フランス文学者 文化勲章受章(1979年))(2021.08.30 防災格言)
大佛次郎(1897~1973 / 作家 文化勲章受章)(2017.07.17 防災格言)
和達清夫(1902~1995 / 地球物理学者 気象庁長官 文化勲章受章)(2007.12.03 防災格言)
朝永振一郎(1906~1979 / 物理学者 文化勲章(1952年) ノーベル物理学賞(1965年) )(2021.04.12 防災格言)
朝比奈隆(1908~2001 / 洋楽指揮者 文化勲章受章)(2014.03.10 防災格言)
十七代目 中村勘三郎(1909~1988 / 歌舞伎役者 文化勲章受章)(2012.12.10 防災格言)
黒澤明(1910~1998 / 映画監督 文化勲章受章)(2014.02.17 防災格言)
日野原重明(1911~2017 / 医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長 文化勲章受章)(2017.07.24 防災格言)
ドドナルド・キーン(1922~2019 / アメリカ出身の日本文学・日本文化研究者 文化勲章受章)(2019.04.22 防災格言)
瀬戸内寂聴(1922~2021 / 作家・天台宗尼僧 文化勲章(2006年) 本名・晴美)(2021.11.15 防災格言)
遠藤周作[1](1923~1996 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2010.07.12 防災格言)
遠藤周作[2](1923~1996 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2018.11.19 防災格言)
遠藤周作[3](1923~1996 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2021.04.19 防災格言)
司馬遼太郎(1923~1996 / 作家 文化勲章受章)(2015.01.12 防災格言)
日沼頼夫(1925~2015 / ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長 文化勲章受章)(2020.01.27 防災格言)
江崎玲於奈(1925~ / 科学者 ノーベル物理学賞 文化勲章受章)(2018.03.19 防災格言)
田辺聖子(1928~2019 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2019.06.17 防災格言)
中西 進(1929~ / 国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章)(2019.04.08 防災格言)
有馬朗人(1930~2020 / 原子核物理学者・俳人 東京大学名誉教授 政治家・参議院議員(1期)文部大臣(第125代) 文化勲章受章)(2021.08.02 防災格言)山田洋次(1931~ / 映画監督 文化勲章受章)(2010.05.24 防災格言)
安藤忠雄(1941~ / 建築家 文化勲章受章)(2008.10.6防災格言)

– Amazon.co.jp –
牧野富太郎植物画集 らんまんの笑顔 「人間・牧野富太郎」伝 NHK連続テレビ小説 らんまん 上 (1) NHK連続テレビ小説 らんまん 下 (2) 天災人災格言集: 災害はあなたにもやってくる!

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)
[主な著書]「天災人災格言集―災害はあなたにもやってくる!(興山舎 2012年)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ

メルマガを読む

メルマガ登録バナー
メールアドレス(PC用のみ)
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事