防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

二木謙三が関東大震災の時に遺した格言(東京大学教授)[今週の防災格言465]

time 2016/11/14

二木謙三が関東大震災の時に遺した格言(東京大学教授)[今週の防災格言465]


『 震災後の伝染病は
益々注意を要するを知るに足れり。 』

二木謙三(1873〜1966 / 内科医・細菌学者 駒込病院長 東京大学教授)

格言は、関東大震災後の伝染病に関する調査論文『東京市ニ於ケル大震火災後ノ伝染病ニツキテ』(出典「医学中央雜誌 Japana centra revuo medicina(医学中央雑誌刊行会 1924年3月)」)より。

曰く―――。

《 震災後の伝染病は昨年末(※1923年)を以て決して終了を告げたるにはあらず。
衛生状態の復旧も容易の業にあらず、されば今夏今秋及以後に於ても
伝染病流行決して無しと云うべからず、今後に於ても一層注意警戒を要
する所以なり。
安政地震は安政二年にして 所謂 安政のこれらは、同五年に猖獄(しょ
うけつ)を極めたる例あり、益々注意を要するを知るに足れり。 》

猖獄(しょうけつ)は、猛威をふるうことの意。

東京市内(現東京23区)では震災直後の火災で本所病院が全焼したため、病人の多くが駒込病院、大久保病院、広尾病院に収容された。
また、労資協調会と日本赤十字社は、臨時の伝染病院を洲崎埋立地に設置、更に、警視庁の依頼で東京帝大医学部も臨時の伝染病室を大学構内に設けられ、伝染病研究所、慶応大学病院、日本赤十字社病院、三河島と小松川にも警視庁の臨時の伝染病院が設営され病気の蔓延に備えられた、という。

震災直後には、下痢の患者が激増し、うち赤痢患者が急増したものの、10月中旬になると次第に減少する。しかし、10月から11月下旬になると赤痢に代わって、腸チフスが蔓延することになった。これらの伝染病は、12月になる頃には概ね平年の数にまで減少する。

この1923年9月〜11月末までの旧東京市の患者は、赤痢と腸チフスを合わせて約3,000名で、東京郡部でも同数の患者がみられた。
二木謙三は《 市部に於ては人口が一時百万人も減少したる故、伝染病患者は反比例して実際は多かりしなり 》と報告している。

二木謙三(ふたき けんぞう)は、赤痢菌の新種(駒込A菌・B菌)や鼠咬症スピロヘータの発見者として知られる伝染病・細菌学の権威。東京の駒込病院長を務め、東京帝国大学医学部、日本医科大学、東京歯科医専、日本女子大学教授、日本伝染病学会初代会長などを歴任した人物で、玄米食や複式呼吸などの二木式健康法の創始者としても著名。

秋田藩主佐竹候の御典医をつとめた医師の家系・樋口家の二男として秋田市土手長町(現千秋明徳町)に生まれる。幼くして親類の二木家の養子となった。秋田県立尋常中学校(現秋田高校)、旧制山口高等学校(山口県山口市)を経て、東京帝国大学医学部に入学。1901(明治34)年、大学を卒業すると東京市立駒込病院に勤務し、1903(明治36)年にコレラ竹内菌、赤痢駒込菌を発見し細菌学者として知られるようになった。1905(明治38)年よりドイツ留学をし、ミュンヘン大学のグルーバー教授に師事。帰国後、1909(明治42)年に駒込病院副院長、東京帝大講師となる。1919(大正8)年から駒込病院長、1921(大正10)年に東京帝大教授に就任。1926(大正15)年、日本伝染病学会(日本感染症学会)が設立されると初代会長に選出され、以降22年間にわたって会長を務めた。1933(昭和8)年、東京帝大教授を定年退官。
1929(昭和4)年学士院賞受賞、1955(昭和30)年文化勲章を授与。1966(昭和41)12月5日、93歳没。死後に従三位が追贈された。

写真Wikiより

■「二木謙三」に関連する防災格言内の記事
北里柴三郎(細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
浅田一(法医学者)(2011.10.3 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民(日本赤十字社初代社長)(2013.02.11 防災格言)
田尻稲次郎 (スペイン風邪当時の東京市長)(2008.12.22 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(CDC長官)(2009.04.27 防災格言)
国立感染研 竹田美文(2009.05.04 防災格言)
国立感染研 岡部信彦(2009.02.23 防災格言)
WHO中国伝染病担当 ジュリー・ホール(2009.02.02 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
ボッカチオ「デカメロン」より(2010.11.15 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
アルフレッド・W・クロスビー(アメリカの歴史学者)(2014.07.28 防災格言)
西村明儒(医師)(2009.12.21 防災格言)

■「関東大震災」に関連する防災格言内の記事
山川菊栄 (婦人運動家・作家)(2016.11.07 防災格言)
加能作次郎 (小説家)(2016.5.16 防災格言)
芥川龍之介(小説家)(2008.8.25 防災格言)
水上滝太郎(小説家・実業家)(2015.07.20 防災格言)
野上弥生子(小説家)(2015.06.22 防災格言)
林芙美子(小説家)(2008.4.14 防災格言)
川村花菱(脚本家)・山村耕花(画家)(2010.2.22 防災格言)
内田百間(作家)(2010.3.8 防災格言)
鈴木三重吉(児童文学者)(2011.2.21 防災格言)
大曲駒村(俳人・作家)(2012.08.27 防災格言)
竹久夢二(画家)(2012.08.20 防災格言)
広津和郎(小説家)(2012.07.23 防災格言)
池波正太郎(作家)(2012.06.18 防災格言)
菊池寛(作家)(2012.03.26 防災格言)
横光利一[1](小説家)(2016.6.13 防災格言)
横光利一[2](小説家)(2016.7.25 防災格言)
長田秀雄 (詩人・劇作家)(2016.10.31 防災格言)
水野錬太郎 (官僚政治家 内務大臣)(2016.04.11 防災格言)
横井弘三 (洋画家)(2015.11.23 防災格言)
三浦梧楼 (武士・陸軍中将)(2015.12.21 防災格言)
加藤久米四郎 (政治家・政友会 実業家)(2015.10.05 防災格言)
宮武外骨 (ジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
北澤重蔵 (実業家 天津甘栗「甘栗太郎本舗」創業者)(2015.08.24 防災格言)
土田杏村(哲学者・文明批評家)(2014.09.01 防災格言)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)(2014.10.20 防災格言)
南条文雄 (仏教学者・真宗大谷派僧侶)(2016.10.10 防災格言)
和辻哲郎 (哲学者・評論家)(2014.10.27 防災格言)
谷崎潤一郎(小説家)(2014.12.08 防災格言)
葛西善蔵(小説家)(2014.12.22 防災格言)
佐藤栄作(政治家)(2008.2.25 防災格言)
安河内麻吉(神奈川県知事)(2008.4.28 防災格言)
今村明恒(地震学者)(2008.5.12 防災格言)
カルビン・クーリッジ(米大統領)(2008.5.19 防災格言)
清水幾太郎(ジャーナリスト)(2008.9.29 防災格言)
大和勇三(経済評論家)(2010.3.29 防災格言)
後藤新平 (政治家)(2010.4.26 防災格言)
永田秀次郎(関東大震災時の東京市長)(2015.01.05 防災格言)
渋沢栄一(2013.03.18 防災格言)
大正天皇(2013.10.07 防災格言)
曾我廼家五九郎(浅草の喜劇王)(2010.6.7 防災格言)
東善作(冒険家)(2010.8.30 防災格言)
黒澤明(映画監督)(2014.02.17 防災格言)
北原白秋(詩人)(2014.01.06 防災格言)
ポール・クローデル(フランスの劇作家)(2012.12.17 防災格言)
植草甚一(評論家)(2012.06.25 防災格言)
林達夫(思想家)(2012.05.21 防災格言)
石原純 (理論物理学者)(2012.03.19 防災格言)
奥谷文智 (宗教家)(2011.11.28 防災格言)
佐藤善治郎 (横浜市の教育者)(2014.5.26 防災格言)
マーシャル・マーテン (横浜市ゆかりの英国人貿易商)(2014.06.23 防災格言)
平生釟三郎・川崎重工業社長(2009.11.02 防災格言)
和辻春樹(船舶工学者)(2013.01.21 防災格言)
内藤久寛(日本石油初代社長)(2014.08.18 防災格言)
渡辺文夫・東京海上火災保険会長(2013.11.25 防災格言)
松山基範 (地球物理学者 京都大学名誉教授)(2015.02.16 防災格言)
李登輝 (元・台湾総統)(2015.07.13 防災格言)
関東大震災十周年防災標語(2008.7.7 防災格言)
首都直下 ホントは浅かった 佐藤比呂志教授と関東大震災(2005.10.26 編集長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ