防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

野上弥生子が著書『夫と妻』に記した格言(小説家)[今週の防災格言85]

time 2009/06/29

野上弥生子が著書『夫と妻』に記した格言(小説家)[今週の防災格言85]


『 諦(あきら)めると云うことは便利な言葉である。が、卑怯な言葉で、また怖ろしい言葉である。 』

野上弥生子(1885〜1985 / 小説家 法政大学女子高等学校名誉校長)

野上弥生子(のがみやえこ)は、夏目漱石門下としてデビュー以来、99歳で逝去されるまで現役作家として常に第一線で活躍。「海神丸」「真知子」「迷路」「秀吉と利休」など多数の作品を発表。夫は、英文学者で法政大学総長も勤めた野上豊一郎(のがみ とよいちろう)。
格言は「夫と妻」(1930(昭和15)年)より。

■「野上弥生子」に関連する防災格言内の主な記事
野上弥生子[1](2009.06.29 防災格言)
野上弥生子[2](2015.06.22 防災格言)
夏目漱石(恩師)(2012.04.09 防災格言)
安倍能成(評論家・哲学者 夫の一校時代の親友)(2014.11.24 防災格言)
児童文学者 村岡花子(2014.04.28 防災格言)
児童文学者 鈴木三重吉(2011.02.21 防災格言)
林芙美子(小説家)(2008.4.14 防災格言)
芥川龍之介(小説家)(2008.8.25 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ