防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

渋沢栄一の経営哲学「論語と算盤(1927年)」から処世と信条に関する名言(日本資本主義の父)[今週の防災格言603]

time 2019/07/15

渋沢栄一の経営哲学「論語と算盤(1927年)」から処世と信条に関する名言(日本資本主義の父)[今週の防災格言603]

『 小事かえって大事となり、大事案外小事となる場合もある。 』

渋沢栄一(1840~1931 / 幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)

格言は著書「論語と算盤(1927年)」第一章「処世と信条」から「得意時代と失意時代」より。

曰く―――。

《 およそ人の禍(わざわい)は多くは得意時代に萌(きざ)すもので、得意の時は誰しも調子に乗るという傾向があるから、禍害(かがい)はこの欠陥に食い入るのである。されば人の世に処するにはこの点に注意し、得意時代だからとて気を緩(ゆる)さず、失意の時だからとて落胆せず、常操(じょうそう)を以(もっ)て道理を踏み通すように心掛けて出ることが肝要である。それと共に考えねばならぬことは大事と小事とについてである。失意時代における思慮は全くそれと反し、『なにこれしきのこと』と云ったように、小事に対しては殊に軽侮的(けいぶてき)の態度を取りがちである。しかしながら得意時代と失意時代とにかかわらず、常に大事と小事とについての心掛けを緻密にせぬと、思わざる過失に陥りやすいことを忘れてはならぬ。

・・・《中略》・・・

事の大小といったとて、表面から観察して直ちに決する訳にはゆかぬ、小事かえって大事となり、大事案外小事となる場合もあるから、大小にかかわらず、その性質をよく考慮して、然る後に相当の処置に出るように心掛けるのがよいのである。

・・・《中略》・・・

これに添えて一言しておきたいことは、人の調子に乗るはよくないということである。『名を成すは常に窮苦(きょうく)の日にあり、事を敗(やぶ)るは多く得意の時に因(いん)す』と古人も云っているがこの言葉は真理である。困難に処する時はちょうど大事に当ったと同一の覚悟を以てこれに臨むから、名を成すはそういう場合に多い。世に成功者と目される人には、必ず『あの困難をよくやり遂げた』、『あの苦痛をよくやり抜いた』というようなことがある。これ即ち心を締めて掛ったという証拠である。然るに失敗は多くの得意の日にその兆(きざし)をなして居(を)る、人は得意時代に処してはあたかも、かの小事の前に臨んだ時の如く、天下何事か成らざらんやの慨(がい)を以(もっ)て、如何なることも頭から呑(の)んで掛(かか)るので、ややもすれば目算が外れてとんでもなき失敗に落ちてしまう。それは小事から大事を醸(かも)すと同一義である。だから人は得意時代にも調子に乗るということ無く、大事小事に対して同一の思慮分別を以(もっ)てこれに臨むがよい。水戸黄門光圀公の壁書中に『小なる事は分別せよ、大なることに驚くべからず』とあるは、真(しん)に知言(ちげん)と謂うべきである。 》

渋沢栄一(しぶさわ えいいち)は、江戸末期に農民から幕臣に取り立てられ、明治新政府では大蔵大丞を務めた。欧州巡遊後、実業界の指導的役割を果たし、第一国立銀行の設立など生涯に約500余の企業を設立し、同時に約600余の社会・公共事業や民間外交にも尽力。多岐にわたる功績により「日本資本主義の父」と称された人物。2024年から新紙幣一万円札の顔となる。正二位勲一等子爵。

天保11年2月13日(1840年3月16日)、武蔵国榛沢郡血洗島村(現埼玉県深谷市血洗島)の農家に生まれる。尊王攘夷の思想に影響され上京、後に一橋慶喜(後の江戸幕府第15代征夷大将軍・徳川慶喜)に仕えた。27歳の時、水戸藩主・徳川昭武に随行し渡欧、パリ万国博覧会などを見学し欧州の先進諸国を見聞し、大政奉還後は大隈重信の説得により明治新政府の大蔵省の一員として国政に参画。1873(明治6)年に大蔵省を辞し、官僚時代に設立を指導した第一国立銀行(現みずほ銀行)頭取に就任、持論「道徳経済合一説」を説き、株式会社組織による企業の創設・育成に力を注ぎ、生涯に約500の企業設立に関わった。晩年も経済界の重鎮として政府に協力し、関東大震災では帝都復興に尽力した。多くの人々に惜しまれながら1931(昭和6)年11月11日に91歳で死去。

尚、渋沢栄一は、15歳の時に安政江戸地震(首都江戸を襲った直下型地震 M6.9 死者1万人)の揺れを田舎で体験。1923(大正12)年9月1日の関東大震災では、日本橋兜町の渋沢事務所内で被災。玄関が崩れたため裏庭から隣接する第一銀行へと避難した。しばらく後に大火災で事務所の貴重な書類が全焼してしまったことを悔やみ、船舶を使って書類を外部に持ち出す時間が十分にあったことや、震災直後の火災を予見できなかった自分の注意力の無さを率直に反省しつつ、帝大(現東京大学)の文化財の数々が灰燼に帰してしまったことについて大学関係者へ

『 自分が重要な書類を焼いていながら大学を責める事は出来ないという者もあるかも知れないが、自分が悪いから人はそれでよいというものではない。誰でも悪い事はどこまでも悪いと言わなければならぬ。 』

――と、大学の火災対策について一言述べてもいる。

■「渋沢栄一」「実業家」に関連する防災格言内の記事
渋沢栄一[1](官僚・実業家・後藤新平を東京市長に推薦)(2013.03.18防災格言)
渋沢栄一[2](官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
棚橋源太郎(教育家 初代東京博物館長 日本博物館の父)(2019.09.30 防災格言)
後藤新平(関東大震災後の内務大臣兼帝都復興院総裁 医師・官僚・政治家)(2010.4.26防災格言)
水野錬太郎(官僚政治家内務大臣)(2016.04.11防災格言)
永田秀次郎(関東大震災時の東京市長・後藤の側近)(2015.01.05防災格言)
池田宏(関東大震災後の東京市助役 内務省社会局長官)(2017.10.30防災格言)
馬渡俊雄(関東大震災時の東京市助役 東京市社会局長)(2017.11.13防災格言)
安井誠一郎(東京市社会局長 初代東京都知事)(2009.08.10防災格言)
安田善次郎(安田財閥創設者・後藤の日比谷公会堂建設等に資金提供)(2011.01.03防災格言)
鈴木俊一(元東京都知事 後藤新平賞受賞)(2008.10.13防災格言)
ロバート・ベーデンパウエル(スカウト運動提唱者)(2008.5.26防災格言)
井上準之助 (銀行家 大蔵大臣・日本銀行総裁(第9、11代))(2018.12.03 防災格言)
三井高房(江戸中期の豪商 三井総領家(三井財閥)3代目)(2019.05.13 防災格言)
安田善次郎 (実業家・安田財閥創設者)(2011.01.03 防災格言)
大田黒重五郎(芝浦製作所(現東芝)専務)(2012.05.14 防災格言)
牧冬彦 (神戸製鋼所社長)(2018.01.08 防災格言)
出口治明(ライフネット生命保険創業者)(2017.05.22 防災格言)
瀬島龍三(伊藤忠商事会長)(2017.02.13 防災格言)
品川正治(日本火災海上保険会長)(2016.05.30 防災格言)
三澤千代治(ミサワホーム創業者)(2016.03.28 防災格言)
小倉昌男(ヤマト運輸会長)(2016.02.22 防災格言)
児島仁(NTT社長)(2009.02.16 防災格言)
関本忠弘(NEC会長)(2012.10.01 防災格言)
坪井東(三井不動産会長)(2012.10.15 防災格言)
若狭得治(全日本空輸名誉会長)(2014.08.11 防災格言)
伊藤淳二(カネボウ会長 日本航空会長)(2010.01.18 防災格言)
堤清二(作家・辻井喬)(元セゾングループ代表)(2013.12.02 防災格言)
福原義春(資生堂名誉会長)(2012.01.09 防災格言)
中内功(ダイエー創業者)(2009.09.07 防災格言)
本田宗一郎(ホンダ創業者)(2012.12.31 防災格言)
秋山富一(住友商事会長)(2013.09.02 防災格言)
渡辺文夫(東京海上火災保険会長)(2013.11.25 防災格言)
加納時男(元東京電力副社長)(2008.06.09 防災格言)
浜口梧陵(ヤマサ醤油第7代目社長)(2007.12.24 防災格言)
領木新一郎(大阪ガス元会長)(2008.11.03 防災格言)
久我徹(博報堂関西支社長)(2009.04.06 防災格言)
平生釟三郎(川崎重工業社長)(2009.11.02 防災格言)
横河民輔(横河グループ創業者)(2010.02.08 防災格言)
ロバート・ボッシュ(ボッシュグループ創業者)(2011.12.12 防災格言)
内藤久寛(日本石油会社創設者・初代社長)(2014.08.18 防災格言)
阿部良夫(物理学者・北海タイムス社長)(2014.6.30 防災格言)
松永安左エ門(関西電力・中部電力創業者)(2012.08.13 防災格言)
スティーブ・ジョブズ(アップル設立者)(2013.9.16 防災格言)
渋沢栄一[1](実業家・官僚)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
水上滝太郎(作家・旧明治生命保険会社筆頭専務)(2015.07.20 防災格言)
益田孝(旧三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
石山賢吉(ダイヤモンド社創業者)(2015.02.23 防災格言)
稲山嘉寛(新日本製鐵初代社長・経団連会長(第5代))(2018.04.30 防災格言)
柴田俊治(ジャーナリスト・実業家 朝日放送社長・会長 朝日新聞記者)(2019.01.07 防災格言)
志田鉀太郎(東洋火災海上再保険代表取締役 商法学者 明治大学総長(第5代))(2018.11.26 防災格言)
本山彦一(大阪毎日新聞社長 貴族院議員)(2018.05.21 防災格言)
志田鉀太郎(商法学者 明治大学総長(第5代))(2018.11.26 防災格言)
アメリカ赤十字社 関東大震災救援標語(2008.05.19 防災格言)
大隈重信(2010.09.27 防災格言)
福沢諭吉(2010.09.20 防災格言)
後藤新平(2010.04.26 防災格言)
安河内麻吉(2008.04.28 防災格言)
勝海舟(2012.12.03 防災格言)
山内容堂(2010.05.10 防災格言)
安きにありて危うきを思う(居安思危)備えあれば憂いなし(有備無患)(2008.11.10 防災格言)
易経 繋辞下伝「安くして危うきを忘れず(安而不忘危)」(2009.11.9 防災格言)
「人、遠慮なければ、必ず近憂あり(無遠慮、必有近憂)」(2009.1.12 防災格言)
苛政猛於虎也(苛政は虎より猛なり)(2005.4.13 編集長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災食,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ