防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

池田宏が都市問題パンフレット『自然災害防備策』に遺した格言(内務官僚)[今週の防災格言514]

time 2017/10/30

池田宏が都市問題パンフレット『自然災害防備策』に遺した格言(内務官僚)[今週の防災格言514]


『 我国に在りては、
変災がいつ突発するかは
計り知れぬとはいえ、
いつかは必ず襲わるることあり
と覚悟せざるを得ざるものである。 』

池田 宏(1881~1939 / 都市計画家 内務官僚・内務省社会局長)

格言は論説「自然災害防備策」(都市問題パンフレットNo.25 昭和10年2月)より。
(出典は池田宏遺稿集刊行会編「池田宏都市論集(昭和15年)」)

曰く―――。

我国の気象と地勢とは、台風が無定期に襲来するの処あり、時に地震の突発をも免かれ得ざることは、既に学者の定説となっている。
唯学問上拠(よ)るべき記録が完全でない為めに、如何なる周期を以て襲来するものなるかは、之を未だ断定するを得ないのみである。
併しながら仮令(たとえ)極めて不完全なりとはいえ、国史は地震と暴風雨及潮害をしばしば繰り返して、前代未聞の惨禍を与えたることを記録しているし、現在者間の体験した明治中期以後の都市関係災害事実としても、大水害としては、之を前にして大阪を中心とする明治十八年の洪水あり、之を後にしては明治四十三年に於ける東京以東の洪水あり、大震災としては中京を含む地方の明治二十四年を前の記録として、後には大正十二年京浜を中心とする地方の記録がある。津浪(高潮)の害としても、明治二十九年及昭和八年の両度に於ける三陸海嘯を記録として、大正六年東京湾の高潮ありという風であるが、此外にも火災にして市街地を烏有(うゆう)に帰せしめたものに至りては、此間に数え切れぬ程ある。孰(いず)れも是詮じ詰むれば、台風の天変と地震の地異に其の原因を帰せしめざるを得ないのである。
而して其の孰れもが、我国に在りては、何時突発するかは計り知れぬとはいえ、いつかは必ず襲わるることありと覚悟せざるを得ざるものである。我等は実に此の間に都府を経営しているのである。
・・・《中略》・・・
然るに災害防備に関する我国の過去に於ける努力の跡を検(けん)するに、不幸幾度か経験に絶したる惨禍に遭いたりと雖(いえど)も、曾(かつ)て屈せず、常に我禍を転じて将来の福を導くの長計を按(あん)じ、健気にも復旧より復興へ、旧套(きゅうとう=古いやり方)より新装へと蒙を啓き(もうをひらき=啓蒙する)て刷新向上の一路を万進し、光明ある世界を開拓し来れることを見て、頼母(たのも)しく思わぬ人はあるまい。
・・・《中略》・・・
最後に一言すべきは、此等対策の樹立実行に当りては、之に伴うべき経済的考慮を特に重しとすることである。
此事は、問題が主として経済的基礎の上に立脚する都市経営上の安固に関するものなる以上、当然のことと言わなくてはならぬ。之を手取り早く云うならば、技術と経済との調和問題に帰着するが、凡そ災害防備の事を企図するに当りては、之を遂行するに依りて却って都府の経済的基礎自体に動揺を来さしむるが如き処れあらしめてはならぬ。
財政上仮令(たとえ)重荷であるとしても、之を施行するに非ざれば都府の経済基礎を護る所以に非ずとすることは、之を躊躇すべきではないが、仮令(たとえ)技術上可能なりとすることも、之を執行するは経済の堪ゆる所でないとか、又は経済都府をして不経済都府ならしむるに至るというが如きことあらしめてはならないのであって、そこに都市施設には本来自から超え可からざる法ありて存することを忘れてはならないのである。

池田 宏(いけだ ひろし)は、後藤新平のブレーンとして都市計画の実務を行い、日本初の都市計画法(旧法)を起草した日本近代都市計画の父として知られる人物。

明治14(1881)年7月30日、旧幕臣で静岡県磐田郡長などを務めた官僚・池田忠一(1850~1934)の長男として静岡県に生まれる。弟は最高裁判所判事の池田克(1893~1977)。
静岡中学(旧制)、東京府立一中(現日比谷高校)、第一高等学校(旧制)を経て、明治38(1905)年、京都帝国大学法科大学を卒業。同年に内務省入省後、三重県警察部長、土木局道路課長、同河港課長などを歴任。欧州視察を経て、帰国後、道路法制定に取り組んだ。後藤新平内務大臣に認められ、大正7(1918)年に後藤が創設した内務省大臣官房都市計画課の初代課長に抜擢され、「都市計画調査会」の実質的リーダーとして、大正8(1919)年、わが国初の都市計画法(旧法)を起草した。
大正12(1923)年の関東大震災では、後藤が新設し総裁となった「帝都復興院」の理事兼計画局長に就任し、後藤の八億円計画や震災復興計画に参画、その立案に大きく関与した。その後、東京市助役、京都府知事・神奈川県知事をつとめ、昭和4(1929)年に内務官僚を辞した。
退官後は大阪商科大学市政科(現大阪市立大学)や専修大学、京都帝国大学などで教鞭をとりながら、都市問題、都市計画の研究・評論を行った。昭和14(1939)年1月7日、腎盂炎により死去。59歳。
池田宏

■「池田宏」「都市計画家」に関連する防災格言内の記事
後藤新平 (都市計画家・政治家・医師)(2010.4.26 防災格言)
永田秀次郎(関東大震災時の東京市長)(2015.01.05 防災格言)
池田宏 (都市計画家)(2017.10.30 防災格言)
ル・コルビュジエ (建築家・都市計画家 現代建築の巨匠)(2017.10.02 防災格言)
坂茂 (建築家 プリツカー賞受賞(2014年))(2016.03.21 防災格言)
安藤忠雄 (建築家 後藤新平賞(第4回))(2008.10.6 防災格言)
横河民輔 (建築家)(2010.2.8 防災格言)
武田五一 (建築家・都市計画家)(2010.6.28 防災格言)

■「関東大震災」に関連する防災格言内の記事
真野毅 (弁護士・裁判官 最高裁判所判事)(2017.09.25 防災格言)
佐多稲子 (小説家)(2017.08.28 防災格言)
野上俊夫 (心理学者 京都帝国大学名誉教授)(2017.08.07 防災格言)
大佛次郎 (作家)(2017.07.17 防災格言)
岸上克己 (社会運動家・ジャーナリスト)(2017.06.26 防災格言)
荻原井泉水 (俳人・随筆家)(2017.02.27 防災格言)
二木謙三 (内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
山川菊栄 (婦人運動家・作家)(2016.11.07 防災格言)
加能作次郎 (小説家)(2016.5.16 防災格言)
芥川龍之介(小説家)(2008.8.25 防災格言)
水上滝太郎(小説家・実業家)(2015.07.20 防災格言)
野上弥生子(小説家)(2015.06.22 防災格言)
林芙美子(小説家)(2008.4.14 防災格言)
川村花菱(脚本家)・山村耕花(画家)(2010.2.22 防災格言)
内田百間(作家)(2010.3.8 防災格言)
鈴木三重吉(児童文学者)(2011.2.21 防災格言)
大曲駒村(俳人・作家)(2012.08.27 防災格言)
竹久夢二(画家)(2012.08.20 防災格言)
広津和郎(小説家)(2012.07.23 防災格言)
池波正太郎(作家)(2012.06.18 防災格言)
菊池寛(作家)(2012.03.26 防災格言)
横光利一[1](小説家)(2016.6.13 防災格言)
横光利一[2](小説家)(2016.7.25 防災格言)
長田秀雄 (詩人・劇作家)(2016.10.31 防災格言)
水野錬太郎 (官僚政治家 内務大臣)(2016.04.11 防災格言)
結城豊太郎 (銀行家 大蔵大臣・日本銀行総裁(第15代))(2016.12.05 防災格言)
横井弘三 (洋画家)(2015.11.23 防災格言)
三浦梧楼 (武士・陸軍中将)(2015.12.21 防災格言)
加藤久米四郎 (政治家・政友会 実業家)(2015.10.05 防災格言)
宮武外骨 (ジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
北澤重蔵 (実業家 天津甘栗「甘栗太郎本舗」創業者)(2015.08.24 防災格言)
土田杏村(哲学者・文明批評家)(2014.09.01 防災格言)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)(2014.10.20 防災格言)
南条文雄 (仏教学者・真宗大谷派僧侶)(2016.10.10 防災格言)
和辻哲郎 (哲学者・評論家)(2014.10.27 防災格言)
谷崎潤一郎(小説家)(2014.12.08 防災格言)
葛西善蔵(小説家)(2014.12.22 防災格言)
佐藤栄作(政治家)(2008.2.25 防災格言)
安河内麻吉(神奈川県知事)(2008.4.28 防災格言)
今村明恒(地震学者)(2008.5.12 防災格言)
カルビン・クーリッジ(米大統領)(2008.5.19 防災格言)
清水幾太郎(ジャーナリスト)(2008.9.29 防災格言)
大和勇三(経済評論家)(2010.3.29 防災格言)
後藤新平 (政治家)(2010.4.26 防災格言)
永田秀次郎(関東大震災時の東京市長)(2015.01.05 防災格言)
池田宏 (都市計画家)(2017.10.30 防災格言)
渋沢栄一(2013.03.18 防災格言)
大正天皇(2013.10.07 防災格言)
曾我廼家五九郎(浅草の喜劇王)(2010.6.7 防災格言)
東善作(冒険家)(2010.8.30 防災格言)
黒澤明(映画監督)(2014.02.17 防災格言)
北原白秋(詩人)(2014.01.06 防災格言)
ポール・クローデル(フランスの劇作家)(2012.12.17 防災格言)
植草甚一(評論家)(2012.06.25 防災格言)
林達夫(思想家)(2012.05.21 防災格言)
石原純 (理論物理学者)(2012.03.19 防災格言)
奥谷文智 (宗教家)(2011.11.28 防災格言)
佐藤善治郎 (横浜市の教育者)(2014.5.26 防災格言)
マーシャル・マーテン (横浜市ゆかりの英国人貿易商)(2014.06.23 防災格言)
山崎紫紅 (劇作家・詩人)(2016.12.12 防災格言)
平生釟三郎・川崎重工業社長(2009.11.02 防災格言)
和辻春樹(船舶工学者)(2013.01.21 防災格言)
内藤久寛(日本石油初代社長)(2014.08.18 防災格言)
渡辺文夫・東京海上火災保険会長(2013.11.25 防災格言)
松山基範 (地球物理学者 京都大学名誉教授)(2015.02.16 防災格言)
李登輝 (元・台湾総統)(2015.07.13 防災格言)
関東大震災十周年防災標語(2008.7.7 防災格言)
首都直下 ホントは浅かった 佐藤比呂志教授と関東大震災(2005.10.26 店長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ