防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

大正天皇が関東大震災時に発布した『国民精神作興詔書』に遺された格言[今週の防災格言304]

time 2013/10/07

大正天皇が関東大震災時に発布した『国民精神作興詔書』に遺された格言[今週の防災格言304]


醇厚中正じゅんこうちゅうせい

大正天皇(1879〜1926 / 第123代天皇 諱は嘉仁(よしひと)在位1912-26)

醇厚(じゅんこう)は、人情の厚いことの意。
中正(ちゅうせい)は、かたよらず公正であることの意。

大正12年に帝都を襲った関東大震災の直後、大正天皇陛下は、1923(大正12)年11月10日に『国民精神作興詔書(こくみんせいしんさっこうしょうしょ)』という詔書を発布された。これは、災禍による帝都の破壊や増大する社会不安を契機に、国民に対して、災害後の国力回復や道徳振興を呼びかけたもの。この詔の一節に「醇厚中正」という二つの言葉を一つにした四字熟語があり、当時、復興のスローガンの一つとして多くの人がこの言葉を引用している。

以下、「国民精神作興ノ詔書」全文

朕惟フニ国家興隆ノ本ハ国民精神ノ剛健ニ在リ之ヲ涵養シ之ヲ振作シテ以テ国本ヲ固クサセルヘカラス是ヲ以テ先帝意ヲ教育ニ留メサセラレ国体ニ基キ淵源ニ遡リ皇祖皇宗ノ遺訓ヲ掲ケテ其ノ大綱ヲ昭示シタマヒ後又臣民ニ詔シテ忠実勤倹ヲ勧メ信義ノ訓ヲ申ネテ荒怠ノ誡ヲ垂レタマヘリ是レ皆道徳ヲ尊重シテ国民精神ヲ涵養振作スル所以ノ洪謨ニ非サルナシ爾来趨向一定シテ効果大ニ著レ以テ国家ノ興隆ヲ致セリ朕即位以來夙夜兢兢トシテ常ニ紹述ヲ思ヒシニ俄ニ災変ニ遭ヒテ憂悚交々至レリ

輓近学術益々開ケ人智日ニ進ム然レトモ浮華放縦ノ習漸ク萌シ軽佻詭激ノ風モ亦生ス今ニ及ヒテ時弊ヲ革メスムハ或ハ前緒ヲ失墜セムコトヲ恐ル況ヤ今次ノ災禍甚大ニシテ文化ノ紹復国力ノ振興ハ皆国民ノ精神ニ待ツヲヤ是レ実ニ上下協戮振作更張ノ時ナリ振作更張ノ道ハ他ナシ先帝ノ聖訓ニ恪遵シテ其ノ実効ヲ挙クルニ在ルノミ宜ク教育ノ淵源ヲ祟ヒテ智徳ノ並進ヲ努メ綱紀ヲ粛正シ風俗ヲ匡励シ浮華放縦ヲ斥ケテ質実剛健ニ趨キ軽佻詭激ヲ矯メテ醇厚中正ニ帰シ人倫ヲ明ニシテ親和ヲ致シ公徳ヲ守リテ秩序ヲ保チ責任ヲ重シ節制ヲ尚ヒ忠孝義勇ノ美ヲ揚ケ博愛共存ノ誼ヲ篤クシ入リテハ恭倹勤敏業ニ服シ産ヲ治メ出テテハ一己ノ利害ニ偏セスシテ力ヲ公益世務ニ竭シ以テ国家ノ興隆ト民族ノ安栄社会ノ福祉トヲ図ルヘシ朕ハ臣民ノ協翼ニ頼リテ彌々国本ヲ固クシ以テ大業ヲ恢弘セムコトヲ冀フ爾臣民其レ之ヲ勉メヨ

■「大正天皇」に関連する防災格言内の記事
美智子皇后陛下(2010.10.18 防災格言)
宣化天皇(2013.08.19 防災格言)

■「関東大震災」に関連する防災格言内の記事
関東大震災 概要(防災情報のページ)
首都直下 ホントは浅かった 佐藤比呂志教授と関東大震災(2005.10.26 編集長コラム)
佐藤栄作(政治家)氏(2008.2.25 防災格言)
林芙美子(小説家)女史(2008.4.14 防災格言)
安河内麻吉(神奈川県知事)氏(2008.4.28 防災格言)
今村明恒(地震学者)氏(2008.5.12 防災格言)
カルビン・クーリッジ(米大統領)氏(2008.5.19 防災格言)
関東大震災十周年防災標語(2008.7.7 防災格言)
芥川龍之介(小説家)氏(2008.8.25 防災格言)
清水幾太郎(ジャーナリスト)氏(2008.9.29 防災格言)
川村花菱(脚本家)・山村耕花(画家)氏(2010.2.22 防災格言)
内田百間(作家)氏(2010.3.8 防災格言)
大和勇三(経済評論家)氏(2010.3.29 防災格言)
後藤新平(政治家)氏(2010.4.26 防災格言)
曾我廼家五九郎(浅草の喜劇王)氏(2010.6.7 防災格言)
東善作(冒険家)氏(2010.8.30 防災格言)
鈴木三重吉(児童文学者)氏(2011.2.21 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災マッチ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ