思則有備(しそくゆうび)思えばすなわち備えあり

防災意識を育てるWEBマガジン

三浦梧楼 が著書『観樹将軍縦横談』に書き記した格言(陸軍中将)[今週の防災格言418]

time 2015/12/21

三浦梧楼 が著書『観樹将軍縦横談』に書き記した格言(陸軍中将)[今週の防災格言418]


『 助かるものは、助かるように助かるようにき、
死ぬるものは、死ぬるように死ぬるようにく、
死生命しせいめいあり、偶然にあらずとは、まさしくれである。 』

三浦梧楼(1847〜1926 / 武士・政治家 陸軍中将 子爵 号は観樹)

格言は著書『観樹将軍縦横談(1924年)』の「東京の大震災」より。

三浦自身も関東大震災では東京の自宅で罹災。
震災のあった時期には毎年、熱海で過ごす予定だったが、この年は、たまたま行かなかったため家族と離れ離れにならずにすんだ、という。息子も、震災当日に自宅から千葉に行く用事があったものの、朝の汽車に乗らなかったため難を逃れた。三浦は「家族、親戚から召使の一族まで、皆無事であったのは、実に大幸(たいこう)であった」と感想を述べている。

曰く―――。

《 いつもならこの時期熱海の家へと行くのが、行かなかった。熱海に行っていたら交通が絶えて、家族が心配しただろうが、行かなかったために家族が一所に居たために其の心配もなかった。息子も房州(千葉)に居たら死んでいたかもしれないし、朝の汽車に乗っていれば危険だったかもしれない、午餐に四階に居たら死ぬところであった。それが好い方へ好い方へと往って無事に助かった。家族から親戚から召使の一族まで、皆無事であったのは、実に大幸(たいこう)であった。
しかし、息子の妻の親戚である会社重役は、いつもは出ないのに、たまたまアノ日に会社に出た。自室の重役室は堅固であったが、面会人があったために応接室で話していた、また、いつもあの時刻には他所へ食事に行くのに、面会人があって行かなかったところが、あの地震でピシャと遣られた、出ないでも好いものが出た、居るべき所に居ない、また往くべき時に、往くべき所に往かない、ソレで遣られた。
助かるものは、助かる方へ方へと行(ゆ)くが、死ぬるものは、又死ぬる方へ方へと行(ゆ)く、実に不思議なものだ 》

萩藩士(山口県萩市)の陪臣の子として生まれた三浦梧楼(みうら ごろう / 三浦観樹)子爵は、明倫館に学んだ後、高杉晋作の奇兵隊に入隊、長州藩の尊攘運動に従軍。維新後は兵部省に出仕し、西南戦争(1877年)では第三旅団司令長官として勇名をはせた。1878年、中将に昇進し西部監軍部長となるが、藩閥政治に反対する谷干城、鳥尾小弥太、曾我祐準らとともに反主流派の中心人物として山県有朋や大山巌らと対立し左遷される。在朝鮮国特命全権公使に就任した1895年に閔妃暗殺(乙未事変)が発生し、朝鮮が親露になることに危機を持っていた三浦も暗殺事件の嫌疑がかけられ広島で投獄されるが、軍法会議で無罪放免となる。1910年、枢密顧問官、宮中顧問官などを歴任。大正期には「藩閥打倒」を唱え、政界の黒幕として活動した。
1926(大正15)年1月28日、満79歳没。従一位勲一等旭日桐花大綬章受章。

■「三浦梧楼」「関東大震災」に関連する防災格言内の記事
川路利良 (薩摩藩士・初代警視総監)(2013.11.04 防災格言)
佐野常民 (佐賀藩士・日本赤十字社創始者)(2013.02.11 防災格言)
真木和泉 (久留米藩士・尊皇攘夷派志士)(2012.11.05 防災格言)
坂本龍馬 (幕末の尊皇派の志士 土佐藩郷士)(2015.10.19 防災格言)
勝海舟 (従五位下・安房守)(2012.12.03 防災格言)
山内容堂 (幕末の土佐藩主)(2010.05.10 防災格言)
山岡鉄舟 (一刀正伝無刀流開祖)(2010.08.09 防災格言)
マシュー・ペリー提督 (米東インド艦隊司令長官)(2013.01.07 防災格言)
福沢諭吉 (慶應義塾創設者)(2010.09.20 防災格言)
徳川斉昭 (幕末の大名・第9代常陸水戸藩主)(2015.08.17 防災格言)
津田真道 (津山藩士・啓蒙思想家)(2015.08.03 防災格言)
益田孝 (幕府軍騎兵隊長・三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
渋沢栄一 (幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
橋本綱常 (医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(201
加藤久米四郎 (政治家・政友会 実業家)(2015.10.05 防災格言)
宮武外骨 (ジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
北澤重蔵 (実業家 天津甘栗「甘栗太郎本舗」創業者)(2015.08.24 防災格言)
水上滝太郎(小説家・実業家)(2015.07.20 防災格言)
野上弥生子(小説家)(2015.06.22 防災格言)
佐藤栄作(政治家)(2008.2.25 防災格言)
林芙美子(小説家)(2008.4.14 防災格言)
安河内麻吉(神奈川県知事)(2008.4.28 防災格言)
今村明恒(地震学者)(2008.5.12 防災格言)
カルビン・クーリッジ(米大統領)(2008.5.19 防災格言)
芥川龍之介(小説家)(2008.8.25 防災格言)
清水幾太郎(ジャーナリスト)(2008.9.29 防災格言)
川村花菱(脚本家)・山村耕花(画家)(2010.2.22 防災格言)
内田百間(作家)(2010.3.8 防災格言)
大和勇三(経済評論家)(2010.3.29 防災格言)
後藤新平 (政治家)(2010.4.26 防災格言)
永田秀次郎(関東大震災時の東京市長)(2015.01.05 防災格言)
渋沢栄一(2013.03.18 防災格言)
大正天皇(2013.10.07 防災格言)
曾我廼家五九郎(浅草の喜劇王)(2010.6.7 防災格言)
東善作(冒険家)(2010.8.30 防災格言)
鈴木三重吉(児童文学者)(2011.2.21 防災格言)
黒澤明(映画監督)(2014.02.17 防災格言)
北原白秋(詩人)(2014.01.06 防災格言)
ポール・クローデル(フランスの劇作家)(2012.12.17 防災格言)
大曲駒村(俳人・作家)(2012.08.27 防災格言)
竹久夢二(画家)(2012.08.20 防災格言)
広津和郎(小説家)(2012.07.23 防災格言)
植草甚一(評論家)(2012.06.25 防災格言)
林達夫(思想家)(2012.05.21 防災格言)
池波正太郎(作家)(2012.06.18 防災格言)
菊池寛(作家)(2012.03.26 防災格言)
石原純 (理論物理学者)(2012.03.19 防災格言)
奥谷文智 (宗教家)(2011.11.28 防災格言)
佐藤善治郎 (横浜市の教育者)(2014.5.26 防災格言)
マーシャル・マーテン (横浜市ゆかりの英国人貿易商)(2014.06.23 防災格言)
平生釟三郎・川崎重工業社長(2009.11.02 防災格言)
和辻春樹(船舶工学者)(2013.01.21 防災格言)
内藤久寛(日本石油初代社長)(2014.08.18 防災格言)
土田杏村(哲学者・文明批評家)(2014.09.01 防災格言)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)(2014.10.20 防災格言)
和辻哲郎 (哲学者・評論家)(2014.10.27 防災格言)
谷崎潤一郎(小説家)(2014.12.08 防災格言)
葛西善蔵(小説家)(2014.12.22 防災格言)
渡辺文夫・東京海上火災保険会長(2013.11.25 防災格言)
松山基範 (地球物理学者 京都大学名誉教授)(2015.02.16 防災格言)
李登輝 (元・台湾総統)(2015.07.13 防災格言)
関東大震災十周年防災標語(2008.7.7 防災格言)
首都直下 ホントは浅かった 佐藤比呂志教授と関東大震災(2005.10.26 編集長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ