防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

瀬戸内寂聴(1922~2021 / 作家・天台宗尼僧)「今日を生きるための言葉」から人生の名言 [今週の防災格言725]

time 2021/11/15

瀬戸内寂聴(1922~2021 / 作家・天台宗尼僧)「今日を生きるための言葉」から人生の名言 [今週の防災格言725]


『 大切なのは、好奇心と想像力です。好奇心がないと人生がつまらなくなり、生きている喜びもなくなります。想像力がないと、他人の悲しみや苦しみ、痛みがわかりません。 』

瀬戸内寂聴(1922~2021 / 作家・天台宗尼僧 文化勲章(2006年) 本名・晴美)

格言は、ニッポン放送 News Online コラム【瀬戸内寂聴「今日を生きるための言葉」第1639回】より。

人生はもともと苦しみと矛盾に満ちているから、他人の苦しみに思いを馳せるためにも想像力が必要だ ―――と、寂聴さんは、自身の数多くの法話や講演では一貫して述べてきた。生きるために想像力が大切と説き、想像力を育むには読書など創造的な文化に触れることが最適だとも述べている。

コラム「互いを思いやる気持ちこそ」(PHP研究所編『幸福論』(PHP研究所 2006年)収録 初出:月刊PHP 2004年10月号)では、

《 見えるものばかりを追いかけてきた結果、日本人は想像力を無くしてきました。想像力とは相手の気持ちを思いやる心です。相手が言葉に出さなくても、表情を見るだけで気持ちが分かる。愛情とは相手の欲するものを先んじて与えること。かつての日本人にはそういう心がそなわっていました。それが今や、そんなことさえ分からなくなってきた。
…(中略)…
私たちのまわりは納得のいかない不条理で取りまかれている。だからこそ、相手を思いやる想像力を持たなければならないと思います。
…(中略)…
目には見えない人の心に思いを馳せ、互いを思いやる気持ちを忘れないこと。不条理な世の中で温かな幸せを見つけるには、それしか方法がないのです。 》

と述べてもいる。

瀬戸内寂聴(せとうち じゃくちょう)は作家で僧侶(天台宗)。古典を題材とした作品から現代文学まで幅広い著作で知られ、生涯に400冊を超える作品を遺した。執筆活動と並行し、51歳で出家し、精力的な法話や講演活動を行ない、また湾岸戦争の救援活動や対テロ報復戦争の停止を求める活動、311震災後の原発再稼働の抗議など社会活動も行った。

1922年(大正11年)5月15日、徳島県徳島市の神仏具商の二女に生まれる。本名は三谷晴美(はるみ)。瀬戸内家と父が養子縁組したため、後に瀬戸内晴美に改姓。東京女子大学在学中の1942年(昭和17年)に20歳で婚約し翌年結婚、一女をもうける。終戦後に夫の教え子の文学青年と不倫し、1948年(昭和23年)夫と三歳の娘を棄てて京都へと出て、勤めながら小説を執筆。1950年(昭和25年)「少女世界」に少女小説が採用され、その稿料が入ると京都を引き払って上京、東京・三鷹下連雀の宿に下宿し少女小説や童話の投稿を続けた。
1956年(昭和31年)処女小説「痛い靴」を発表、1957年(昭和32年)「女子大生・曲愛玲(チュイアイリン)」で新潮社同人雑誌賞受賞。子宮作家と揶揄されるようなポルノ小説で生計を立てながら、1959年(昭和34年)から伝記小説「田村俊子」や長編小説「女の海」を東京新聞等に連載、「かの子撩乱」「美は乱調にあり」など優れた評伝小説を相次いで発表し、1963年(昭和38年)自身の不倫の恋愛体験を描いた「夏の終り」で女流文学賞を受賞し作家としての地位を築いた。1973年(昭和48年)51歳で今春聴(今東光)大僧正を師に中尊寺で得度。出家した後も俗名(瀬戸内晴美)で作品を発表し続けたが、1987年(昭和62年)岩手県二戸市の天台寺住職となったのを契機に法名の寂聴に改め執筆活動を開始した。以降は「源氏物語」に関連する著作を多く執筆し、1988年(昭和63年)の「寂聴 般若心経」は43万部のベストセラーを記録、1992年(平成4年)「花に問え」で谷崎潤一郎賞、2001年(平成13年)「場所」で野間文芸賞受賞。2006年(平成18年)文化勲章受章。2011年(平成23年)の東日本大震災後は東北へと足を運び被災者支援活動を行なった。
2021年(令和3年)11月9日、心不全のため京都市内の病院で死去。99歳没。


写真:Wikipedia









■「宗教」「僧侶」に関連する防災格言内の記事
釈迦(紀元前5世紀頃 / 仏教の開祖)(2011.12.19 防災格言)
空海・弘法大師(774~835 / 平安時代の僧侶 真言宗開祖)(2011.10.31 防災格言)
最澄・伝教大師(767~822 / 平安時代の僧侶 天台宗開祖)(2008.07.28 防災格言)
慈円(1155~1225 / 鎌倉時代初期の天台宗僧侶 歌人)(2014.03.17 防災格言)
無住(1227~1312 / 鎌倉時代の臨済宗僧侶 『沙石集』『雑談集』著者)(2014.08.25 防災格言)
清沢満之(1863~1903 / 宗教家・真宗大谷派僧侶 哲学者・思想家)(2016.09.12 防災格言)
南条文雄(1849~1927 / 仏教学者・真宗大谷派僧侶 日本初の文学博士)(2016.10.10 防災格言)
道重信教(1856~1934 / 僧侶 増上寺法主(第79代)・浄土宗大僧正)(2018.10.22 防災格言)
釈雲照(1827~1909 / 真言宗僧侶 明治維新後に戒律主義「十善会」発足)(2012.02.13 防災格言)
渡辺南隠(1834~1904 / 幕末明治期の臨済宗僧侶 禅僧として白山道場を開単)(2010.08.16 防災格言)
河口慧海(1866~1945 / 黄檗宗僧侶 仏教学者 日本人初のチベット入境者)(2011.09.26 防災格言)
山田恵諦(1895~1994 / 天台宗僧侶 第253世天台座主)(2012.04.02 防災格言)
丸茂湛祥(1940~2020 / 日蓮宗僧侶・宗教心理学者・日本画家)(2013.08.05 防災格言)
立花大亀(1899~2005 / 臨済宗僧侶 京都大徳寺派最高顧問 大亀宗雄)(2013.09.23 防災格言)
源為憲(生年不詳~1011 / 平安時代中期の文学者 正五位下・美濃守)(2018.03.05 防災格言)
内村鑑三(1861~1930 / キリスト教無教会主義の創始者・評論家)(2014.12.29 防災格言)
旧約聖書『伝道者の書』第1章9節より(2009.11.23 防災格言)
旧約聖書『創世記』41章より(2011.12.26 防災格言)
賀川豊彦(1888~1960 / キリスト教社会運動家・作家 イエス団創始者)(2014.10.20 防災格言)
奥谷文智(1883~1974 / 宗教家 天理教加納分教会長 機関紙「道之友」記者)(2011.11.28 防災格言)
佐治実然(1856~1920 / 宗教家 日本ユニテリアン協会会長 平民社相談役)(2010.03.15 防災格言)
出口王仁三郎(1871~1948 / 宗教家・芸術家 新宗教「大本」教祖の一人)(2020.11.02 防災格言)
夏目漱石(1867~1916 / 小説家 英文学者 代表作『吾輩は猫である』等)(2012.04.09 防災格言)
司馬遼太郎(1923~1996 / 作家・評論家 代表作『梟の城(直木賞)』など)(2015.01.12 防災格言)
戸川秋骨(1870~1939 / 英文学者・随筆家 慶應義塾大学教授)(2016.02.15 防災格言)
松尾芭蕉(1644~1694 / 江戸前期の俳人 俳聖 紀行文『おくのほそ道』)(2010.12.20 防災格言)
橋本徹馬(1890~1990 / 政治評論家・政治活動家・思想家・著述家 「紫雲山地蔵寺」初代住職で水子供養運動創唱者)(2020.10.12 防災格言)
ブレーズ・パスカル(1623~1662 / フランスの数学者・哲学者・キリスト教神学者)(2021.02.08 防災格言)
ジョージ・サンタヤナ(1863~1952 / スペイン系アメリカ人の哲学者・詩人・小説家)(2021.03.01 防災格言)
草地賢一(1941~2000 / 牧師 国際ボランティア学会創設者 PHD協会総主事)(2011.08.29 防災格言)
高木慶子(1936~ / カトリックのシスター 聖トマス大教授 生と死を考える会全国協議会会長)(2009.06.15 防災格言)
ミカエル・A・ステシエン(1857~1929 / 在日宣教師・ルクセンブルグの神父・キリシタン研究者)(2020.12.21 防災格言)
ブレーズ・パスカル(1623~1662 / フランスの数学者・哲学者・キリスト教神学者)(2021.02.08 防災格言)
ヴェルナー・ロレヴィンク(1425~1502 / ドイツの修道士(カルトジオ会)・神学者)(2020.08.10 防災格言)
瀬戸内寂聴(1922~2021 / 作家・天台宗尼僧 文化勲章(2006年) 本名・晴美)(2021.11.15 防災格言)

■「文化勲章受章者」に関連する防災格言内の記事
三宅雪嶺[1] (1860~1945 / 哲学者・評論家 文化勲章受章)(2017.01.30 防災格言)
三宅雪嶺[2] (1860~1945 / 哲学者・評論家 文化勲章受章)(2017.07.31 防災格言)
徳富蘇峰[1](1863~1957 / 思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2009.07.27 防災格言)
徳富蘇峰[2](1863~1957 / 思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2020.07.13 防災格言)
幸田露伴(1867~1947 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2019.02.18 防災格言)
佐佐木信綱(1872~1963 / 歌人・国文学者 東京帝大講師 文化勲章受章(1937年))(2021.09.06 防災格言)
二木謙三(1873~1966 / 内科医・細菌学者 文化勲章受章)(2016.11.14 防災格言)
正宗白鳥(1879~1962 / 作家・評論家 文化勲章受章)(2018.09.17 防災格言)
斎藤茂吉(1882~1953 / 歌人 文化勲章受章)(2009.03.09 防災格言)
志賀直哉[1](1883~1971 / 作家 文化勲章受章)(2009.12.28 防災格言)
志賀直哉[2](1883~1971 / 作家 文化勲章受章)(2018.11.05 防災格言)
武者小路実篤(1885~1976 / 作家 文化勲章受章)(2010.10.11 防災格言)
野上弥生子[1](1885~1985 / 作家 文化勲章受章)(2009.06.29 防災格言)
野上弥生子[2](1885~1985 / 作家 文化勲章受章)(2015.06.22 防災格言)
谷崎潤一郎(1886~1965 / 作家 文化勲章受章)(2014.12.08 防災格言)
和辻哲郎(1889~1960 / 哲学者・評論家 文化勲章受章)(2014.10.27 防災格言)
堀口大學(1892~1981 / 詩人・翻訳家・フランス文学者 文化勲章受章(1979年))(2021.08.30 防災格言)
大佛次郎(1897~1973 / 作家 文化勲章受章)(2017.07.17 防災格言)
和達清夫(1902~1995 / 地球物理学者 気象庁長官 文化勲章受章)(2007.12.03 防災格言)
朝永振一郎(1906~1979 / 物理学者 文化勲章(1952年) ノーベル物理学賞(1965年) )(2021.04.12 防災格言)
朝比奈隆(1908~2001 / 洋楽指揮者 文化勲章受章)(2014.03.10 防災格言)
十七代目 中村勘三郎(1909~1988 / 歌舞伎役者 文化勲章受章)(2012.12.10 防災格言)
黒澤明(1910~1998 / 映画監督 文化勲章受章)(2014.02.17 防災格言)
日野原重明(1911~2017 / 医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長 文化勲章受章)(2017.07.24 防災格言)
ドドナルド・キーン(1922~2019 / アメリカ出身の日本文学・日本文化研究者 文化勲章受章)(2019.04.22 防災格言)
瀬戸内寂聴(1922~2021 / 作家・天台宗尼僧 文化勲章(2006年) 本名・晴美)(2021.11.15 防災格言)
遠藤周作[1](1923~1996 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2010.07.12 防災格言)
遠藤周作[2](1923~1996 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2018.11.19 防災格言)
遠藤周作[3](1923~1996 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2021.04.19 防災格言)
司馬遼太郎(1923~1996 / 作家 文化勲章受章)(2015.01.12 防災格言)
日沼頼夫(1925~2015 / ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長 文化勲章受章)(2020.01.27 防災格言)
江崎玲於奈(1925~ / 科学者 ノーベル物理学賞 文化勲章受章)(2018.03.19 防災格言)
田辺聖子(1928~2019 / 作家・随筆家 文化勲章受章)(2019.06.17 防災格言)
中西 進(1929~ / 国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章)(2019.04.08 防災格言)
有馬朗人(1930~2020 / 原子核物理学者・俳人 東京大学名誉教授 政治家・参議院議員(1期)文部大臣(第125代) 文化勲章受章)(2021.08.02 防災格言)
山田洋次(1931~ / 映画監督 文化勲章受章)(2010.05.24 防災格言)
安藤忠雄(1941~ / 建築家 文化勲章受章)(2008.10.6防災格言)

■「防災の標語」「教訓」「石碑」に関連する防災格言内の記事
AC公共広告機構 阪神淡路大震災キャンペーン広告「人を救うのは、人しかいない」(2009.11.30 防災格言)
地震は起きる。それは「想定」ではない。「前提」だ。:三菱地所ホーム(株)のポスター広告 2015年(コピーライター:谷野栄治、三宅ひづる)より(2021.01.18 防災格言)
「おはしも(おかしも)」児童のための避難標語(2008.09.01 防災格言)
「ひなんするときは、押すな・走るな・声出すな」学研まんが「地震のひみつ」より(2015.04.27 防災格言)
政府の中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会報告書(2012年3月)」より(2018.02.26 防災格言)
「津波避難のたすとひく」静岡県警の津波避難啓発標語(2014.11.10 防災格言)
昭和八年三月三日 大海嘯記念碑(大槌町 昭和9年建立)(2011.11.07 防災格言)
明治三陸地震(1896年)と昭和三陸地震(1933年)の「大津浪記念碑」(岩手県宮古市重茂・姉吉集落)『此処より下に家を建てるな』(2021.07.12 防災格言)
宝永津波碑(宝永4(1707)年 / 徳島県海部郡海陽町鞆浦)(2017.11.27 防災格言)
安政地震(安政元(1854)年)の石碑「岸本飛鳥神社懲毖」(高知県香南市香我美町岸本)(2018.12.17 防災格言)
関東大震災十周年防災標語(2008.7.7 防災格言)
南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ報告書(2013年5月)(2013.06.24 防災格言)
安きにありて危うきを思う(居安思危)(中国故事)(2008.11.10 防災格言)
備えあれば憂いなし(有備無患)(中国故事)(2008.11.10 防災格言)
天災は忘れた頃来る (寺田寅彦)(2009.10.12 防災格言)
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい (寺田寅彦)(2009.03.02 防災格言)
ムダ足覚悟で早めの避難(1957(昭和32)年7月25日 諫早豪雨教訓)(2017.07.10 防災格言)
長崎豪雨の教訓から(1982年7月23日)(中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書(平成17年3月))(2021.08.16 防災格言)
国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」(2015.03.09 防災格言)
高知県黒潮町「南海トラフ地震・津波の防災計画基本理念(2012年)」(2016.03.07 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
「備えよ、常に( Be Prepared )」スカウト標語(2008.05.26 防災格言)
後藤新平(日本スカウト運動標語)(2010.4.26 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字標語)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民「日本赤十字 救護員十訓」(2013.02.11 防災格言)
松井茂 (昭和初期の山林火災防止標語)(2008.12.01 防災格言)
安政江戸地震で江戸幕府が発した町触れ(火災防止標語)(2008.12.08 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)インフルエンザ感染対策標語(2013.12.30 防災格言)
アメリカ合衆国沿岸警備隊モットー(2012.12.24 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコ市モットー(2013.03.11 防災格言)
キャヴェンディッシュ一族の家訓(イギリス貴族)(2011.11.21 防災格言)
東京消防庁「地震時の行動」についての啓発(2012年3月)(2019.09.02 防災格言)
中央審査会『健康児十則』より(昭和10年頃)(2020.06.15 防災格言)
内閣府 有識者会議「防災教育・周知啓発WG(災害ボランティアチーム)」提言より(2021年5月25日公表)(2021.05.31 防災格言)
落雷のまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の伝承の由来(2021.07.05 防災格言)
よりよい備え、よりよい暮らし(Better Preparation, Better Life.)(SEISHOP防災標語)(2012.06.26 店長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ