防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

  • »
  • folder 先人たちの防災格言

folder 先人たちの防災格言

古今東西の著名人たちが語った防災や危機管理に関わる格言や名言を紹介します。 紹介する格言のほとんどは、平井編集主幹が自らの耳や手によりオリジナルで集められたものであり、他所ではなかなか見かけない、インターネットでも検索できないような格言集や名言集でしょう。


名言なるものは、必ずしも真理の全体にあらず、必ずしも完備したる教訓にあらず。
しかれども往々深透の道理を、平易の言葉にて、説明し、高大の哲理を質実の簡語にて、辯釋弁釈す。しかして一たび之をしょうし、人をして手の舞ひ、足の踏む所を知らず、身を終る迄、之を銘記して、其の日常の金誡となすに足るものある也。
名言は、銘記すし。吾人われらは其の事にり、境に接するに際し、端なく其の教訓の爲めに、解決、措辨そべん=わきまえるの道を會悟開悟することあり。

徳富蘇峰とくとみそほう 著「從政政に従う名言を讀む(明治37年)」より)

「防災格言」は2007年春に企画されました。「防災格言」という名前は2007年当初はネット検索で1件もヒットすることのない言葉でしたが、現在は造語として徐々に定着しつつあるようです。2007年秋に週刊化してから現在まで継続すること11年がたちました。メルマガ「週刊防災格言」として毎週月曜日に多くの読者諸氏に宛て今も配信させていただいています。

シェアする

メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ