防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

石原慎太郎が首都機能移転に関する会議で残した格言[今週の防災格言293]

time 2013/07/22

石原慎太郎が首都機能移転に関する会議で残した格言[今週の防災格言293]


『 日本は世界で一番大きなファイアリング(火山帯)の上にある。 』

石原慎太郎(1932〜 / 政治家・衆議院議員 作家 第14-17代東京都知事)

格言は2002(平成14)年5月15日の国会(参院)首都機能移転に関する会議で東京都知事として参考人招致されたときのもの。

曰く―――。

日本は世界最大のファイアリング(firing)の上にあり、どういう大災害をもたらすかということは専門家といえども想定できない状況下にある。そこで、私たちは、非常に悪い条件を想定して対処しなければいけないのでしょうが、例えば、この間、鳥取県でかなりの規模の地震があった(※2000(平成12)年に発生した鳥取県西部地震のこと)。これは神戸の地震並みの地震だった。あるいは僕もちょっと詳しく分かりませんが、関東大震災並みの規模の地震だったようですけれども、やっぱり密集していない地域ではもう本当に死者もほとんど出ずに被害があれだけで済んだというのは、やっぱり都市の恐ろしさというのを逆に知らされた思いがした。

石原慎太郎(いしはら しんたろう)氏は、一橋大学在学中の1956(昭和31)年の文壇デビュー作『太陽の季節』で第34回芥川賞を受賞。1968(昭和43)年、参議院議員選挙で300万票以上の得票数を得て初当選。後に衆議院に鞍替え出馬し当選。1976(昭和51)の福田赳夫内閣で環境庁長官、1987(昭和62)年の竹下登内閣で運輸大臣を歴任。1995(平成7)年に突如議員辞職を表明。1999(平成11)年、東京都知事選挙で初当選。2012(平成24)年に衆議院選挙への出馬のため辞職するまで東京都知事を4選し13年務めた。2012(平成24)年の第46回衆議院議員総選挙で比例東京ブロックで当選し17年ぶりに国政復帰を果たす。現在、日本維新の会共同代表。俳優の故・石原裕次郎は弟。長男は衆議院議員の石原伸晃、次男はタレントの石原良純、三男は衆議院議員の石原宏高、四男は画家の石原延啓。

画像引用:石原慎太郎公式Twitter

■「石原慎太郎」氏に関連する防災格言内の記事
ノンフィクション作家 猪瀬直樹(東京都知事)(2017.06.19 防災格言)
作家・開高健(2011.11.14 防災格言)
元東京都知事・鈴木俊一(2008.10.13 防災格言)
元神奈川県知事・岡崎洋(2009.08.10 防災格言)
政治家・浜田幸一(2010.07.26 防災格言)
政治家・小沢一郎(2010.01.25 防災格言)
政治家・後藤田正晴(2010.11.29 防災格言)
後藤新平(2010.04.26 防災格言)
芥川龍之介(2008.08.25 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災用品
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ