思則有備(しそくゆうび)思えばすなわち備えあり

防災意識を育てるWEBマガジン

小松左京が阪神淡路大震災の時に遺した格言(SF作家)[今週の防災格言190]

time 2011/08/01

小松左京が阪神淡路大震災の時に遺した格言(SF作家)[今週の防災格言190]


『 政府、自治体、そして国民も被害に対する兵站へいたん戦略を備えておく必要があります。次に何をするか考えておかないといけません。災害ストラテジー戦略が国民の常識となることが大切です。 』

小松左京(1931〜2011 / SF作家 文明評論家 代表作「日本沈没」)

小松左京(こまつ さきょう)氏は、星新一・筒井康隆と共に「SF御三家」と呼ばれる日本SF界を代表する小説家の一人。
京都大学文学部を卒業後、1961(昭和36)年、月刊誌「SFマガジン」に掲載の「地には平和を」、翌1962(昭和37)年「易仙逃里記」で作家デビュー。1973(昭和48)年、大規模な地殻変動により日本列島が水没するという設定の「日本沈没」を発表。400万部を超える大ベストセラーとなり、日本推理作家協会賞を受賞したのをはじめ映画やテレビドラマ化もされ一大センセーションを巻き起こした。主な代表作に「復活の日(1964年)」「さよならジュピター(1983年)」「首都消失(1985年)」など多数。

格言は阪神淡路震災直後に発売された文庫版漫画「日本沈没(原作:小松左京 / 劇画:さいとう・プロ 講談社漫画文庫 1995年5月刊)第1巻」のあとがき「阪神大震災に遭遇して」より。

1995(平成7)年、大阪府箕面市にある自宅の二階で就寝中に阪神淡路震災を体験したときの状況を語っている。

『 ドーン、ドーンという激しい縦揺れに襲われて、目を覚まし起き上がろうとしたのですが、今度は横揺れで起き上がれない。揺れていたのは30秒くらいでしょうか。でもこういう時は実際より長く感じますからね。やっとのことで部屋を出ると応接では本棚二つとビデオラック、飾り棚などが倒れ、割れたガラスが飛び散っていました。

建築にコンピューターが導入されてからできたものの思いもかけぬもろさに驚き、火事がすごい勢いで広がっていく映像を見ながら、すぐ消火ができない都市の機能のおそまつさも意外でした。』と述懐。

■「小松左京」氏に関連する防災格言内の記事
藤井敏嗣氏(火山噴火予知連会長)(2010.04.19 防災格言)
日本沈没のパロディ作品(2006.12.29 編集長コラム)
映画「日本沈没」に出演しました(2006.07.13 編集長コラム)
映画「日本沈没」とサバイバルフーズ(Seiさんのお店)
作家 石川英輔(2011.09.19 防災格言)
作家 筒井康隆(2013.02.18 防災格言)

 

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ