防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

宮沢賢治が童話『グスコーブドリの伝記』に書き記した格言(童話作家)[今週の防災格言86]

time 2009/07/06

宮沢賢治が童話『グスコーブドリの伝記』に書き記した格言(童話作家)[今週の防災格言86]


『 人はやるだけのことはやるべきである。けれどもどうしてもどうしてももうできないときは落ちついてわらっていなければならん。 』

宮沢賢治(1896〜1933 / 詩人 童話作家 詩「雨ニモマケズ」で有名)

宮沢賢治(みやざわけんじ)は、農業研究家として活躍するかたわら、宗教心と科学精神に裏付けられた独特の詩や童話を創作。郷土の岩手県を愛し作品中に登場する理想郷を「岩手(いはて)」からイーハトーブと名付けた。
格言は昭和7(1932)年の童話「グスコーブドリの伝記」より。
夏の冷害に襲われるイーハトーブ。それをどうにかしようと焦るグスコーブドリを諭すクーボー大博士の言葉から。

■「宮沢賢治」に関連する防災格言内の記事
児童文学者 村岡花子(2014.04.28 防災格言)
児童文学者 鈴木三重吉(2011.02.21 防災格言)
志賀直哉(2009.12.28 防災格言)

 

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ