防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

柳田邦男(ノンフィクション作家)の東日本大震災後の著書『災害と子どものこころ』より故郷の喪失についての名言。[今週の防災格言586]

time 2019/03/18

柳田邦男(ノンフィクション作家)の東日本大震災後の著書『災害と子どものこころ』より故郷の喪失についての名言。[今週の防災格言586]

『 住み慣れた家が失われたばかりか、そこにかえって家を再建することもできないということは、より深いところでは、人生の精神的な基盤を失うと言ってもよいほどの意味を持つ 』

柳田邦男(1936~ / ノンフィクション作家・評論家)

格言は編著『災害と子どものこころ』(集英社新書 2012年)より。

曰く―――。

《 一般に、人が生まれ育った故郷というものは、都会などに移住した後でも、あるいは忙しい日常の中では積極的に意識しなくても、人生の原点としてこころの深層に刻まれていて、無意識化でこころの安定剤になっている特別の場なのである。

人生の半ばを過ぎて、重い病気になったり仕事に失敗したりしたときに、ふとありし日の故郷での出来事や情景を思い起こして郷愁を感じるのは、故郷というものが “こころの揺り籠(かご)” であるからにほかならない。

住み慣れた家が失われたばかりか、そこに還(かえ)って家を再建することもできないということは、一義的には経済的な意味での生活の基盤を突き崩されることだが、より深いところでは、人生の精神的な基盤を失うと言ってもよいほどの意味を持つのである。

その喪失感を克服するには、新たな故郷とするべき新天地を拓(ひら)くのだという意識の高揚と、それを支える公的な支援が必要となる。 》

柳田邦男(やなぎだ くにお)氏は、事故、医療問題、公害、災害、戦争、原発問題、生と死をとりまく心の問題などのルポタージュや評論で知られるノンフィクション作家のパイオニア。

1936(昭和11)年6月9日、栃木県上都賀郡鹿沼町(現鹿沼市)生まれ。栃木県立鹿沼高等学校を経て1960(昭和35)年に東京大学経済学部を卒業後、NHKに入局。社会部記者として全日空羽田沖墜落事故、カナダ太平洋航空機墜落事故、BOAC機空中分解事故を取材。1971(昭和46)年に続発する航空機事故を追ったノンフィクション『マッハの恐怖』を発表し、第3回大宅壮一ノンフィクション賞を受賞。1974(昭和49)年にNHKを退職しフリーランスとなると、生と死、医療を題材に医療技術者たちの癌撲滅への闘いを描いた『ガン回廊の朝(あした)』を1979(昭和54)年に発表し、講談社ノンフィクション賞を受賞。その後も『明日に刻む闘い ガン回廊の報告(1981年)』、『ガン50人の勇気(1981年)』、『ガン回廊の炎(1989年)』など医療問題を描いた。他にもアメリカ・スリーマイル島原子力発電所事故のドキュメント『恐怖の2時間18分(1983年)』、『撃墜 大韓航空機事件(1984年)』などのルポタージュ、『マリコ(1980年)』、『零戦燃ゆ(1984年)』、『人間の事実(1997年)』などの戦史ノンフィクション、戦後の1万冊以上の膨大なノンフィクション作品群の総覧『人間の事実(1997年)』などを発表。
1993(平成)年に自宅で次男・洋二郎氏が自殺。脳死状態から11日後の「科学的な死」に至るまでの体験を描いた『犠牲(サクリファイス) わが息子・脳死の11日(1995年)』はベストセラーとなり文藝春秋読者賞、またノンフィクション・ジャンル確立への貢献により第43回菊池寛賞受賞。2000(平成12)年には脳死を扱ったドキュメント『脳治療革命の朝』を、東日本大震災後には様々な災害の原因や元凶と対策についての評論『「想定外」の罠 大震災と原発(2014年)』を発表。近年は心や言葉の問題、絵本についての積極的な翻訳と評論にも取り組まれている。

写真:日本記者クラブ総会講演(2015年5月)より

■「柳田邦男」に関連する防災格言内の記事
柳田邦男[1](ノンフィクション作家)(2010.10.04 防災格言)
柳田邦男[2](ノンフィクション作家)(2019.03.18 防災格言)
高山文彦(ノンフィクション作家)(2013.12.16 防災格言)
開高健(ノンフィクション作家)(2011.11.14 防災格言)
猪瀬直樹(ノンフィクション作家・政治家)(2017.06.19 防災格言)
河合隼雄 (心理学者・臨床心理学 京都大学名誉教授)(2012.07.30 防災格言)
高木慶子(聖トマス大学教授)(2009.06.15 防災格言)
伊藤和明(元NHK解説委員 日本防災士機構理事)(2009.7.20 防災格言)
小田貞夫 (元NHK解説委員)(2009.08.17 防災格言)
村野賢哉(元NHK解説委員・科学評論家)(2016.08.08 防災格言)
磯村英一 (都市社会学者)(2014.05.05 防災格言)
小川和久 (軍事アナリスト ジャーナリスト)(2008.02.04 防災格言)

■「東日本大震災」に関連する防災格言内の記事
柳田邦男[2](ノンフィクション作家 元NHK記者・解説委員)(2019.03.18 防災格言)
日野原重明 (医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24 防災格言)
ジョン・V・ルース(駐日アメリカ合衆国大使(第28代))(2018.04.02 防災格言)
チャールズ・カスト (元米原子力規制委員会地域センター長)(2017.2.6 防災格言)
君塚栄治 (陸上幕僚長 東日本大震災時の東北方面総監)(2016.03.14 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」(2015.03.09 防災格言)
高知県黒潮町「南海トラフ地震・津波の防災計画基本理念(2012年)」(2016.03.07 防災格言)
「津波避難のたすとひく」静岡県警の津波避難啓発標語(2014.11.10 防災格言)
昭和八年三月三日 大海嘯記念碑(大槌町 昭和9年建立)(2011.11.07 防災格言)
南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ報告書(2013年5月)(2013.06.24 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコ市モットー(Torre del Greco’s motto)(2013.03.11 防災格言)
坂 茂 (建築家 プリツカー賞受賞(2014年))(2016.03.21 防災格言)
李登輝 (元・台湾総統)(2015.07.13 防災格言)
ケリー・シー (アメリカの地震学者)(2015.02.02 防災格言)
本間博彰 (児童精神科医・宮城県子ども総合センター所長)(2014.10.06 防災格言)
村井嘉浩 (宮城県知事)(2013.10.14 防災格言)
石原信雄 (官僚 元内閣官房副長官)(2013.10.21 防災格言)
丸茂湛祥 (日蓮宗僧侶)(2013.08.05 防災格言)
ワンガリ・マータイ (ケニアの環境保護活動家 ノーベル平和賞)(2013.04.22 防災格言)
谷川浩司 (将棋棋士 永世名人)(2013.03.04 防災格言)
堤清二(作家 辻井喬 元セゾングループ代表)(2013.12.02 防災格言)
伊集院静 (作家)(2012.02.27 防災格言)
都司嘉宣(地震学者)(2013.03.25 防災格言)
漫画家 やなせたかし(2017.03.13 防災格言)
脚本家 市川森一(2017.03.20 防災格言)
政府の中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会報告書(2012年3月)」より(2018.02.26 防災格言)
江崎玲於奈(横浜薬科大学学長 ノーベル物理学賞(1973年))(2018.03.19 防災格言)
亀井利明(関西大学名誉教授 日本リスクマネジメント学会創設者)(2019.03.04 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ