防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 夏目漱石門下の俳人、内科医・医学博士)の著書「肺病患者は如何に養生すべきか(1924年)」の名言 [今週の防災格言703]

time 2021/06/14

原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 夏目漱石門下の俳人、内科医・医学博士)の著書「肺病患者は如何に養生すべきか(1924年)」の名言 [今週の防災格言703]


『 流感大流行の際には“人を見たら流感病者と思え”という標語を忘れてはなりませぬ。 』

原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 医師・医学博士 夏目漱石門下の俳人 原内科医院長(大阪市西区))

曰く―――。

《 流行性感冒では、また肺炎とは正反対に病原菌はまだ確実には判ってゐないが、どうしてそれが病気を起すかといふことは、かなり確に判ってゐます。
病原菌は空気中に浮んでゐて、呼吸とゝもに吸入されて伝染する、謂(いわ)ゆる『真の空気伝染』といふものがあらうとは思はれません。
だが人類の密集して住んでゐる処では、既に病人になってゐる真の流行患者や、殆ど病人らしくはない極めて軽症の流感患者が咳をする際に、病原菌を沢山含んだ痰の屑片(くず)や唾液が、空気中に霧を吹いたやうに飛び散ります。
これが最も危険な伝染媒介物です。
こんな危険の多いものは、言ふまでもなく重い流感または流感性肺炎に罹った病人の寝てゐる病室内であります。
だが、私が前にお話したやうに、流感にも、その人々のその時々の体質で、同じ病原菌で、死に陥るやうな重症なのも起し、或は普通の感冒ぐらゐの軽いので済むこともありますから、現に床に就いてゐるやうな重症患者のみが危険ではありませぬ。
却(かえっ)て外出歩行などをしてゐても、何ともないくらゐの軽症患者の方が、遥に流行伝染の媒介をしてゐます。
ですから流感大流行の際には、『人を見たら流感病者と思へ。』といふ標語を忘れてはなりませぬ。
随って多数人の集る処には、常に危険が伏在してゐます。
なるべく近寄らぬに越したことはありません。
その適例は電車の中、活動写真場、劇場、デパートメントストアーなどであります。
こんな所では『マスク』の効用は確かにあります。
併(しか)し、人通りの少ない街上の歩行にも、絶えず『マスク』を掛けて歩く人がありますが、かやうな処では私は、全くその必要はないと思ひます。 》

格言は、著書「肺病患者は如何に養生すべきか」(1924年)の「(171)肺炎と流感の予防の要点は何か」より。

原栄(はら さかえ)は、明治30年代初め(1898年~1900年頃)のちの文豪・夏目漱石の熊本時代の俳句結社「紫溟吟社(しめいぎんしゃ)」の中心的俳人「蒲生紫川(がもう しせん / 本名は蒲生栄)」として活躍し、後に原姓に改姓、内科医として明治45年(1912年)から大正にかけて、身体の自然的活力を使って病気(慢性疾患や肺結核症など)を治療する「自然療法」を提唱、結核療養のための「サナトリウム療法(大気安静療法)」を日本で初めて系統的に紹介した医師として知られる。

明治12年(1879年)10月、福岡県生まれ。明治30年(1897年)、熊本の旧制第五高等学校(現在の熊本大学)第三部(医科)に入学。習学寮で同室だった厨川千江(本名・厨川肇 / 1878~1928)や寺田寅彦(後の物理学者 / 1878~1935)らとともに、俳句を教わるため当時五高の英語教師をしていた夏目漱石(1867~1916)の自宅を訪ね弟子となった。

漱石を慕い漱石の自宅に集った五高の生徒たち11人が中心となり新派俳句会「紫溟吟社」が設立されると、雑誌「日本人」や新聞「日本」などに句作を投稿し、その中心的な俳人として活躍した。紫溟吟社の設立時のメンバーには、原栄(蒲生紫川)、厨川千江、寺田寅彦のほか、白仁三郎(白楊、後の坂元雪鳥)、石川芝峰、平川草江、古橋蓼舟らがいた。

明治33年(1900年)7月、五高を卒業後は帝国大学に進学。その後、原姓となり、京都帝国大学京都医科大学内科学研究室に学び、明治42年(1909年)にはドイツのベルリンへ医学留学。帰朝後に医学博士となり、明治45年(1912年)以降は著書「肺結核早期診断及治療論(1912年)」「自然療法及結核叢談(1913年)」「通俗肺病養生の心得(1914年)」を発表。

大正9年(1920年)から雑誌「主婦の友」で「肺病予防療養教則」を一年間連載し、翌大正10年(1921年)から大正12年(1922年)秋まで二年28回に渡って雑誌「主婦の友」に「肺病患者は如何に養生すべきか」を連載した。日本の国民病とされた結核治療で「サナトリウム療法」を明確に教示した最初の人物として、当時の結核とその療養の啓発に力を注いだ「自然療養社」や結核回復者団体「複十字会」などの設立や活動に大きな影響を与えた。原栄自身は人前で話すのを苦手としていたらしく、自身がサナトリウム運営をしたり、他人を指導するような活動は行わなかったという。晩年は「肺病養生の心得(小冊子)」をまとめ、大阪市西区の原内科医院で院長として患者らに無料で配布した。昭和17年(1942年)9月8日、大阪箕面村櫻井の自邸で死去。64歳。


参考資料:
村田由美著「漱石と「紫溟吟社」」(崇城大学「崇城大学紀要 46巻」2021年)
茂野吉之助著「原栄先生を悼む」(新潮社「療苑:随筆」1944年)
田邊正忠著「日本医史学会9月例会・神奈川地方会第7回学術大会合同会講演:田邊一雄と複十字会活動」(日本医史学会神奈川地方会だより (5),1996年)
日本医史学会「中外医事新報,696,706,773」(日本医史学会,1909-1912年)

■「夏目漱石」「寺田寅彦」に関連する防災格言内の記事
夏目漱石(1867~1916 / 作家 五高時代の寅彦の恩師)(2012.04.09 防災格言)
正岡子規(1867~1902 / 俳人・歌人 漱石の親友)(2018.08.13 防災格言)
原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 医師・俳人 漱石門下 五高時代の寅彦の友人)(2021.06.14 防災格言)
和達清夫 (1902~1995 / 寺田寅彦門下の物理学者 のちの初代気象庁長官 西須諸次のペンネームで自然療法社等で執筆)(2007.12.03 防災格言)
寺田寅彦[1](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2007.11.26 防災格言)
寺田寅彦[2](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2009.03.02 防災格言)
寺田寅彦[3](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2009.10.12 防災格言)
寺田寅彦[4](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2011.06.20 防災格言)
寺田寅彦[5](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2016.08.01 防災格言)
寺田寅彦[6](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2017.08.21 防災格言)
寺田寅彦[7](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2018.06.25 防災格言)
寺田寅彦[8](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2019.03.11 防災格言)
寺田寅彦[9](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](1878~1935 / 物理学者・随筆家)(2020.08.31 防災格言)
安倍能成 (1883~1966 / 哲学者 漱石門下)(2014.11.24 防災格言)
鈴木三重吉 (1882~1936 / 作家 漱石門下)(2011.02.21 防災格言)
野上弥生子[1] (1885~1985 / 作家 漱石門下)(2009.06.29 防災格言)
野上弥生子[2] 1885~1985 / (作家 漱石門下)(2015.06.22 防災格言)
内田百間 (1889~1971 / 作家 漱石門下)(2010.3.8 防災格言)
和辻哲郎 (1889~1960 / 哲学者 漱石門下)(2014.10.27 防災格言)
平井恒子(1890~1975 / 作家・雑誌編集者 漱石門下 旧姓・神崎恒子)(2020.11.23 防災格言)
中谷宇吉郎[1] (1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「流言蜚語(1945年)」より)(2009.10.19 防災格言)
中谷宇吉郎[2] (1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
立春の日のコロンブスの卵(中谷宇吉郎随筆より)(2006.01.17 編集長コラム)
阿部良夫 (1888~1945 / 寺田寅彦門下の物理学者)(2014.06.30 防災格言)
坪井忠二 (1902~1982 / 寺田寅彦門下の物理学者)(2011.06.27 防災格言)
宇田道隆 (1905~1982 / 寺田寅彦門下の海洋物理学者)(2017.08.14 防災格言)
藤原咲平 (1884~1950 / 気象学者)(2013.10.28 防災格言)
竹内均[1] (1920~2004 / 物理学者)(2010.09.06 防災格言)
竹内均[2] (1920~2004 / 物理学者)(2016.04.04 防災格言)
竹内時男(1894~1944 / 理論物理学者 東京高等工業学校教授)(2020.08.24 防災格言)
石原純 (1881~1947 / 理論物理学者)(2012.03.19 防災格言)
松山基範 (1884~1958 / 地球物理学者)(2015.02.16 防災格言)
河角廣 (1904~1972 / 地震学者)(2016.05.23 防災格言)
アンリ・ポアンカレ (1854~1912 / フランスの数学者・物理学者)(2012.01.02 防災格言)
別役実 (1937~2020 / 作家 寺田寅彦の姉・駒の曾孫)(2016.01.04 防災格言)
力武常次 (1921~2004 / 地球物理学者)(2011.10.24 防災格言)
下鶴大輔 (1924~2014 / 火山物理学者・火山噴火予知連会長)(2015.08.10 防災格言)
菊池大麓(1855~1917 / 数学者・教育家・政治家)(2018.01.01 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)

■「パンデミック」「スペイン風邪」「コロナパンデミック」「感染症」に関連する防災格言内の記事
下村海南(下村宏)[2](肺結核について 官僚政治家・歌人)(2020.04.13 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
渋沢栄一[1] (幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
後藤新平 (政治家)(2010.4.26 防災格言)
寺田寅彦「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。」(2009.3.2 防災格言)
ガレノス(古代ローマ帝国の医者・哲学者)(2020.02.24 防災格言)
バルダッサーレ・ボナイウティ(フィレンツェの歴史家)(2020.02.10 防災格言)
ジョヴァンニ・ボッカチオ(フィレンツェの詩人・散文作家 「デカメロン」著者)(2010.11.15 防災格言)
村上陽一郎(科学史家 東京大学名誉教授「ペスト大流行」より)(2015.06.29 防災格言)
日沼頼夫(ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長)(2020.01.27 防災格言)
アルフレッド・W・クロスビー(アメリカの歴史学者)(2014.07.28 防災格言)
マクファーレン・バーネット(オーストラリアの免疫学者 ノーベル生理学・医学賞)(2020.02.03 防災格言)
ポール・クルーグマン(1953~ / アメリカの経済学者・コラムニスト ノーベル経済学賞(2008年))(2021.01.11 防災格言)
川崎富作(小児科医 川崎病を発見)(2009.01.05 防災格言)
北里柴三郎(細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
二木謙三 (内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
竹田美文(医学者 国立感染症研究所長)(2009.05.04 防災格言)
岡部信彦(小児科医 国立感染症研究所感染症情報センター長)(2009.02.23 防災格言)
田尻稲次郎[1](法学者・東京市長・専修大学創立者)(2008.12.22 防災格言)
田尻稲次郎[2](法学者・東京市長・専修大学創立者)(2008.12.29 防災格言)
与謝野晶子(歌人 スペイン風邪についての随筆)(2020.03.23 防災格言)
尾身 茂(医師 名誉WHO西太平洋地域事務局長 自治医科大学名誉教授)(2020.03.02 防災格言)
マーガレット・チャン(第7代WHO事務局長)(2009.05.01 編集長コラム)
ジュリー・ホール(アメリカの医者 WHO中国伝染病担当)(2009.02.02 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(CDC長官)(2009.04.27 防災格言)
テドロス・アダノム(第8代WHO事務局長)(2020.03.16 防災格言)
李 文亮(中国・武漢市中心医院の眼科医 新型肺炎で最初に警告を発した医師)(2020.02.17 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
吉益東洞(1702~1773 / 江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
ラリー・ブリリアント(1944~ / アメリカ合衆国の免疫学者・医者・慈善活動家)(2020.05.25 防災格言)
西村秀一(1955~ / ウイルス学者・医師 仙台医療センターウイルスセンター長)(2020.06.01 防災格言)
ウイリアム・ハスラー(1868~1931 / 医学者 サンフランシスコ市保健委員会委員長)(2020.06.22 防災格言)
フランシス・ラッセル(1910~1989 / アメリカの伝記作家・歴史家・郷土史家)(2020.04.06 防災格言)
ジャレド・ダイアモンド(1937~ / アメリカの人類生態学者 カリフォルニア大学ロサンゼルス校教授)(2021.01.04 防災格言)
石原 修(1885~1947 / 衛生学者・医学博士 日本産業医学の先駆者 大阪帝国大学教授)(2021.02.15 防災格言)
原栄(蒲生紫川)(1879~1942 / 医師・医学博士 夏目漱石門下の俳人 結核のサナトリウム療法を日本に紹介)(2021.06.14 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,防災グッズ,非常食,備蓄
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ