防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

ジュリー・ガーバーディングがサーズウイルス蔓延時に遺した格言 (米疾病対策センター長官)[今週の防災格言76]

time 2009/04/27

ジュリー・ガーバーディングがサーズウイルス蔓延時に遺した格言 (米疾病対策センター長官)[今週の防災格言76]


『 手洗い励行は、自分の身を守るための効果的な戦略です。私たちは、手洗いという習慣を創る必要があります。 』

“Washing your hands would be an effective strategy for protecting yourself. We need to create a culture where hand-washing is the thing to do.”

ジュリー・ガーバーディング(1955〜 / 米疾病対策センター(CDC)前長官)

ジュリー・ガーバーディング(Julie Louise Gerberding)博士は伝染病専門家の一人。
米国・国立感染症センター(NCID)の次長を経て、1998年より米厚生省・疾病対策センター(CDC)へ加わり、2001年の911テロ事件後に発生した炭疽菌テロ事件で活躍、2002年に世界最大の感染症研究機関として知られる疾病対策センター(CDC)の初の女性長官に就任された。
格言は2003年にSARSウイルスが蔓延した時、マスコミで彼女の発言が注目される中、繰り返し「手洗い」の重要性を述べていたもの。

■「ジュリー・ガーバーディング(CDC長官)」に関連する防災格言内の記事
寺田寅彦「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。」(2009.3.2 防災格言)
田尻稲次郎(スペイン風邪当時の東京市長)(2008.12.22 防災格言)
国立感染研 竹田美文(2009.05.04 防災格言)
国立感染研 岡部信彦(2009.02.23 防災格言)
WHO中国伝染病担当 ジュリー・ホール(2009.02.02 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
ボッカチオ「デカメロン」より(2010.11.15 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
アルフレッド・W・クロスビー(アメリカの歴史学者)(2014.07.28 防災格言)

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ