防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

ジュリー・ガーバーディング (元米国疾病対策センター(CDC)長官)が重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルス)蔓延時に述べた名言 [今週の防災格言76]

time 2009/04/27

ジュリー・ガーバーディング (元米国疾病対策センター(CDC)長官)が重症急性呼吸器症候群(SARSコロナウイルス)蔓延時に述べた名言 [今週の防災格言76]


『 手洗い励行は、自分の身を守るための効果的な戦略です。私たちは、手洗いという習慣を創る必要があります。 』

“Washing your hands would be an effective strategy for protecting yourself. We need to create a culture where hand-washing is the thing to do.”

ジュリー・ガーバーディング(1955~ / 米疾病対策センター(CDC)前長官)

ジュリー・ガーバーディング(Julie Louise Gerberding)博士は伝染病専門家の一人。
米国・国立感染症センター(NCID)の次長を経て、1998年より米厚生省・疾病対策センター(CDC)へ加わり、2001年の911テロ事件後に発生した炭疽菌テロ事件で活躍、2002年に世界最大の感染症研究機関として知られる疾病対策センター(CDC)の初の女性長官に就任された。
格言は2003年にSARSウイルスが蔓延した時、マスコミで彼女の発言が注目される中、繰り返し「手洗い」の重要性を述べていたもの。

■「ジュリー・ガーバーディング(CDC長官)」に関連する防災格言内の記事
寺田寅彦「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。」(2009.3.2 防災格言)
マーガレット・チャン(第7代WHO事務局長)(2009.05.01 編集長コラム)
テドロス・アダノム(1965~ / エチオピアの政治家・学者 WHO事務局長(第8代))(2020.03.16 防災格言)
李 文亮(中国・武漢市中心医院の眼科医 新型肺炎で最初に警告を発した医師)(2020.02.17 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(米CDC長官 炭疽菌テロ事件担当・中国SARSウイルス担当者)(2009.04.27 防災格言)
ジュリー・ホール(WHO中国伝染病担当 中国鳥インフルエンザ(新型インフルエンザ・パンデミック)担当者)(2009.02.02 防災格言)
ガレノス(古代ローマ帝国の医者・哲学者)(2020.02.24 防災格言)
バルダッサーレ・ボナイウティ(フィレンツェの歴史家)(2020.02.10 防災格言)
ジョヴァンニ・ボッカチオ(フィレンツェの詩人・散文作家 「デカメロン」著者)(2010.11.15 防災格言)
日沼頼夫(ウイルス学者 京都大学名誉教授 塩野義製薬副社長)(2020.01.27 防災格言)
アルフレッド・W・クロスビー(アメリカの歴史学者)(2014.07.28 防災格言)
マクファーレン・バーネット(オーストラリアの免疫学者 ノーベル生理学・医学賞)(2020.02.03 防災格言)
川崎富作(小児科医 川崎病を発見)(2009.01.05 防災格言)
北里柴三郎(細菌学者 医学者)(2008.12.15 防災格言)
二木謙三 (内科医・細菌学者)(2016.11.14 防災格言)
竹田美文(医学者 国立感染症研究所長)(2009.05.04 防災格言)
岡部信彦(小児科医 国立感染症研究所感染症情報センター長)(2009.02.23 防災格言)
田尻稲次郎(政治家・経済学者 スペイン風邪当時の東京市長 専修大学創始者)(2008.12.22 防災格言)

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ