防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

竹内時男(理論物理学者 東京高等工業学校教授)の科学を学ぶことについての名言 [今週の防災格言661]

time 2020/08/24

竹内時男(理論物理学者 東京高等工業学校教授)の科学を学ぶことについての名言 [今週の防災格言661]

『 心の窓は眼である。即ち科学精神を啓培けいばいするものは科学眼であろう。科学の眼を透せば、大自然も人間社会も何の窮屈も無く、朗らかであり、美しい階序を示している 』

竹内時男(1894~1944 / 理論物理学者・理学博士 東京高等工業学校教授)

曰く―――。

《 心の窓は眼である。即ち科学精神を啓培(けいばい)するものは科学眼であろう。科学の眼を透せば、大自然も人間社会も何の窮屈も無く、朗らかであり、美しい階序を示しているのである。その理法を学べ。

科学は米飯である。淡泊にして滋味に富む。心の糧としての科学、科学的良識で一世が蓋はれゝば、この大戦禍の日本がどう進み得るか。否、日本伝統の精神を科学に生かせ。それこそ新科学精神であろう。

科学に距離を置くな。学者が身を以て発明し紹介した知識は速かに摂取し、機に応じてこれを閃かせ。用を利し、生を厚うし得るであろう。科学は斯くて始めて行となるのである。 》

格言は著書「科学眼」(1942年)より。

竹内時男(たけうち ときお)は、東大物理学教室の寺田寅彦門下の科学者・理論物理学者の一人。主に天文学・理論天文学を専門とし、1920年代から1930年代にかけて一般相対論的宇宙論の研究を行い、諸外国の最新科学論文や理論についての一般向け解説を多く執筆した人物。
日本数学物理学会の常連として知られ、晩年の1940年代初めに食塩にラジウムの放射線を照射すると放射性同位体になるという論文で物議を醸し、後に論文や特許を取り下げる人工放射性食塩事件(科学論文スキャンダル)が話題となった。

1894(明治27)年10月26日、石川県金沢市生まれ。1918(大正7)年に東京帝国大学理科大学物理学科を卒業。大学在学中に寺尾寿(1855~1923)から天文学、平山信(1867~1945)に天体物理学、寺田寅彦(当時助教授 / 1878~1935)から気象学や地球物理学を学ぶ。大学卒業後、三菱造船技師を経て、1919(大正8)年から旧制・東京高等工業学校(後の東京工業大学)講師となって物理学を講じ、1921(大正10)年には教授に就任し、また新たに開校した東京高等工芸学校でも教鞭をふるった。1923(大正12)年の関東大震災では千駄ヶ谷の自宅で罹災。1928(昭和3)年から1930(昭和5)年にかけてドイツをはじめ欧米に渡り、ド・ジッター、シュレシンジャー、エディントンら天文学者らと会見し、フランスではノーベル物理学賞のルイ・ド・ブロイのもとで量子力学を学んだという。帰朝後は1931(昭和6)年、東京工業大学物理学科助教授に就任。1944(昭和19)年4月24日、都内の病院にて脊髄カリエスのため49歳で死去。
竹内時男 大正15年(32歳頃)
竹内時男 大正15年(32歳頃)

■「寺田寅彦」「竹内時男」に関連する防災格言内の記事
石原純 (寺田寅彦門下の理論物理学者・歌人)(2012.03.19 防災格言)
竹内時男(寺田寅彦門下の理論物理学者)(2020.08.24 防災格言)
寺田寅彦[1](物理学者)(2007.11.26 防災格言)
寺田寅彦[2](物理学者)(2009.03.02 防災格言)
寺田寅彦[3](物理学者)(2009.10.12 防災格言)
寺田寅彦[4](物理学者)(2011.06.20 防災格言)
寺田寅彦[5](物理学者)(2016.08.01 防災格言)
寺田寅彦[6](物理学者)(2017.08.21 防災格言)
寺田寅彦[7](物理学者)(2018.06.25 防災格言)
寺田寅彦[8](物理学者)(2019.03.11 防災格言)
寺田寅彦[9](物理学者)(2019.06.24 防災格言)
夏目漱石 (作家 寅彦の恩師)(2012.04.09 防災格言)
安倍能成 (哲学者 漱石門下)(2014.11.24 防災格言)
和辻哲郎 (哲学者 漱石門下)(2014.10.27 防災格言)
鈴木三重吉 (作家 漱石門下)(2011.02.21 防災格言)
野上弥生子[1] (作家 漱石門下)(2009.06.29 防災格言)
野上弥生子[2] (作家 漱石門下)(2015.06.22 防災格言)
内田百間 (作家 漱石門下)(2010.3.8 防災格言)
和達清夫 (寺田寅彦門下の物理学者)(2007.12.03 防災格言)
中谷宇吉郎[1] (寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「流言蜚語(1945年)」より)(2009.10.19 防災格言)
中谷宇吉郎[2] (寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
立春の日のコロンブスの卵(中谷宇吉郎随筆より)(2006.01.17 編集長コラム)
阿部良夫 (寺田寅彦門下の物理学者)(2014.06.30 防災格言)
坪井忠二 (寺田寅彦門下の物理学者)(2011.06.27 防災格言)
宇田道隆 (寺田寅彦門下の海洋物理学者)(2017.08.14 防災格言)
藤原咲平 (気象学者)(2013.10.28 防災格言)
竹内均[1] (物理学者)(2010.09.06 防災格言)
竹内均[2] (物理学者)(2016.04.04 防災格言)
松山基範 (地球物理学者)(2015.02.16 防災格言)
河角廣 (地震学者)(2016.05.23 防災格言)
アンリ・ポアンカレ (フランスの数学者・物理学者)(2012.01.02 防災格言)
別役実 (作家 寺田寅彦の姉・駒の曾孫)(2016.01.04 防災格言)
力武常次 (地球物理学者)(2011.10.24 防災格言)
下鶴大輔 (火山物理学者・火山噴火予知連会長)(2015.08.10 防災格言)
菊池大麓(数学者・教育家・政治家)(2018.01.01 防災格言)
高橋浩一郎(気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備え,備蓄,食糧備蓄,複合災害,マイクロディザスター
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ