防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

アルフレッド・W・クロスビーが著書『史上最悪のインフルエンザ』に記した格言(アメリカの歴史学者)[今週の防災格言346]

time 2014/07/28

アルフレッド・W・クロスビーが著書『史上最悪のインフルエンザ』に記した格言(アメリカの歴史学者)[今週の防災格言346]


『 今日では毎日何万人、年にして何百万人もが、肺に腸に手に髪に、病原性を持つものも含め多種多様の微生物を宿しながら音速とそう違わないスピードで海を渡っている。

いわば我々はみな航空機の座席で、空港のソファーで、世界の病気と互いの肘がつくような距離で隣り合わせに座っているといえる。 』

アルフレッド・W・クロスビー(1931〜 / 歴史学者 テキサス大学名誉教授)

格言は1918年〜1919年にかけて世界中で5,000万人以上が亡くなったと推定される新型インフルエンザ「スペイン風邪」パンデミックについて述べた著書『史上最悪のインフルエンザ(西村秀一翻訳 みすず書房 2004年)』の「日本語版への序文」から。

尚、スペイン風邪は、日本では25万人以上(38万5000人とも)が命を落とし、アメリカでも50万人が亡くなっており、これらは人口比に換算すればほぼ同じといえる。

曰く―――。

1918年のころは、大海原を最も速く渡る手段は蒸気船だったが、それでもこの年のインフルエンザはたった数か月で世界中を駆け巡り、1年もしないうちにそれ以前にあったパンデミックや戦争での犠牲者の数をはるかに越える人々の命を奪っている。2003年の今日では毎日何万人、年にして何百万人もが、肺に腸に手に髪に、病原性を持つものも含め多種多様の微生物を宿しながら音速とそう違わないスピードで海を渡っている。いわば我々はみな航空機の座席で、空港のソファーで、世界の病気と互いの肘がつくような距離で隣り合わせに座っているといえる。つい最近登場してきたばかりで、一般の人にはSARS(重症急性呼吸器症候群)といった略語で窺い知るしかないウイルス性の感染症新型肺炎もそれらのひとつである。
《中略》
新型肺炎(SARS)の出現は、地球規模の感染症というものが、1918年にインフルエンザが出現したころとあいもかわらず人類にとって大きな脅威であることを示す結果となった。だが我々はこれに効果的に対応するためのさまざまな手段を持っている―――科学的、組織的、政治的そして財政的手段である。我々は1918年当時よりずっと多くの情報を手に入れつつもヒステリックにならずにこれを迎え撃つ準備を整えなければならない。この難問の解決はけっして容易なものではない。

アルフレッド・クロスビー(Alfred W. Crosby)は、アメリカ合衆国マサチューセッツ州ボストン生まれの歴史学者。1952年、ハーバード大学を卒業後、米軍隊入りし1952年から1955年までパナマに駐留。1961年にボストン大学にて博士号を取得。ワシントン州立大学、テキサス大学をはじめ、イェール大学、ハワイ大学、フィンランドのヘルシンキ大学などで教鞭を執りつつ、研究に従事。1999年にテキサス大学を退任後、現在も精力的に研究・執筆活動を続けている。専門はアメリカ史、地政学、生態学的歴史学。アメリカ芸術科学アカデミー(AAAS)、米国哲学協会、フィンランド・アカデミーに所属。

■「アルフレッド・W・クロスビー」に関連する防災格言内の記事
寺田寅彦「ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい。」(2009.3.2 防災格言)
田尻稲次郎(スペイン風邪当時の東京市長)(2008.12.22 防災格言)
ジュリー・ガーバーディング(CDC長官)(2009.04.27 防災格言)
国立感染研 竹田美文(2009.05.04 防災格言)
国立感染研 岡部信彦(2009.02.23 防災格言)
WHO中国伝染病担当 ジュリー・ホール(2009.02.02 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
ボッカチオ「デカメロン」より(2010.11.15 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)感染対策ガイドライン(2013.12.30 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ