思則有備(しそくゆうび)思えばすなわち備えあり

防災意識を育てるWEBマガジン

目黒公郎が阪神淡路大震災の時に残した格言(都市災害軽減工学者)[今週の防災格言133]

time 2010/05/31

目黒公郎が阪神淡路大震災の時に残した格言(都市災害軽減工学者)[今週の防災格言133]


『 今日のわが国では、強い建物に住むことが地震被害から身を守るには最重要であり、そのためには耐震化が不可欠なのです。 』

目黒 公郎(1962〜 / 東京大学教授 工学博士 専門は都市災害軽減工学)

都市震災軽減工学の第一人者である目黒公郎(めぐろ きみろう)教授は、政府の中央防災会議専門委員など多くの省庁や自治体、企業の防災委員、日本地震工学会理事のほか多くの防災関係の学会理事を歴任。阪神淡路震災の教訓から一貫して「地震に強い住宅に住むことが大切」と啓蒙されている。

――――地震はいつ起こるかわかりません。しかし、地震活動度の高い時期を迎えた日本では、今後、30〜50年間に関東地震と同様のM8クラスの地震が4〜5回、兵庫県南部地震と同様のM7クラスの地震が40〜50回起こると予測されています。(内閣府「広報ぼうさい」平成21年3月号より)
全死者の8割以上の人が一瞬で亡くなった阪神淡路震災。建物被害のほとんどは「古い耐震基準で建てられた建物(既存不適格建築)」でした。これらの倒壊から火災も生じ、消火活動を妨げ、被害を広げました。震災で得られた最大の教訓は、地震に強い住宅に住むことが大切ということです。

■「目黒公郎」教授に関連する防災格言内の記事
今週の防災格言<110> 医師・西村明儒先生(2009.12.21 防災格言)
今週の防災格言<113> 元FEMA長官・ジェームズ・ウィット氏(2010.1.11 防災格言)
災害に備えるということは?(2007.10.3 編集長コラム)

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ