防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

ボッカチオが著書『デカメロン』に記した格言(詩人)[今週の防災格言157]

time 2010/11/15

ボッカチオが著書『デカメロン』に記した格言(詩人)[今週の防災格言157]


『 誰も彼も、毎日、今日は死ぬかと待っているかの如く、家畜や土地の未来の成果や自分たちの過去の勤労の成果を考えたりしないで、ただ現在、蓄積してあるものを消費することにありったけの智慧を絞って遺憾なからんとするのみでありました。 』

ジョヴァンニ・ボッカチオ(1313〜1375 / 中世イタリアの詩人・散文作家)

フィレンツェの詩人ボッカチオ(Giovanni Boccaccio)が1353年に完成させた代表作『 デカメロン(Decameron) 』は、1348年からヨーロッパで大流行(パンデミック)した疫病・ペスト(黒死病)から逃れるために家に引き篭もった男女10人が、退屈を紛らわせる目的で、それぞれ10人が10話ずつ物語を語る(全100話)というお話し。
その内容は、恋愛や失敗談など面白おかしい艶笑譚なのだが、物語が始まる前に、好対照な疫病による陰惨な死の描写が描かれていることは余り知られていない。
この『デカメロン』は、後にイギリスの詩人ジェフリー・チョーサーの『カンタベリー物語』やマルグリット・ド・ナヴァルの『エプタメロン』などに影響を与えた。
格言は野上素一氏翻訳『デカメロン(岩波文庫)』より。

■「ボッカチオ」に関連する防災格言内の主な記事
セネカ(2013.02.25 防災格言)
ストア派哲学者・ゼノン(2009.01.26 防災格言)
小プリニウス(2009.07.01 防災格言)
ニッコロ・マキャヴェッリ(2012.03.05 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコの市訓(2013.03.11 防災格言)
旧約聖書『伝道者の書』第1章9節(ソロモン王より)(2009.11.23 防災格言)
旧約聖書『創世記』41章(ヨセフの物語より)(2011.12.26 防災格言)

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ