防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

最澄が遺した請願書『願文(がんもん)』に記されていた格言(伝教大師)[今週の防災格言37]

time 2008/07/28

最澄が遺した請願書『願文(がんもん)』に記されていた格言(伝教大師)[今週の防災格言37]


『 三災五濁(さんさいごじょく) 』

最澄(さいちょう)(767〜822 / 平安時代の僧侶 天台宗の祖 伝教大師)

最澄が世の無常を嘆き、比叡山入りを決意して衆生 (しゅじょう)のため修行に尽くすと誓願した書「願文(がんもん)」の一節に『 牟尼(むに)の日久しく隠れて、慈尊の月未だ照さず。三災の危きに近づき、五濁(ごじょく)の深きに没(しず)む。』とある。

現代語訳は「お釈迦様が亡くなられてから、次の仏様も未だ現れず、災いによってこの世の終わりが近づきつつあり、人々は道を誤り汚れに満ちた世の中に沈んでしまった。」
「三災」は自然災害を指し、「五濁」は戦争、悪疫、飢饉、人間の資質の低下や偏見・悪徳の横行などを指す仏教用語である。

■「最澄・伝教大師」氏に関連する防災格言内の記事
空海・弘法大師(2011.10.31 防災格言)
慈円(2014.03.17 防災格言)
第253世天台座主 山田恵諦(2012.04.02 防災格言)

 

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ