防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

落雷などの災難や禍事などへのまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の由来と名言 [今週の防災格言706]

time 2021/07/05

落雷などの災難や禍事などへのまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の由来と名言 [今週の防災格言706]


『 くわばらくらばら(桑原桑原) 』

落雷のまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の伝承

「くわばらくわばら」は、災難や禍事など、恐ろしいことや不吉なことが自分の身にふりかからないようにと唱える「まじない(呪詞、呪文)」の一つで、もともとは「雷除け」の言葉であった。

民俗学者・柳田国男の『赤子塚の話』(1920年2月)によると、雷が鳴るときに「くわばらくわばら」と唱えるのはほぼ日本全国でみられる風習という。

その昔、雷という自然現象は「雷獣」という生物(妖怪)が原因とされた。火の玉のようなものが落ちて来て、地面に達すると、雷獣が天に駆け上がって猛々しく空を駆けまわるのが落雷なのだという。

明治時代の小説『尼子十勇士伝』(1883年)には、京都に雌伏していた山中鹿之助が、銀閣寺の庭に落ちてきた火の玉から雷獣を捕らえ、将軍・足利義輝に取り立てられる、というよな物語がある。似たような話は江戸時代から明治にかけての伝承にも多い。

「くわばらくわばら(桑原桑原)」の由来で知られる寺院が今もある。

一つは、大阪府和泉市桑原町の高野山真言宗「無量山 西福寺」で、東大寺再建に尽力した僧侶・俊乗坊重源(1121~1206)の古跡「俊乗堂」の傍らに「雷井戸(桑原の井)」というのがある。
その昔(14世紀以前)、沙弥道行という僧が、落雷の被害をなくすため大般若経を写経し、熱心に落雷防止を祈願したという伝承が残る。

『和泉名所図会(いずみめいしょずえ)』(1796年)によると、

むかし、この井戸に落雷があり、井戸より雷(らい)が上らんとするところを、人々が寄り集まって、井の上へ蓋で覆って、雷を責める事久しかった。雷は大いに苦しんで「これからは、この地へ落ちることをしない」と誓ったので、人々はこれを赦した。それ以来、この地には落雷が無いという。
世間で、雷鳴のときに「くわばらくわばら(桑原桑原)」というのは、この謂れによるという。そして、その声に雷は注意して決して落ちることが無いということだ。
『 此辺(このあたり)の諺(ことわざ)に、三尺の童子も、これをいへば洩らす能(あた)はず、これを記す 』
とも記されている。

もう一つが、兵庫県三田市桑原の古刹「曹洞宗太宋山 欣勝寺」に伝わるもので、
その昔、寺に落ちてきた雷を住職が懲らしめ、以来「桑原」の地名が、雷除けの呪文になったという点が、西福寺と非常に似通っている。

西福寺も欣勝寺も、最近では「(雷が)落ちない」という意味から転じて受験生のお参りが多い寺院となっているのだとか。

さて、このような迷信を子供の頃から聞かされて育ったのが、のちに雪の科学者として世界で名が知られる物理学者・中谷宇吉郎である。中谷は、随筆『雷獣』(1942年7月)のなかで、…

《 この先駆放電の現象の進行は余りに迅速なために、写真の上でも、一つの火の玉が雲から地面まで落ちて来るように映ることが多い。火の玉が地面に達すると、その瞬間に非常に光の強い放電が、地面から雲に向って進む。その速度は光の速度に近いくらい大きい。この放電が普通に落雷電光となって見えるのである。 》

…と、放電現象について解説しながら、雷の迷信について、

《 普通の通俗科学書、特に迷信打破を目的とするような書物では、雷獣の話などは一笑に付されることが多い。特に親切な場合でも、落雷によって樹木の表面につけられた傷を、何か獣が駆け上がった爪痕とでも解釈したのであろうという程度のいわゆる科学的解釈がなされているくらいである。 》

と述べている。

雷雨は、昼夜を問わず非常に激しい雨とともに発生することが多く、そういった集中豪雨では、たびたび土砂崩れや土石流をひき起こして過去多くの人命が犠牲となってきた。「くわばらくわばら(桑原桑原)」という日本全国に共通する伝承は、そのような歴史被害への教訓が多く含まれているものと思う。


竹原春泉画『絵本百物語』の雷獣

■「洪水・水害」に関連する防災格言内の主な記事
長野県伊那地方の水害の伝承「未満水(ひつじまんすい)(1715年)」より(2020.06.29 防災格言)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」(2008年9月8日)より(2018.07.09 防災格言)
中西 進(国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章受章)(2019.04.08 防災格言)
中貝宗治(台風23号(2004年10月)時の兵庫県豊岡市長)(2020.11.30 防災格言)
倉嶋厚(気象学者・お天気キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
宮澤清治 (気象学者・NHK気象キャスター)(2016.09.05 防災格言)
高橋浩一郎(気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
森田正光 (お天気キャスター)(2017.06.05 防災格言)
寺田寅彦[9](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2020.08.31 防災格言)
加々美武夫(室戸台風時の大阪府助役 警察官僚・内務省内務書記官 大阪市長(第8代))(2020.09.21 防災格言)
藤原咲平 (気象学者 室戸台風後の著書『天気と気候』より)(2013.10.28 防災格言)
丹羽安喜子(歌人 室戸台風で罹災)(2016.08.22 防災格言)
松野友(岐阜県本巣郡穂積町町長 日本初の女性村長)(2015.03.02 防災格言)
及川舜一(元岩手県一関市市町 カスリーン台風とアイオン台風の大水害)(2015.09.14 防災格言)
小川竹二(元新潟県豊栄市長 下越水害)(2017.09.11 防災格言)
奥貫友山(利根川・荒川水害である寛保大水害時の慈善家)(2010.4.5 防災格言)
安芸皎一(河川工学者・土木技術者 東京大学教授 「伊勢湾台風」の名言)(2020.09.07 防災格言)
川合茂(河川工学者 舞鶴工業高等専門学校名誉教授)(2011.08.15 防災格言)
高橋裕(河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
幸田文(随筆家・小説家 代表作『崩れ』『流れる』)(2015.05.11 防災格言)
桑原幹根(愛知県知事)(2014.09.15 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
下田歌子 (歌人・実践女子学園創始者)(2009.12.14 防災格言)
平生釟三郎 (川崎重工業社長)(2009.11.02 防災格言)
山下重民 (明治のジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
吉田茂 (政治家)(2008.05.05 防災格言)
脇水鉄五郎(地質学者・日本地質学会会長)(2011.07.18 防災格言)
谷崎潤一郎 (作家)(2014.12.08 防災格言)
矢野顕子 (シンガーソングライター ハリケーン・サンディ水害)(2016.10.17 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
中江藤樹 (江戸時代初期の陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
中曽根康弘(政治家 内閣総理大臣(第71~73代))(2019.12.02 防災格言)
鍋島直正(大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 「シーボルト台風」)(2019.12.09 防災格言)
利根川改修工事に見る水害の歴史(2010.2.26 編集長コラム)
利根川の洪水想定 首都圏で死者4,500~6,300人(2010.3.5 編集長コラム)
小田原評定(水俣土石流災害)(2006.1.29 編集長コラム)
豪雨そして土砂災害。その犠牲者はいつも老人ホーム(2010.7.20 編集長コラム)
アーノルド・ニーベルディング(1838~1912 / ドイツの法学者 政治家)(2020.09.14 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,防災グッズ,非常食,災害の備え
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ