防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

国土交通省東北地方整備局『災害初動期指揮心得』に記された格言[今週の防災格言378]

time 2015/03/09

国土交通省東北地方整備局『災害初動期指揮心得』に記された格言[今週の防災格言378]


『 備えていたことしか、役には立たなかった。
備えていただけでは、十分ではなかった。 』

国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」より

東日本大震災の経験を踏まえ、国交省が内部資料として作成した指揮官向けの災害対応危機管理マニュアルが『東日本大震災の実体験に基づく 災害初動期指揮心得』である。大規模災害の発生後から復旧・復興が軌道に乗るまでの期間で、シナリオのない最もシビアな決断が迫られる最初の約一週間を乗り切るため、全国の道路や河川、港湾・空港など社会インフラの整備を担う国土交通省地方整備局の各クラスの指揮官向けにまとめられた行動マニュアルである。

東日本大震災を経験し、実際に過酷な災害対応任務に追われた東北地方整備局職員の実体験に基づいて作成された内部資料で、国交省地方整備局や国際協力機構(JICA)などの危機管理研修教材として今も使用されているものだが、その力強く説得力のある教訓の数々が大きな反響を呼び、後に英語にも翻訳され希望者へと配布されたという。

尚このマニュアルは、2015年2月10日にamazonで日本語・英語版(Kindle版)が全世界に向け無償公開され、誰もが読むことができる。
downloadはこちら⇒ 東日本大震災の実体験に基づく 災害初動期指揮心得 [Kindle版]

曰く―――。

《 あの東日本大震災を共に闘った仲間たちと本書を書き終え、今、振り返ってみて、つくづく思うのは、「備えていたことしか、役には立たなかった」ということです。
防災ヘリコプター「みちのく号」をクルーだけで迅速に飛ばした行動も、巷間、防災課長の機転と伝わっていますが、実際は、緻密な「備え」の結果でした。 《中略》 防災課長の褒められるべきは機転ではなく、災害がなければ誰にも知られることすらなかった、長年にわたる「備え」の努力だと思います。過去の災害を研究し、考案し、訓練したことだけしか、実際の役には立ちませんでした。 《中略》 しかしながら、全く矛盾したことを書くことになりますが、全てに備えることなど出来はしません。
関東大震災では87%の人が火災のため命を落としたのに対し、阪神淡路大震災では83%が圧死であり、東日本大震災では92%が溺死であったように、災害の様相は毎回異なっています。「みちのく号」のフライトも、訓練していたヘリの離陸オペレーションだけでは十分ではなく、津波による仙台空港の水没という想定外の事態に遭遇し、空港に向かっていた職員を引き返させるとともに、ヘリを福島に南下させるなど、臨機の応用動作を行うことにより、人命を救い、原発の状況を把握することができました。今回も、「備えていただけでは、十分ではなかった」のです。
備えは大事、教訓は貴重です。本書に書かれた教訓が、今後大災害に直面するであろう各整備局の参考になることを願っています。しかし、本書で紹介した東日本大震災の実相にも、とらわれすぎることは禁物です。過去の教訓に精通した上で、これを超越し、自由自在に「応用」してこそ、将来の大災害に対応できます。
「備え、しかる後にこれを超越してほしい。」これが、東日本大震災を実体験した私たちが伝えたい最後の教訓なのです。教訓を身につけ、これを自在に応用できる指揮官と熟練した整備局職員の存在こそが究極の「備え」であるというのが、私たちの結論です。 》

■「防災の標語」に関連する防災格言内の記事
安きにありて危うきを思う(居安思危)(中国故事)(2008.11.10 防災格言)
備えあれば憂いなし(有備無患)(中国故事)(2008.11.10 防災格言)
天災は忘れた頃来る (寺田寅彦)(2009.10.12 防災格言)
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい (寺田寅彦)(2009.03.02 防災格言)
ムダ足覚悟で早めの避難(1957(昭和32)年7月25日 諫早豪雨教訓)(2017.07.10 防災格言)
国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」(2015.03.09 防災格言)
高知県黒潮町「南海トラフ地震・津波の防災計画基本理念(2012年)」(2016.03.07 防災格言)
「津波避難のたすとひく」静岡県警の津波避難啓発標語(2014.11.10 防災格言)
「おはしも(おかしも)」児童のための避難標語(2008.09.01 防災格言)
「ひなんするときは、押すな・走るな・声出すな」学研まんが「地震のひみつ」より(2015.04.27 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
「備えよ、常に( Be Prepared )」スカウト標語(2008.05.26 防災格言)
後藤新平(日本スカウト運動標語)(2010.4.26 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字標語)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民「日本赤十字 救護員十訓」(2013.02.11 防災格言)
松井茂 (昭和初期の山林火災防止標語)(2008.12.01 防災格言)
安政江戸地震で江戸幕府が発した町触れ(火災防止標語)(2008.12.08 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)インフルエンザ感染対策標語(2013.12.30 防災格言)
アメリカ合衆国沿岸警備隊モットー(2012.12.24 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコ市モットー(2013.03.11 防災格言)
キャヴェンディッシュ一族の家訓(イギリス貴族)(2011.11.21 防災格言)
よりよい備え、よりよい暮らし(Better Preparation, Better Life.)(SEISHOP防災標語)(2012.06.26 編集長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ