防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

高木慶子が阪神淡路大震災の時に残した格言(生と死を考える会全国協議会会長)[今週の防災格言83]

time 2009/06/15

高木慶子が阪神淡路大震災の時に残した格言(生と死を考える会全国協議会会長)[今週の防災格言83]


『 “命を大切に” などと
きれい事を並べるだけでは、
命の尊さを教えることはできない。 』

高木 慶子(1936〜 / 聖トマス大教授 生と死を考える会全国協議会会長)

高木慶子(たかき よしこ)博士は、カトリックのシスターとして100人を超える人たちの看取りに立ち会い、ターミナル(終末期)にある患者の精神面のケアと悲嘆にある人々の心のケアに長年かかわってこられた。
1995年の阪神震災では自身も被災「激しい揺れで体が宙に浮かび、床にたたきつけられ死をすぐそばに感じた」という。
震災後、自らの呼びかけで「生と死の教育研究会」を発足、学校での「生と死の教育」カリキュラムを制作するなど、命の尊さと大切さ、生と死の問題に取組まれている。
主な著書に「死と向き合う瞬間−ターミナル・ケアの現場から(学習研究社)」「大震災−生かさ
れたいのち(春秋社)」「喪失体験と悲嘆−阪神淡路大震災で子どもと死別した34人の母親の言葉(医学書院)」など多数。

■「高木慶子」に関連する防災格言内の記事
日野原重明 (医師 聖路加国際病院理事長・名誉院長)(2017.07.24 防災格言)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)(2014.10.20 防災格言)
旧約聖書『伝道者の書』第1章9節より(2009.11.23 防災格言)
旧約聖書『創世記』41章より(2011.12.26 防災格言)
内村鑑三 (キリスト教思想家)(2014.12.29 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字創設者)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民 (日本赤十字創設者)(2013.02.11 防災格言)
草地賢一 (牧師)(2011.08.29 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ