防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

『性霊集』に記された空海・弘法大師の格言[今週の防災格言203]

time 2011/10/31

『性霊集』に記された空海・弘法大師の格言[今週の防災格言203]


夏月かげつ涼風りょうふう冬天とうてん淵風えんぷう
一種いっしゅなるも、嗔喜しんき同じからず。
(夏月涼風、冬天淵風。一種之氣、嗔喜不同。) 』

空海(AD774〜AD835 / 平安時代の僧侶 真言宗開祖 弘法大師)

格言は『性霊集(835年頃)』第1巻『徒懐玉(徒(いたずら)に玉を懐(いだ)く)』より。

口語訳 『 夏の涼風や冬の淵風も同じ風であるのに、喜びや不快というように人によって受け取り方は異なる。』

弘法大師(こうぼうだいし)空海(くうかい)は平安前期の讃岐国多度郡屏風浦(現・香川県善通寺市)の郡司である佐伯氏の出身。804(延暦23)年、遣唐使として31歳で唐へと渡り、長安・青龍寺の密教僧・恵果(けいか / AD746〜AD806)に師事、2年後の806年に多くの仏典、仏具、仏画を持って帰朝。帰国後に高野山に密教修行の場を作り金剛峰寺を開創。能書家として知られ、嵯峨天皇・橘逸勢(たちばなのはやなり)と共に三筆の一人に挙げられる。仏教のみならず、書芸、画芸、文芸のほか、教育、経済や土木の分野にまで多大な業績を残し、835(承和2)年、62歳で高野山で入定(にゅうじょう)した。

格言とした「夏月涼風、冬天淵風〜」の部分は、空海の美しい雑体詩の一節として各処で紹介される名文ですが、実は、防災格言としては、この前後の文章もなかなか興味深く読めます。以下に紹介します。

曰く―――

『 輪王(りんおう)の妙薬は鄙(いやし)んずれば毒と爲(な)り、法帝(ほってい)の醍醐(だいご)は謗(ほう)ずれば災(さい)を作(な)す。
(輪王妙薬鄙爲毒。法帝醍醐謗作災。)

店長の簡訳:秘法を妄伝すれば、かえって災厄があるもの。

夏月の涼風、冬天の淵風、一種の氣なれども、嗔喜同じからず。
(夏月涼風、冬天淵風。一種之氣、嗔喜不同。)

蘭肴美膳(らんこうびぜん)味(あじわい)変(へん)ずること無(なけ)れども、病(やまい)の口(くち)飢(うえ)の舌(した)甜苦(てんく)別(こと)なり。西施(せいし)が美笑(びしょう)は人(ひと)愛(あい)して死(し)すれども、魚鳥(ぎょちょう)は驚絶(きょうぜつ)して都(すべ)て悦(よろこ)びず。
(蘭肴美膳味無変。病口飢舌甜苦別。西施美笑人愛死。魚鳥驚絶都不悦。) 』

店長の簡訳:立派で美味しい食事でも病人なら苦くて不味いと思い、飢えた人ならば甘く美味しく感じる。しかし味そのものに変わりはない。また人が好む美女の笑顔は人を死ぬほど焦がれさすが、魚や鳥ならば笑顔を見て驚いて逃げ去るだろう。
絹本著色弘法大師像

■「空海・弘法大師」に関連する防災格言内の記事
釈迦・仏教開祖(2011.12.19 防災格言)
空海・弘法大師(2011.10.31 防災格言)
最澄・伝教大師(2008.07.28 防災格言)
松尾芭蕉(代表作「おくのほそ道」)(2010.12.20 防災格言)
清沢満之 (仏教思想家・真宗大谷派僧侶)(2016.09.12 防災格言)
南条文雄 (仏教学者・真宗大谷派僧侶)(2016.10.10 防災格言)
佐治実然 (宗教家)(2010.03.15 防災格言)
夏目漱石 (作家)(2012.04.09 防災格言)
司馬遼太郎 (作家)(2015.01.12 防災格言)
戸川秋骨 (英文学者・随筆家)(2016.02.15 防災格言)
釈雲照 (真言宗僧侶)(2012.02.13 防災格言)
渡辺南隠 (臨済宗僧侶)(2010.08.16 防災格言)
奥谷文智 (宗教家・作家・天理教徒)(2011.11.28 防災格言)
河口慧海 (黄檗宗僧侶)(2011.09.26 防災格言)
山田恵諦 (天台宗僧侶)(2012.04.02 防災格言)
丸茂湛祥 (日蓮宗僧侶)(2013.08.05 防災格言)
立花大亀 (臨済宗僧侶)(2013.09.23 防災格言)
源為憲(平安時代中期の文学者)(2018.03.05 防災格言)
内村鑑三 (キリスト教思想家)(2014.12.29 防災格言)
旧約聖書『伝道者の書』第1章9節より(2009.11.23 防災格言)
旧約聖書『創世記』41章より(2011.12.26 防災格言)
賀川豊彦(キリスト教社会運動家)(2014.10.20 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ