防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

岩手県上閉伊郡大槌町に遺されている大海嘯記念碑に書かれた格言[今週の防災格言204]

time 2011/11/07

岩手県上閉伊郡大槌町に遺されている大海嘯記念碑に書かれた格言[今週の防災格言204]


『 一、地震があったら津浪の用心せよ。
一、津浪が来たら高い所へ逃げよ。
一、危険地帯に居住するな。 』

「昭和八年三月三日 大海嘯記念碑(大槌町 昭和9年建立)」より。

東日本大震災による津波により甚大な被害を受けた岩手県上閉伊郡大槌町。
大槌町は、明治29(1896)年の明治三陸地震津波(M8.5 死者21,953人)で4m近い津波が襲い死者900人、500戸を超える住居が押し流された。それから37年後の1933(昭和8)年3月3日深夜2時半すぎに発生した昭和三陸地震津波(M8.1 死者3,064人 家屋流失5,851棟)でも2mを超える津波により死者61人、倒壊・流失した家屋622戸という甚大な被害が生じた。
たび重なる津波の記憶を忘れないように住民たちの手によって震災から1年後の1934(昭和9)年3月に「津浪災害記念碑」という石碑が大槌町吉里、赤浜など数ヶ所に建てられた。
三陸海岸各地に約200基ほど建てられた過去の津波被害を伝える様々な石碑のうちの一つである。

■「大海嘯記念碑」に関連する防災格言内の記事
今週の防災格言<34> 関東大震災十周年防災標語(2008.07.07 防災格言)
今週の防災格言<120> 津波災害史家・山下文男氏(2010.03.01 防災格言)
今週の防災格言<176> 関西大学教授・河田恵昭氏 (2011.04.25 防災格言)
今週の防災格言<184> 寺田寅彦氏(物理学者・随筆家)(2011.06.20 防災格言)

 

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ