防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

九州を襲った日本最強台風「シーボルト台風(1828年)」での被害や流言飛語にかかわる名言(『鍋島直正公伝』第1編より)[今週の防災格言624]

time 2019/12/09

九州を襲った日本最強台風「シーボルト台風(1828年)」での被害や流言飛語にかかわる名言(『鍋島直正公伝』第1編より)[今週の防災格言624]

衆心しゅうしん驚悸きょうきなおまず、恟々きょうきょうとしてやすところもなかりしに。 』

鍋島直正(1815~1871 / 大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 大納言)

1828(文政11)年9月17日から19日にかけて、日本の過去300年間で最強とされる最低気圧900hPa、最大風速50メートルの猛烈な台風が九州に上陸した。
たまたま、日本の科学の発展に大きな貢献をしたオランダ商館付のドイツ人学者・シーボルト(1796~1866)が長崎に滞在していて、この時の気圧や気温を観測していた。
シーボルトが帰国しようと乗り込んでいた船は台風のために大破した。船の積荷から外国へ持ち出すことが禁じられていた日本地図が発見され、シーボルトは出島に禁固されて幕府の取調べを受け、翌年、国外追放・再来日禁止の処分を受けた。世にいう「シーボルト事件」である。後の気象史家は、この時の台風を「シーボルト台風」と名付けた。

この台風で、高潮などにより肥前佐賀藩内(佐賀県)だけで1万人が亡くなり、九州北部全体で死傷者4万人に達する大災害となった。
佐賀藩内の主な被害は、死者1万人、負傷者11,373人、全壊35,364戸、焼失1,677戸。高潮が大託間に及んで伊万里の街を洗い、佐賀城下では土石流により八丁馬場や伊勢の町屋が全滅し、筑後川は死体で埋まった。ほかに、鹿児島で死者53人、熊本県天草で33人、長崎で3,435人、福岡で1,000人、久留米地方で370人、山口県下関で500人以上、石川・富山で190人、と記録されている。

最大被害となった肥前佐賀藩内(佐賀県)では、台風の直接被害と大火災に加え、町は流言飛語に翻弄された。

『鍋島直正公伝』第1編に、9月19日夕方に人騒がせな男二人が「また高潮が来るぞ」と叫びながら城下を走り去り、路上はさながら蜂の巣をつついたようにパニック状態になった町人らが右往左往しながら荷物を捨てて高台へと逃げ惑う様子が描かれている。
川上、水上、春日山、熊山などは人が溢れかえり、道路には慌てた町民らが落した遺失物が散乱したが、結局、はるか海面には何らの異常もなく、人々は狐につままれたような気持ちで呆然となりながら散じ帰った。衆心の動揺はなお止まらず、数日後には「大地震があるぞ」と風評が流れ、人々は恐れおののく毎日を過ごした、という。

曰く―――。

《 八月九日(※文政11年:太陽暦1828年9月17日)の夜、大颱風襲来し、豪雨なるため山嘯海嘯併せ起り、肥前領内到る処の山谷海浜を蕩壊し、家屋樹木を吹倒したり。 ・・・中略・・・・ かゝる大変災にて人心の恟々(きょうきょう)たるに乗じ、十一日の夕方、又も海嘯寄せ来と呼ばゝりつゝ、青襦袢(じゅばん)を着、手拭にて鉢巻したる男二人、連立ちて城下を走り去りしが、一時かくと聞きたる城下の士民は、男女悉く家を棄てゝ北山へ走り逃れしを以て、路上は宛ら蜂窩(蜂の巣)の破れたるが如く、或は風呂敷包を負ひ、或は飯櫃(びつ)を抱きて、悪鬼に追はるゝ亡者の如く、右往左往先を争ひ、もどかしと之を道に遺棄するあれば、帯解けたれども結ばん暇なくて其儘(そのまま)に放却する婦人もありたりき。かくて、遺失物は道路に狼藉し、川上、水上、春日山、熊山等は悉く人に埋みて雑沓(ざっとう)したりしが、遂に海面を望むに及んで何等の異状もなかりしを以て、衆皆狐に魅せられたるが如き心地して、茫然として散じ帰れり。 ・・・中略・・・・ されど衆心の驚悸は猶(なお)熄(や)まず、数日ありて又大地震あるべしと風評し、恟々(きょうきょう)として安き所もなかりしに。 》

鍋島直正(なべしま なおまさ)は、江戸時代末期の大名。第10代肥前国佐賀藩主。
文化11年12月7日(1815年1月16日)、9代藩主・鍋島斉直の嫡男(三男)として生れる。天保元(1830)年に家督を相続し、第10代藩主となった。
儒者(朱子学者)古賀穀堂(こが こくどう / 1778~1836)らを用い、フェートン号事件(1808年)による警備費用の負担増やシーボルト台風(子年の大風)(1828年)の被害などで財政破綻状態にあった佐賀藩の財政を再建させ一躍佐賀藩を雄藩にした人物。「佐賀の七賢人」の一人。
役人削減とともに藩政機構を改革し、出自に関わらず有能な家臣を積極的に登用させ、西洋文化の積極的な移入をはかり、磁器・茶・石炭などの殖産興業にも努め、同時に藩校弘道館を拡充し優秀な人材を育成する教育改革を行い、藩の近代化の先駆けとして、将来にわたる佐賀藩の財政再建と軍備の近代化を成功させた。1871(明治4)年1月18日、薨去。没後、正二位のち従一位贈。

■「鍋島直正」に関連する防災格言内の記事
鍋島直茂(肥前佐賀藩祖)(2014.02.24 防災格言)
山本常朝(江戸時代の武士・肥前国佐賀鍋島藩士)(2018.09.10 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
佐野常民 (佐賀藩士・日本赤十字社創始者)(2013.02.11 防災格言)
真木和泉 (久留米藩士・尊皇攘夷派志士)(2012.11.05 防災格言)
バジル・ホール・チェンバレン(英国の日本語学者 東京大学名誉教授)(2015.06.15 防災格言)
小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン)(作家)(2015.10.26 防災格言)
キャサリン・サンソム (駐日イギリス外交官夫人)(2013.01.07 防災格言)
チャールズ・ダーウィン(イギリスの自然科学者 進化論で著名)(2014.04.21 防災格言)
ポール・クローデル(フランスの劇作家・外交官)(2012.12.17 防災格言)
上杉鷹山 (出羽国米沢藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
豊臣秀吉(戦国武将・戦国大名)(2008.08.04 防災格言)
内藤昌豊(戦国武将 武田四天王・武田二十四将の一人)(2016.05.02 防災格言)
地震とナマズ(2003.12.20 店長コラム)
山鹿素行(江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)
小田原評定(水俣土石流災害)(2006.1.29 店長コラム)
ルイス・フロイス(イエズス会宣教師)(2013.05.27 防災格言)
江戸幕府の町触れ(安政江戸地震)(2008.12.08 防災格言)
如儡子(江戸中期の仮名草子作家・武士 代表作『可笑記』)(2013.11.11 防災格言)

■「幕末」「明治維新」に関連する防災格言内の主な記事
坂本龍馬 (幕末の尊皇派の志士 土佐藩郷士)(2015.10.19 防災格言)
勝海舟 (従五位下・安房守)(2012.12.03 防災格言)
山内容堂 (幕末の土佐藩主)(2010.05.10 防災格言)
山岡鉄舟 (一刀正伝無刀流開祖)(2010.08.09 防災格言)
マシュー・ペリー提督 (米東インド艦隊司令長官)(2013.01.07 防災格言)
福沢諭吉 (慶應義塾創設者)(2010.09.20 防災格言)
徳川斉昭 (幕末の大名・第9代常陸水戸藩主)(2015.08.17 防災格言)
津田真道 (津山藩士・啓蒙思想家)(2015.08.03 防災格言)
川路利良 (薩摩藩士・初代警視総監)(2013.11.04 防災格言)
佐藤一斉 (陽明学者・江戸昌平坂学問所総長)(2011.05.16 防災格言)
中島湘煙 (作家 海援隊隊士・中島信行の妻)(2011.07.25 防災格言)
益田孝 (幕府軍騎兵隊長・三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
渋沢栄一[1] (幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
橋本綱常 (医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
釈雲照 (真言宗僧侶)(2012.02.13 防災格言)
渡辺南隠 (広瀬淡窓門下の臨済宗僧侶)(2010.08.16 防災格言)
司馬遼太郎 (小説「竜馬がゆく」著者)(2015.01.12 防災格言)
三浦梧楼 (武士・陸軍中将)(2015.12.21 防災格言)
稲垣 示(明治の政治家・衆議院議員 自由民権家)(2019.04.01 防災格言)
万亭応賀(江戸・明治の戯作者 代表作「釈迦八相倭文庫」)(2019.04.15 防災格言)

□「江戸時代の儒学者・儒者」などに関連する防災格言内の記事
伊藤仁斎 (江戸初期の儒学者)(2016.11.28 防災格言)
広瀬淡窓 (江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
渡辺南隠 (広瀬淡窓門下の臨済宗僧侶)(2010.08.16 防災格言)
安東省庵 (江戸初期の儒学者)(2011.08.08 防災格言)
藤原惺窩 (戦国時代から江戸初期の儒学者)(2009.08.24 防災格言)
中根東里 (江戸中期の儒学者・陽明学者)(2010.03.22 防災格言)
新井白石 (江戸中期の儒学者・朱子学者 六代将軍・徳川家宣の侍講)(2013.05.06 防災格言)
室鳩巣 (江戸中期の儒学者 徳川家宣、家継、吉宗ら3代の将軍の侍講)(2013.04.29 防災格言)
佐藤一斉 (幕末の儒学者・漢学者)(2011.05.16 防災格言)
荻生徂徠 (江戸中期の儒学者)(2010.8.2 防災格言)
中江藤樹 (江戸初期の儒学者・陽明学者)(2010.11.22 防災格言)
林羅山 (江戸初期の儒学者・朱子学者 徳川家康以下4代の将軍の侍講)(2012.8.6 防災格言)
山鹿素行(江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)
脇坂義堂(江戸中期・後期の心学者)(2019.05.27 防災格言)
橘南谿 (江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
常盤潭北(江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
三井高房(江戸中期の豪商 3代目三井総領家(三井財閥))(2019.05.13 防災格言)
広瀬淡窓 (江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
江島其磧(江戸中期の浮世草子作者 浄瑠璃作者)(2009.06.22 防災格言)
鈴木重胤(幕末の国学者)(2015.11.30 防災格言)
如儡子(江戸中期の仮名草子作家・武士 代表作『可笑記』)(2013.11.11 防災格言)
万亭応賀(江戸・明治の戯作者 代表作「釈迦八相倭文庫」)(2019.04.15 防災格言)
佐藤一斉 (陽明学者・江戸昌平坂学問所総長)(2011.05.16 防災格言)
上田秋成(江戸後期の国学者・歌人・読本作者 代表作「雨月物語」)(2015.11.02 防災格言)
浜口梧陵(江戸時代後期~明治初期の実業家 ヤマサ醤油第7代目社長(2007.12.24 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
中江藤樹 (江戸時代初期の陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
秦宗巴(江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)

■「洪水・水害」に関連する防災格言内の主な記事
利根川改修工事に見る水害の歴史(2010.2.26 店長コラム)
利根川の洪水想定 首都圏で死者4,500~6,300人(2010.3.5 店長コラム)
小田原評定(水俣土石流災害)(2006.1.29 店長コラム)
豪雨そして土砂災害。その犠牲者はいつも老人ホーム(2010.7.20 店長コラム)
諫早豪雨の教訓から(1957(昭和32)年7月25日)(2017.07.10 防災格言)
松野友(岐阜県本巣郡穂積町町長 日本初の女性村長)(2015.03.02 防災格言)
及川舜一(元岩手県一関市市町 カスリーン台風とアイオン台風の大水害)(2015.09.14 防災格言)
小川竹二(元新潟県豊栄市長 下越水害)(2017.09.11 防災格言)
奥貫友山(利根川・荒川水害である寛保大水害時の慈善家)(2010.4.5 防災格言)
川合茂(河川工学者 舞鶴工業高等専門学校名誉教授)(2011.08.15 防災格言)
高橋裕(河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
幸田文(随筆家・小説家 代表作『崩れ』『流れる』)(2015.05.11 防災格言)
桑原幹根(愛知県知事)(2014.09.15 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
下田歌子 (歌人・実践女子学園創始者)(2009.12.14 防災格言)
平生釟三郎 (川崎重工業社長)(2009.11.02 防災格言)
山下重民 (明治のジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
吉田茂 (政治家)(2008.05.05 防災格言)
脇水鉄五郎(地質学者・日本地質学会会長)(2011.07.18 防災格言)
谷崎潤一郎 (作家)(2014.12.08 防災格言)
矢野顕子 (シンガーソングライター ハリケーン・サンディ水害)(2016.10.17 防災格言)
森田正光 (お天気キャスター)(2017.06.05 防災格言)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」(2008年9月8日)より(2018.07.09 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
中江藤樹 (江戸時代初期の陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
中西 進(国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章受章)(2019.04.08 防災格言)
寺田寅彦[9](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2019.06.24 防災格言)
藤原咲平 (気象学者 室戸台風後の著書『天気と気候』より)(2013.10.28 防災格言)
丹羽安喜子(歌人 室戸台風で罹災)(2016.08.22 防災格言)
倉嶋厚(気象学者・お天気キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
高橋浩一郎(気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
中曽根康弘(政治家 内閣総理大臣(第71~73代))(2019.12.02 防災格言)
鍋島直正(大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 「シーボルト台風」)(2019.12.09 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災グッズ,非常食
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ