防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

桑原幹根が災害地対策特別委員会の答弁で遺した格言(愛知県知事)[今週の防災格言353]

time 2014/09/15

桑原幹根が災害地対策特別委員会の答弁で遺した格言(愛知県知事)[今週の防災格言353]


『 千年に一度の台風であったなら、
千年間の一番最後の年に来たということも考えられる。
したがって、次の千年目の初めとなる来年の台風期に、
また同じような災害が伊勢湾に来ないとは誰も保証できない。 』

桑原幹根(1895〜1991 / 官僚・愛知県知事(6期) 愛知県名誉県民)

格言は、国会「災害地対策特別委員会」(昭和34(1959)年11月5日)答弁より。
この年の9月の伊勢湾台風では「千年に一度」と言われた異常潮位により6mの高潮が発生し、伊勢湾内の堤防が破堤(護岸堤防19ヶ所が決壊、河川堤防で37ヶ所決壊)され、名古屋市だけで1,909人、愛知県全域で死者3,351人をだす大惨事となった。国会に参考人として呼ばれた桑原愛知県知事は、護岸・河川堤防の早期復旧を国へ求めた。

曰く―――。

《 ある人の言葉に、今回の伊勢湾台風のような災害は、千年に一度来るという風なことを言われております。

よしんば、それが千年に一度であったにしても、我々の数代前の先祖が、このことを経験してない今回の偶然の災害であるにいたしましても、これが千年目に一度来たのでございます。

この千年目に一度来たということは、千年の時期の一番最後のこの年に来たということも考えられるのでございます。

従って、次の千年目の初めでありまする来年の台風期に、また同じような災害が伊勢湾に来ないとは誰も保証はできないのでございます。

一度あったというこの現実の事実というものは、また来年の台風期に二度ないとはだれも断定することはできないのでございまして、私は、このことを考えますと、自分が責任のある地位におっても、どうしてもいても立ってもいられないような気持がいたすのでございます。 》

桑原幹根(くわはら みきね)は、愛知県知事を24年間務めた人物。
明治28(1895)年、山梨県南都留郡明見村(現富士吉田市)の養蚕農家の7男に生まれた。山梨県第一中学校都留分校(現山梨県立都留高等学校)、旧制第一高等学校から東京帝国大学法学部を経て、大正12(1923)年に内務省に入省。内閣東北局長、東北興業株式会社(現三菱マテリアル)総裁などを歴任し、昭和21(1946)年に愛知県知事(官選)となる。戦後は公職追放されたが、解除後の昭和26(1951)年に愛知県知事に初当選し、以後は連続6期当選。24年にわたって愛知県政を担い、全国の草分けとなった地方総合計画を策定し、名古屋港や衣浦港では臨海工業用地を造成し、トヨタや新日本製鐵に代表される企業誘致の基盤を築いた。昭和42(1967)年には東京都知事以外で初の全国知事会会長となったほか、昭和50(1975)年に国土庁顧問、昭和52(1977)年に自治省特別顧問などを務めた。心不全により平成3(1991)年4月11日に95歳で逝去。勲一等旭日大綬章受章(1973年)。愛知県名誉県民(1987年)、富士吉田市名誉市民(1988年)。

尚、愛知県の死者3,351人、三重県1,273人、岐阜県104人を出した伊勢湾台風を契機とし、災害対策の必要性の議論が高まり、昭和36(1961)年に国民の生命と財産を守ることを基本とした「災害対策基本法」が制定されることになる。

■「桑原幹根」に関連する防災格言内の記事
鳥取県知事 片山善博(2014.1.27 防災格言)
宮城県知事 村井嘉浩(2013.10.14 防災格言)
東京都知事 鈴木俊一(2008.10.13 防災格言)
神奈川県知事 安河内麻吉(2008.04.28 防災格言)
新潟県知事 泉田裕彦(2012.02.20 防災格言)
初代東京都知事 安井誠一郎(2009.08.10 防災格言)
東京都知事 後藤新平(2010.04.26 防災格言)
岩手県知事 石黒英彦(2013.06.10 防災格言)
東京都知事 石原慎太郎(2013.07.22 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ