防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

稲垣示(富山県の自由民権運動の先覚者)が「治水論」(明治24年)の中で述べた名言 [今週の防災格言588]

time 2019/04/01

稲垣示(富山県の自由民権運動の先覚者)が「治水論」(明治24年)の中で述べた名言 [今週の防災格言588]

『 死地にありて死を知らず、災地にありてわざわいおもんばからざるは愚者の事なり。 』

稲垣 示(1849~1902 / 明治の政治家・衆議院議員 自由民権家)

格言は西 師意(にし もろおき / 1863~1926)著「治水論」(明治24年)の序文より。

曰く―――。

死地にりて死を知らず、災地にりて災をおもんばからざるは愚者の事なり。
日本にりて治水のことわりに通ぜざる、そのまた愚者のそしりを免れず。
そもそも治水学は日本において将来一科の専門学たるべく、治水術は日本人のめ永く一種の専門術たるべきものなり。
な、日本に生まれて治水のことわりに通ぜざる者は、人にして衣食のことわりに通ぜざるよりも更に危険なり。

稲垣 示(いながき しめす)は、越中(富山県)における自由民権運動の先覚者で、板垣退助とともに自由党結成に参加した人物。

嘉永2(1849)年、越中国射水郡棚田村(富山県射水市棚田)の豪農・稲垣又平の長男として生まれる。幼名は恒太郎、後に太郎、忠雄、平、示と改称。号は虎岳(こがく)。
14歳で金沢藩校「壮猶館」へ入り、金沢藩の農兵(郷土防衛の予備戦力として領民の銃卒化)となった。ここで次第に頭角を現し、藩からは優秀者として数回にわたり賞を受け、19歳の頃には200人規模の大隊司令官となったという。維新後は、富山県高岡の国学者・野上文山(1825~1873)の私塾「待賢室」や新川県講習所(後の富山師範学校)で学び、後に小杉の評論雑誌社「相益社」に入った。明治12(1879)年に政治結社「立志社」の板垣退助(1837~1919)の自由民権運動に呼応し、翌明治13(1880)年に高岡に政治結社「北立社」を結成。同年に開催された自由民権運動組織「国会期成同盟」の委員となり結成大会に越中からただ一人で参加し、六度にわたって上京しては新政府へ国会開設哀願表の提出を試みた。明治14(1881)年から明治16(1883)年まで石川県県会議員に選ばれるが、県令侮辱の舌禍事件を起こし議員を除名された。中央政界での板垣の自由党結成に応じ、明治15(1882)年には北立社を自由党支部「北立自由党」に改組。これが富山県初の政党となった。明治16(1883)年、杉田定一(1851~1929)らとともに北陸七州(佐渡・越後・越中・能登・加賀・越前・若狭)から300人近くの自由民権家を集めて「北陸七州有志懇談会」を開催するが、間もなく高田事件(新潟県を中心とした自由民権運動弾圧事件)が発生。全国的に激化する自由民権運動に対する政府の弾圧も厳しさを増し、稲垣も明治18(1885)年の大阪事件(自由党左派の大井憲太郎らが企てた朝鮮政府改革計画)で外患罪により連座、明治22(1889)年の大日本帝国憲法公布の大赦で釈放されるまで3年間入獄した。明治22(1889)年、自由党系機関誌「北陸公論」(後の北陸日日新聞)を創刊させ社長となり、その後は大同団結運動に加わったが、この時期に運動の主流は改進党系(立憲改進党)へと移っていた。明治24(1891)年、第2回衆議院議員総選挙で初当選。以降2回(第3回・第6回)当選。田中正造の足尾銅山鉱毒事件の応援や、普通選挙運動を展開。明治31(1898)年、自由党復帰後は政友会に属し、富山県支部長の要職を務めた。明治35(1902)年8月9日、第7回衆議院選挙で他の候補者の応援演説をした直後に倒れ急逝、54歳だった。
稲垣示
稲垣示

■「稲垣示」に関連する防災格言内の主な記事
田中正造 (明治初の公害・足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家)(2013.11.04 防災格言)
中島湘煙 (女性解放運動家・明治初期の宮中女官・文事御用掛)(2011.07.25 防災格言)
加藤久米四郎 (政治家・政友会 実業家)(2015.10.05 防災格言)
松岡俊三 (ジャーナリスト 政治家・政友会)(2016.01.25 防災格言)
土田杏村(哲学者・文明批評家)(2014.09.01 防災格言)
田中正造 (明治初の公害・足尾銅山鉱毒事件を告発した政治家)(2013.11.04 防災格言)
広瀬淡窓 (江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
渡辺南隠 (広瀬淡窓門下の臨済宗僧侶)(2010.08.16 防災格言)
松永安左エ門(実業家)(2012.08.13 防災格言)
三宅雪嶺[1] (哲学者・評論家・ジャーナリスト)(2017.01.30 防災格言)
三宅雪嶺[2] (哲学者・評論家・ジャーナリスト)(2017.07.31 防災格言)
徳富蘇峰 (ジャーナリスト・思想家・評論家)(2009.07.27 防災格言)
黒岩涙香 (ジャーナリスト)(2011.05.23 防災格言)
山下重民 (ジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
岸上克己 (社会運動家・ジャーナリスト)(2017.06.26 防災格言)
宮武外骨 (ジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
清水幾太郎(社会学者 ジャーナリスト)(2008.9.29 防災格言)
角田浩々歌客 (文芸評論家 ジャーナリスト)(2012.06.11 防災格言)
防災格言こぼれ話 「火事を待つ人」(ジャーナリスト・朝比奈知泉氏)(2010.07.29 店長コラム)
渋沢栄一 (幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
水野錬太郎 (官僚政治家 内務大臣)(2016.04.11 防災格言)
後藤新平 (政治家)(2010.4.26 防災格言)
坂本龍馬 (幕末の尊皇派の志士 土佐藩郷士)(2015.10.19 防災格言)
勝海舟 (従五位下・安房守)(2012.12.03 防災格言)
山内容堂 (幕末の土佐藩主)(2010.05.10 防災格言)
真木和泉 (久留米藩士・尊皇攘夷派志士)(2012.11.05 防災格言)
山岡鉄舟 (一刀正伝無刀流開祖)(2010.08.09 防災格言)
マシュー・ペリー提督 (米東インド艦隊司令長官)(2013.01.07 防災格言)
福沢諭吉 (慶應義塾創設者)(2010.09.20 防災格言)
徳川斉昭 (幕末の大名・第9代常陸水戸藩主)(2015.08.17 防災格言)
津田真道 (津山藩士・啓蒙思想家)(2015.08.03 防災格言)
川路利良 (薩摩藩士・初代警視総監)(2013.11.04 防災格言)
佐藤一斉 (陽明学者・江戸昌平坂学問所総長)(2011.05.16 防災格言)
佐野常民 (佐賀藩士・日本赤十字社創始者)(2013.02.11 防災格言)
中島湘煙 (作家 海援隊隊士・中島信行の妻)(2011.07.25 防災格言)
益田孝 (幕府軍騎兵隊長・三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
橋本綱常 (医師・陸軍軍医総監 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
釈雲照 (真言宗僧侶)(2012.02.13 防災格言)
三浦梧楼 (武士・陸軍中将)(2015.12.21 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食,防災グッズ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ