防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

『藤樹規』に記された中江藤樹が遺した格言 (江戸初期の儒学者)[今週の防災格言158]

time 2010/11/22

『藤樹規』に記された中江藤樹が遺した格言 (江戸初期の儒学者)[今週の防災格言158]


『 天命を畏れ徳性を尊ぶ。※左文持敬じけいかなめ進修しんしゅうの本也。 』

中江藤樹(1608〜1648 / 江戸時代初期の儒学者 陽明学の祖)

格言は小川村(現・滋賀県高島市)藤樹書院の『藤樹規』より。
『持敬』とは、畏敬の念を持つこと。
『進修の本』とは、学(心のけがれを清め、身の行をよくすることを本質とする)を修める手本、の意。

日本の陽明学の祖・中江藤樹(なかえ とうじゅ)は、近江国小川村(現・滋賀県高島市安曇川町上小川)で生まれ、9歳で伯耆国(鳥取県)米子の加藤貞泰家臣の養子となった。藩の転封で伊予国(愛媛県)大洲に移住。27歳の時、母の健康上の理由と孝行から藩に対し辞職願いを提出するが拒絶され脱藩し郷里の小川村へ帰った。1648(慶安1)年、41歳で亡くなる半年前に小川村に「藤樹書院」を開き、門人の教育に励んだ。門人には熊沢蕃山、淵岡山、中川謙叔などがいた。居宅に藤の老樹があったことから「藤樹先生」と呼ばれ、没後、遺徳をたたえて「近江聖人」と称された。

■「中江藤樹」に関連する防災格言内の記事
内村鑑三(2014.12.29 防災格言)
藤原惺窩(2009.8.24 防災格言)
中根東里(2010.3.22 防災格言)
荻生徂徠(2010.8.2 防災格言)
佐藤一斉(2011.5.16 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ