防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

荻生徂徠が『答問二則』に記した格言(江戸時代の儒学者)[今週の防災格言142]

time 2010/08/02

荻生徂徠が『答問二則』に記した格言(江戸時代の儒学者)[今週の防災格言142]


『 勇怯の根本と申候は、天命を知ると知らぬとに
落着らくちゃく仕候事にて御座候。 』

荻生徂徠(1666〜1728 / 江戸中期の儒学者・思想家 古文辞学派の祖)

格言は「答問二則」より。 口語訳『 勇気や怯えることの根本とは、結局、天命を知るか知らないかに帰する 』。
5代将軍・徳川綱吉の侍医・方庵の子として江戸二番町に生まれた荻生徂徠(おぎゅう そらい)は、日本橋茅場町に私塾を開き、太宰春台(だざい しゅんだい / 1680〜1747)、服部南郭(はっとり なんかく / 1683〜1759)ら多くの門弟を輩出。徂徠が興した徂徠派(古文辞学派=こぶんじがくは)と呼ばれる学派は、仁は伊藤仁斎、政治は熊沢蕃山、学問は荻生徂徠と奉られるほど江戸の儒学を一変させ、その後の国学に多大な影響を与えた。

■「荻生徂徠」に関連する防災格言内の記事
今週の防災格言<93> 藤原惺窩氏 (2009.8.24 防災格言)
今週の防災格言<123> 中根東里氏(2010.3.22 防災格言)
今週の防災格言<158> 中江藤樹氏(2010.11.22 防災格言)
今週の防災格言<179> 佐藤一斉氏(2011.5.16 防災格言)

<編集長 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ