防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

「大変なときこそ笑え」と教える江戸時代中期の武士の修養書「葉隠(はがくれ)」の格言から[今週の防災格言559]

time 2018/09/10

「大変なときこそ笑え」と教える江戸時代中期の武士の修養書「葉隠(はがくれ)」の格言から[今週の防災格言559]

大難大変だいなんたいへんに逢うてもすこしも動転せぬといふは、まだしきことなり。大変大難に逢うては歓喜雀躍かんきじゃくやくして勇み進むべきなり。一難関を超えたる所なり。 』

山本常朝(1659~1719 / 江戸時代の武士・肥前国佐賀鍋島藩士)

格言は『葉隠(はがくれ)』聞書第一巻より。

「大変なときこそ笑え」と教えている。

意訳:大困難や大変事のとき、平静でいられるのは、まだ未熟だ。大変な事態に遭遇したら、喜び勇んで立ち向かって行こう。これが一段突き抜けた境地と言えよう。

曰く―――。

《 大難大変に逢うても毫(すこし)も動転せぬといふは、まだしきことなり。大変大難に逢うては歓喜雀躍(かんきじゃくやく)して勇み進むべきなり。一難関を超えたる所なり。「水増されば船高し。」といふが如し。村岡氏御改め前意見の事。口達。 》

※この言葉の人物「村岡氏御改め」とあるが、誰であるかは不明。

葉隠は江戸時代中期(1716年頃)に書かれた武士の心得を記した修養書。「武士道と云は、死ぬ事と見付たり」という一節が特に有名である。

山本常朝(やまもと じょうちょう / つねとも)は、江戸時代の武士で、肥前佐賀藩士。『葉隠』の口述者として知られる。万治2(1659)年6月11日、佐賀市城下片田江横小路で、佐賀藩士山本神右衛門重澄の末子として生まれる。9歳のときから約30年間、佐賀藩2代藩主・鍋島光茂(1632~1700)の側近として仕えた。光茂の死により出家し山居。このとき常朝42歳。宝永7(1710)年、50歳から『葉隠』を口述、元佐賀藩士・田代陣基がこれを筆録し、57歳のとき享保元(1716)年『葉隠』全11巻が編集された。享保4(1719)年10月10日、61歳で没。
山本常朝

■「葉隠」に関連する防災格言内の記事
大事の思案は軽くすべし。 / 鍋島直茂(肥前佐賀藩祖)(2014.02.24 防災格言)
山鹿素行(1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)

■「古典」「故事」に関連する防災格言内の記事
する事かたきにあらず、よくする事のかたきなり。/ 鎌倉時代の説話集『十訓抄(建長4(1252)年 / 編者未詳)』より(2018.07.02 防災格言)
豊かなるけふ今日より、万々一の日の心がけいたすべく候 / 莅戸善政・米沢藩家老『かてもの(寛政12(1800)年)』より(2008.03.17 防災格言)
今の豊かなる日に能能よくよく心得させよとの御事に候条、油断すべからざるもの也 / 莅戸善政・米沢藩家老『かてもの(寛政12(1800)年)』より(2011.12.05 防災格言)
やすむ云ふいうは、心を休して、よく守らんためのやすみなり / 山鹿素行(1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)

■「戦国時代 武士」に関連する防災格言内の記事
豊臣秀吉(2008.08.04 防災格言)
鍋島直茂(肥前佐賀藩祖)(2014.02.24 防災格言)
小田原評定(2006.01.29 防災コラム)
ルイス・フロイス(イエズス会宣教師)(2013.05.27 防災格言)
地震とナマズ(2003.12.20 店長コラム)
内藤昌豊(1522〜1575 / 戦国武将 武田四天王・武田二十四将の一人)(2016.05.02 防災格言)
江戸幕府の町触れ(安政江戸地震)(2008.12.08 防災格言)
上杉鷹山 (出羽国米沢藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)

■「江戸時代の儒学者」に関連する防災格言内の記事
伊藤仁斎 (江戸初期の儒学者)(2016.11.28 防災格言)
広瀬淡窓 (江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
渡辺南隠 (広瀬淡窓門下の臨済宗僧侶)(2010.08.16 防災格言)
安東省庵 (江戸初期の儒学者)(2011.08.08 防災格言)
藤原惺窩 (戦国時代から江戸初期の儒学者)(2009.08.24 防災格言)
中根東里 (江戸中期の儒学者・陽明学者)(2010.03.22 防災格言)
新井白石 (江戸中期の儒学者・朱子学者 六代将軍・徳川家宣の侍講)(2013.05.06 防災格言)
室鳩巣 (江戸中期の儒学者 徳川家宣、家継、吉宗ら3代の将軍の侍講)(2013.04.29 防災格言)
佐藤一斉 (幕末の儒学者・漢学者)(2011.05.16 防災格言)
荻生徂徠 (江戸中期の儒学者)(2010.8.2 防災格言)
中江藤樹 (江戸初期の儒学者・陽明学者)(2010.11.22 防災格言)
林羅山 (江戸初期の儒学者・朱子学者 徳川家康以下4代の将軍の侍講)(2012.8.6 防災格言)
山鹿素行(1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ