防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

『葉隠』に遺されていた鍋島直茂の格言(戦国武将)[今週の防災格言324]

time 2014/02/24

『葉隠』に遺されていた鍋島直茂の格言(戦国武将)[今週の防災格言324]


『 大事の思案は軽くすべし。 』

鍋島直茂(1538〜1618 / 戦国武将・肥前佐賀藩祖)

格言は、山本常朝(やまもと じょうちょう / 1659〜1719)著『葉隠(享保元(1716)年)』聞書一より。

大事なことは数が少なく予想できるので、常日頃から詮議しておき、イザという時には軽く分別するべき、の意。 佐賀藩祖・鍋島直茂の教訓(御壁書)として『葉隠聞書』で紹介された言葉である。

曰く―――。

直茂公の御壁書に「大事の思案は輕くすべし」とあり。一鼎の註には「小事の思案は重くすべし」と致され候。凡そ大事と云ふは、二三箇條ならではあるまじく候。これは平生に詮議して見れば知れてゐることなり。これを前以て思案し置きて、大事の時取出して輕くする事と思はるゝなり。兼ては不覺悟にして、其の場に臨んで輕く分別する事も成り難く、圖に當る事不定なり。然れば兼て地盤を堅固に据ゑて置くが「大事の思案は輕くすべし。」と仰せられ候箇條の基と思はるゝ事なり。

鍋島直茂(なべしま なおしげ)は、重臣筆頭・軍師として肥前の戦国大名の龍造寺隆信(1529〜1584)に仕えた武将。天正12(1584)年「沖田畷(おきたなわて)の戦い(島津氏・有馬氏連合軍との島原半島での戦い)」で主君隆信が討ち死にすると、その遺児・政家の補佐役となった。豊臣秀吉の九州征伐を助け、その功により肥前佐賀藩の実権を握った。文禄・慶長の役では朝鮮に出陣、関ヶ原の合戦では徳川家康に与し立花宗茂を攻略、龍造寺本家断絶の後、直茂の嫡男・勝茂に龍造寺家の家督を引き継がせ名実共に佐賀藩35万7千石の藩祖となった。鍋島家佐賀藩は幕末明治維新を乗り切り、明治4(1871)年の廃藩置県により佐賀県となる。元和4(1618)年6月3日に81歳で病没。

■「鍋島直茂」に関連する防災格言内の記事
山本常朝(1659~1719 / 江戸時代の武士・肥前国佐賀鍋島藩士)(2018.09.10 防災格言)
山鹿素行(1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)
小田原評定(2006.01.29 防災コラム)
豊臣秀吉(2008.08.04 防災格言)
林羅山(2012.08.06 防災格言)
ルイス・フロイス(イエズス会宣教師)(2013.05.27 防災格言)
地震とナマズ(2003.12.20 編集長コラム)
江戸幕府の町触れ(安政江戸地震)(2008.12.08 防災格言)
藤原惺窩(2009.08.24 防災格言)
中江藤樹(2010.11.22 防災格言)
上杉鷹山 (出羽国米沢藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ