防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

地震とナマズ

time 2003/12/20

地震とナマズ
地震とナマズ  [編集長コラム]

地震とナマズ―――珍味と評判のナマズ(鯰)。

昔から地震が起こる原因はナマズが騒ぐからだと言い伝えられています。
今でも、地震の前にナマズなどの動物が騒ぐという現象(動物が騒ぐのを=宏観(こうかん)現象と呼びます)を研究している人たちが大勢います。

日本で最も古い地震とナマズのことを記した文献は1592年、時の権力者だった太閤・豊臣秀吉が『伏見城の普請ではナマズに用心いたせよ!』と諸侯への手紙につづったのが最初だそうです。

ものの本によると、日本では古くから鹿島神宮の大明神さまが、要石(かなめいし)という大きな石を使って、地下にいる大魚を押さえつけて地震が起るのを防いでいるのだ・・・と信じられていたのだそうです。

それが江戸時代になって「地下の大魚」が「ナマズ」にとって代わり、浮世絵師がナマズ絵とよばれる風刺画を書いたことで、庶民の間で地震ナマズが知れ渡ったのだそうです。地震ナマズは、江戸市民のユーモアセンスが生んだものだったのかもしれませんね。

■主な関連記事
 今週の防災格言<38> 豊臣秀吉の書簡(2008.08.04 防災格言)

<編集長 拝>

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ