防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

新井白石が『折たく柴の記』に記した富士山噴火の名言(1657~1725 / 江戸中期の儒学者・詩人)[今週の防災格言282]

time 2013/05/06

新井白石が『折たく柴の記』に記した富士山噴火の名言(1657~1725 / 江戸中期の儒学者・詩人)[今週の防災格言282]

『 此のほど、世の人咳嗽がいそうをうれへずといふものあらず。 』

 

新井白石(1657~1725 / 江戸中期の儒学者・詩人・政治家)

 

現代語訳『(富士山噴火)世間の人で咳になやまされない者はなかった。』
咳嗽(がいそう)は咽喉を患い咳が出る病のこと。

格言は白石の自伝『折たく柴の記』(桑原武夫訳 中央公論新社 2004年)より、富士山噴火後の江戸の降灰について述べたもの。

この『折たく柴の記(おりたくしばのき)』は日本最古の自叙伝文学作品として知られ、生家の新井家のことや政治的な体験談の他に、江戸を襲った元禄大地震(1703(元禄16)年12月31日 M8.2 南関東で被害大 死者1万人超)や富士山の宝永大噴火(1707(宝永4)年12月16日〜12月31日)の様子も書かれている。

江戸では噴火翌日からの断続的な降灰により、5〜10cmの火山灰が降り積もったとされているが、その時の模様を白石は、

よべ地震ひ、此の日午の時雷の声す、家を出づるに及びて、雪のふり下るがごとくなるを見るに、白灰の下れる也。西南の方を望むに、黒き雲起りて、雷の光りしきりにす。
(昨夜、地震があり、この日の正午ごろ、雷が鳴った。家を出る時、雪が降っているように見えるので、よく見ると、白い灰が降っているのである。西南の方を見ると、黒雲がわき起こり、雷の光がしきりにした。)

…と記している。

… … …

江戸時代中期の大学者として知られる新井白石(あらいはくせき)は、江戸の「明暦の大火」の翌日に避難先で生まれたという。青年時代まで独学で過し、1686年に京都で木下順庵(きのした じゅんあん / 1621〜1699)へと師事すると順庵の推挙により、甲府藩主・徳川綱豊(後の第6代将軍・家宣)の侍講となった。将軍・家宣の代には幕府政治に深く係わり、第7代将軍・家継の時代まで「正徳の治」と呼ばれる善政を行った。ところが家継が夭逝し第8代将軍に吉宗が就くと失脚し、すべての公的な政治の場から退き、晩年は不遇の中で著述に勤しんだ。
主な著作に江戸時代の西洋研究書『西洋紀聞』『采覧異言』や独自の歴史書『藩翰譜』『読史余論』『古史通』など。

新井白石
新井白石




■「江戸時代の儒学者・儒者・思想家・経世家」などに関連する防災格言内の記事
鍋島直茂(1538~1618 / 肥前佐賀藩祖)(2014.02.24 防災格言)
秦宗巴(1550~1607 / 江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)
藤原惺窩(1561~1619 /戦国時代から江戸初期の儒学者)(2009.08.24 防災格言)
林羅山(1583~1657 / 江戸初期の儒学者・朱子学者 徳川家康以下4代の将軍の侍講)(2012.8.6 防災格言)
如儡子(1603頃~1674 / 江戸中期の仮名草子作家・武士 代表作『可笑記』)(2013.11.11 防災格言)
中江藤樹(1608~1648 / 江戸初期の儒学者・陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
熊沢蕃山(1619~1691 / 江戸時代前期の儒者・武士 陽明学者)(2022.10.03 防災格言)
山鹿素行[1](1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)
山鹿素行[2](1622~1685 / 江戸時代前期の兵学者・儒学者・思想家 古学派の祖)(2021.05.10 防災格言)
安東省庵(1622~1701 / 江戸初期の儒学者)(2011.08.08 防災格言)
伊藤仁斎(1627~1705 / 江戸初期の儒学者)(2016.11.28 防災格言)
仮名草子「長者教」より(作者不明 / 寛永4(1627)年刊)(2016.08.15 防災格言)
大淀三千風(1639~1707 / 江戸時代の俳人)(2010.12.27 防災格言)
松尾芭蕉(1644~1694 / 江戸時代の俳人・俳聖)(2010.12.20 防災格言)
新井白石(1657~1725 / 江戸中期の儒学者・朱子学者 六代将軍・徳川家宣の侍講)(2013.05.06 防災格言)
室鳩巣(1658~1734 / 江戸中期の儒学者 徳川家宣、家継、吉宗ら3代の将軍の侍講)(2013.04.29 防災格言)
山本常朝(1659~1719 / 江戸時代の武士・肥前国佐賀鍋島藩士)(2018.09.10 防災格言)
荻生徂徠(1666~1728 / 江戸中期の儒学者・思想家 古文辞学派の祖)(2010.8.2 防災格言)
江島其磧(1666~1735 / 江戸中期の浮世草子作者 浄瑠璃作者)(2009.06.22 防災格言)
常盤潭北(1677~1744 / 江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
義農作兵衛(1688~1732 / 江戸時代中期の伊予国松山藩筒井村の農民)(2009.03.23 防災格言)
三井高房(1684~1748 / 江戸中期の豪商 3代目三井総領家(三井財閥))(2019.05.13 防災格言)
中根東里(1694~1765 / 江戸中期の儒学者・陽明学者)(2010.03.22 防災格言)
吉益東洞(1702~1773 / 江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
伊勢貞丈(1718~1784 / 江戸中期の有職故実家 幕府寄合・御小姓組蕃士)(2014.02.03 防災格言)
上田秋成(1734~1809 / 江戸後期の国学者・歌人・読本作者 代表作「雨月物語」)(2015.11.02 防災格言)
莅戸善政[1](1735~1803 / かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2](1735~1803 / かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
上杉鷹山(1751~1822 / 江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
脇坂義堂(生年不詳~1818 / 江戸中期・後期の心学者)(2019.05.27 防災格言)
本多利明(1743~1821 / 江戸後期の経世思想家・西洋学者・数学者)(2022.07.04 防災格言)
橘南谿(1753~1805 / 江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
小林一茶(1763~1828 / 江戸時代の俳人 生涯に約二万の発句を残した)(2009.03.16 防災格言)
滝沢馬琴(曲亭馬琴)(1767~1848 / 江戸後期の戯作者・読本作家 代表作「南総里見八犬伝」)(2020.06.08 防災格言)
佐藤一斉(1772~1859 / 江戸時代後期の陽明学者(朱子学)・江戸昌平坂学問所総長)(2011.05.16 防災格言)
広瀬淡窓(1782~1856 / 江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(1787~1856 / 江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
徳川斉昭(1800~1860 / 幕末の大名・常陸水戸藩主(第9代))(2015.08.17 防災格言)
伊藤圭介(1803~1901 / 幕末明治期の博物学者・医師 日本初の理学博士 東京大学名誉教授 男爵)(2021.06.28 防災格言)
鈴木重胤(1812~1863 / 幕末の国学者)(2015.11.30 防災格言)
真木和泉(1813~1864 / 幕末期の尊皇攘夷派の志士 天王山で自害)(2012.11.05 防災格言)
鍋島直正(1815~1871 / 大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 大納言)(2019.12.09 防災格言)
万亭応賀(1819~1890 / 江戸・明治の戯作者 代表作「釈迦八相倭文庫」)(2019.04.15 防災格言)
浜口梧陵(1820~1885 / 江戸時代後期~明治初期の実業家 ヤマサ醤油第7代目社長(2007.12.24 防災格言)
勝海舟[1](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2012.12.03 防災格言)
勝海舟[2](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2022.08.29 防災格言)
佐野常民(1823~1902 / 佐賀藩士・政治家 初代日本赤十字社社長 伯爵)(2013.02.11 防災格言)
山内容堂(1827~1872 / 幕末の大名 土佐藩15代藩主 従二位・権中納言)(2010.05.10 防災格言)
釈雲照(1827~1909 / 幕末明治期の真言宗僧侶 戒律主義「十善会」発足)(2012.02.13 防災格言)
津田真道(1829~1903 / 津山藩士 幕末・明治初期の法学者・啓蒙思想家・官僚 開成所(後の東京大学)教授)(2015.08.03 防災格言)
川路利良(1834~1879 / 薩摩藩士 初代大警視(現警視総監)「近代警察の父」)(2013.11.04 防災格言)
渡辺南隠(1834~1904 / 幕末明治期の臨済宗僧侶 禅僧として白山道場を開単 広瀬淡窓門下)(2010.08.16 防災格言)
福沢諭吉(1835~1901 / 啓蒙思想家 慶應義塾創設者 「脱亜論」を提唱)(2010.09.20 防災格言)
五代友厚(1835~1885 / 幕末明治期の薩摩藩士・実業家 大阪経済界の功労者)(2021.04.05 防災格言)
坂本龍馬(1836~1867 / 幕末の尊皇派の志士 土佐藩郷士)(2015.10.19 防災格言)
山岡鉄舟(1836~1888 / 幕末明治期の政治家 一刀正伝無刀流開祖 明治天皇の侍従)(2010.08.09 防災格言)
大倉喜八郎(1837~1928 / 実業家 大倉財閥の設立者 従三位男爵)(2020.08.03 防災格言)
安田善次郎(1838~1921 / 実業家 安田財閥の創設者)(2011.01.03 防災格言)
大隈重信(1838~1922 / 佐賀藩士・内閣総理大臣(第8,17代)早稲田大学創立者 侯爵)(2010.09.27 防災格言)
渋沢栄一[1](1840~1931 / 幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](1840~1931 / 幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
井上省三(1845~1886 / 旧長州藩士の実業家・技術者 「日本毛織物工業の父」)(2022.05.30 防災格言)
橋本綱常(1845~1909 / 医師 陸軍軍医総監 東京大学医科大学教授 子爵 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
三浦梧楼(1847~1926 / 武士・政治家 陸軍中将 子爵 号は観樹)(2015.12.21 防災格言)
益田孝(1848~1938 / 幕府軍騎兵隊長・三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
乃木希典(1849~1912 / 武士・長府藩士 陸軍大将 学習院院長(第10代))(2021.05.03 防災格言)
安政江戸地震の際の江戸幕府の町触れ(1855年)(2008.12.08 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事