防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

随筆風仮名草子『可笑記』に書き記された如儡子の格言(仮名草子作家)[今週の防災格言309]

time 2013/11/11

随筆風仮名草子『可笑記』に書き記された如儡子の格言(仮名草子作家)[今週の防災格言309]


『 人はただよろず少しの事に心をよせ気をもつけて、つつしみ分別すべし。
すで大事だいじと成ては後悔こうかいえきあるまじ。 』

如儡子(1603頃〜1674 / 仮名草子作家・武士 代表作『可笑記』)

格言は『可笑記(寛永19(1642)年)』巻一の最終項より。

如儡子(にょらいし じょらいし / 本名:斎藤親盛)は、江戸時代に活躍した出羽国(山形県)酒田筑後町出身の仮名草子作者。徒然草に倣った随筆集『可笑記(かしょうき)』や『百八町記(ひゃくはちちょうき)』の著者として知られる。
山形藩主・最上家親(もがみ いえちか / 1582〜1617 最上家第12代当主)の家臣として川北奉行を務めた斎藤筑後守盛広の嫡男に生まれ、18歳頃まで主君家親の側近くに仕えたが、元和8(1622)年のお家騒動により最上家が改易されると、以降は浪人となり貧しい生活を送る。江戸に出て医者をしながら仮名草子『可笑記(かしようき)』を著し、浅井了意(あさいりようい / 1612〜1691 浄土真宗僧侶・仮名草子作家)に認められた。万治3(1660)年に長男・秋盛(ときもり)が陸奥国(福島県)二本松藩・丹羽光重に仕官したのに伴い二本松へ移住、晩年はこの地で俳諧に興じ、72歳で死去。


全文
むかし去人の云るは、人はただ萬少しの事に心をよせ気をも付て、慎み分別すべし、既に大事と成ては、後悔ゑきあるまじ、されば泯江のはじめには、濫觴(さかづきをうかべ)、楚に入りてはすなはち底なしとて、唐楚国のかたはらに、泯江と云て、いかにも広大に底ふかく、海のごとくなる江あり、此水上を尋れば、いかにもちいさき盃をうかべる程ほそけれども、漸々と水ながれ重り、楚国にてはるかに広く、ちひろふかき泯江とはなれるとかや、又ふるき名歌にも、

筑波根のみねより落るみなの河  戀ぞ積て淵と成けり
この心は、ひだちの国にみなの川とて広くふかき川あり、此川の水上は、筑波山のみねより落る苔の岩まの雫也けり、真そのごとく、戀といふ物は、かいま見そめし人の俤(おもかげ)は、いかにもほのかにかすかなるしるべなれども、其面影をわすれかねて、つやつやこひ忍る事、漸々とかさなつて、つもりて後には身をくだき、命を捨るほど大きなる戀のわづらひとなれるよしなり、萬につきて心得あるべし。


■「如儡子」に関連する防災格言内の記事
上杉鷹山(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政(1)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政(2)(2011.12.05 防災格言)
吉田兼好(2)(2012.06.04 防災格言)
吉田兼好(1)(2010.01.04 防災格言)
鴨長明(2008.03.31 防災格言)
江島其磧(2009.06.22 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ