防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

『日本書紀』に遺されている宣化天皇(6世紀頃)の非常時のための食料備蓄についての詔勅 [今週の防災格言297]

time 2013/08/19

『日本書紀』に遺されている宣化天皇(6世紀頃)の非常時のための食料備蓄についての詔勅 [今週の防災格言297]


くらいもの天下あめのしたもとなり。黄金こがねよろずはかりありとも、いいうえいやすべからず。白玉しらたま千箱ちはこありとも、何ぞこいを救はむ。 』

“食者天下之本也。黄金万貫不可療飢。白玉千箱、何能救冷。”

宣化天皇(467頃〜539 / 第28代天皇 在位536年〜539年 継体天皇の第2皇子)

「白玉(しらたま)」は、真珠の意。
「冷(こい)」は、寒さのためにこごえることの意。

つまり、「食料は天下の基本であり、例え、黄金が万貫あっても飢えを癒すことはできず。真珠が千箱あっても寒さをしのぐことはできない」の意。

格言は、日本最古の正史『日本書紀(養老4(720)年)』の巻第十八・武小広国押盾天皇(たけをひろくにおしたてのすめらみこと)宣化天皇の条より。
宣化天皇元(AD536)年、帝位を継いだ宣化天皇が、非常時に備えて、那津(なのつ=現在の博多付近)に、各地から集めた食料を保管する官家(みやけ)を作らせたという詔勅(しょうちょく)として伝わるもの。

当時、大和朝廷は、継体天皇21(AD527)年に発生した筑紫(つくし)国造(くにのみやつこ)磐井(いわい)の乱より以降、九州北部の支配を強化するために、軍事・外交上の重要拠点として那津に官家を置いたと考えられている。この那津官家に関する記録はほとんどないため、実態が判明していないが、後の地方行政機関である大宰府に繋がるという説がある。

「官家(みやけ)」は「屯倉」「屯家」「御宅」「三宅」「三家」とも書かれ、家や倉や水田などが付属した直轄地を指し、大化の改新で廃止されるまで大和朝廷の経済的支配基盤となったものだが、詳しいことは分っていないという。

■「宣化天皇」に関連する防災格言内の記事
宣化天皇(第28代天皇)(2013.08.19 防災格言)
大正天皇(第123代天皇)(2013.10.07 防災格言)
源為憲(平安時代中期の文学者)(2018.03.05 防災格言)
藤原敦光(平安時代の文人 堀河・鳥羽・崇徳の3代の天皇の侍読)(2011.09.05 防災格言)
山岡鉄舟(明治の政治家 明治天皇の侍従)(2010.08.09 防災格言)
渡部昇一(英語学者・評論家)(2017.04.24 防災格言)
福永武彦(作家)(2016.09.19 防災格言)
鈴木重胤(江戸時代の国学者)(2015.11.30 防災格言)
美智子皇后陛下(2010.10.18 防災格言)
中島湘煙 (女性解放運動家・明治初期の宮中女官・文事御用掛)(2011.07.25 防災格言)
下田歌子 (歌人・明治の宮中女官)(2009.12.14 防災格言)
岡野弘彦(歌人・昭和・平成の宮内庁御用掛)(2010.06.21 防災格言)
三浦梧楼(政治家・子爵 大正時代の宮中顧問官)(2015.12.21 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災検定,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ