防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

書籍『迫る東海地震』に記された村上処直が残した格言(防災アドバイザー)[今週の防災格言108]

time 2009/12/07

書籍『迫る東海地震』に記された村上処直が残した格言(防災アドバイザー)[今週の防災格言108]


『 危険を正確に知らせ、
また住民もそれを知ることが、
対策の一歩。 』

村上處直(1935〜 / 都市防災専門家 工学博士 防災都市計画研究所代表)

村上処直(むらかみ すみなお)氏は、戦後日本の都市防災計画の中心的な役割を果たしてきた人物の一人。1970(昭和45)年、日本初の民間防災シンクタンク機関「株式会社 防災都市計画研究所」を設立。都市防災と環境の両面を考慮した空地確保のため、戦後の跡地を公園、緑地、避難広場などオープンスペースへと転用することを提唱。政府や自治体の跡地利用計画作りの中心的な役割を担ってこられた。政府の中央防災会議専門委員など務められるかたわら、横浜国大工学部教授、早稲田大学理工学総合研究センター教授など歴任、現在、日大生産工学部非常勤講師。
本格言は書籍「迫る東海地震」(神奈川新聞社 裸の都市シリーズ 1979(昭和54)年11月)より。

■「村上処直」に関連する防災格言内の記事
都市防災専門家 村上処直(2009.12.07 防災格言)
都市社会学者 磯村英一(2014.05.05 防災格言)
作家 佐々淳行(2008.6.30 防災格言)
FEMA長官 ジェームズ・L・ウィット(2010.01.11 防災格言)
元NHK解説委員 伊藤和明(2009.7.20 防災格言)
元NHK解説委員 小田貞夫(2009.08.17 防災格言)
ジャーナリスト 池上彰(2010.07.19 防災格言)
経済評論家 大和勇三(2010.03.29 防災格言)
ニュースキャスター 筑紫哲也(2009.09.21 防災格言)
軍事アナリスト 小川和久(2008.02.04 防災格言)
森田正光 (お天気キャスター)(2017.06.05 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ