防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

伊藤滋(都市計画家・都市防災家 東京大学名誉教授)が阪神淡路震災後に日本の都市防災について国会で述べた名言から。[今週の防災格言605]

time 2019/07/29

伊藤滋(都市計画家・都市防災家 東京大学名誉教授)が阪神淡路震災後に日本の都市防災について国会で述べた名言から。[今週の防災格言605]

『 災害は、お金のある人のところは通り過ぎ、お金のない人のところを徹底的にいじめに入る。 』

伊藤滋(1931~ / 都市計画家 東京大学名誉教授)

格言は、阪神淡路震災後となる1995(平成7)年3月15日に開催の国会(衆議院・建設委員会)に参考人召致された際の発言から。

曰く―――。

《 非常に大きい地震災害あるいは水害、全部自然災害が都市を襲ったときに共通している問題は、お金のある人のところは災害は通り過ぎます。お金のない人のところに徹底的に災害はいじめに入ります。これだけは御記憶いただきたい。そういう観点から都市を眺め、そういう観点から都市をよくするということをお考えいただきたい。 》

阪神地域の災害をみてきた伊藤氏は、これからの町づくりへの意見として、以下の三つの点について言及している。

一つは、亡くなった人のうち九割が建物の倒壊による圧死者で、その三分の二以上はお年寄りと思われることから、

《 日本の都市で地震のときに一番重要なのは、木造の住宅をつぶさないということ。・・・中略・・・ 古い木造の住宅が密集しているところ、そこに対しての徹底的な財政援助、これをやっていただきたい 》
と述べ。

二つ目に、行政や政治、都市計画に関わる者たちに危機感をもって「敷地」というものに配慮をすることを述べている。

具体的には《 小さい質の悪い住宅や商店建築をつくっていただきたくないということです。・・・中略・・・ 非常に質の悪い木造の建物が密集しているところで敷地の最小限規模を決めて、その一方で、所得の低い人にしわ寄せがいかないよう救済措置をする 》。

三番目は 《 水をとにかく町の中に入れて備蓄する 》こと。

《 昔は市街地の中に堰というのがありまして、特に地方都市は、そこで御婦人の方々が大根なんかを洗っておられましたね。ああいうふうに町の中に水が流れていた。そういう町をもう一回復活していただく努力をしていただきたい。ですから、何でもかんでも都市を乾かしてしまうのではなくて、都市の表面を湿らせていく。水路を切り開くのもいいと思いますし、堰をつくるのもいいと思いますし、運河を入れるのもいいと思います 》。

伊藤 滋(いとう しげる)氏は、日本を代表する都市計画家・都市防災家の一人。

1931(昭和6)年8月20日、「チャタレイ夫人の恋人」の翻訳などで知られる無頼派作家・伊藤整(1905~1969)の長男として東京都杉並区に生まれる。
成蹊学園を経て、1955(昭和30)年、東京大学農学部林学科を卒業後、東京大学工学部建築学科に編入学。1957(昭和32)年建築学科を卒業すると東京大学大学院(修士・博士)へ進学。都市計画家の高山英華に師事。1962(昭和37)年、工学博士号を取得。大学院修了式では工学系研究科総代となった。
1963(昭和38)年より米国ボストンに留学し、帰国後の1965(昭和40)年東京大学工学部都市工学科助教授となり、1981(昭和56)年同教授。他に早稲田大学特命教授(2018年まで)、慶應義塾大学大学院客員教授(2001年まで)、東京大学名誉教授。
阪神淡路震災を契機として1995(平成7)年7月に政府の特別機関として新設された「地震調査研究推進本部」では、初代政策委員会委員長に就任され、現在に続く国の地震調査・研究体制の確立に多大な貢献をした。
NPO日本都市計画家協会会長、アジア防災センター・センター長、旧建設省都市計画中央審議会会長、阪神・淡路復興委員会委員、内閣官房都市再生戦略チーム座長、国土審議会、都市計画中央審議会委員、2030年東京都心市街地像研究会座長などを歴任。伊藤滋都市計画事務所主宰。
主な設計に、千里ニュータウン中央地区センター設計(1963年)、山形市都市基本計画(三浦記念賞受賞)(1967年)、浦安地区住宅地基本設計(1978年)など。
主な業績として、小泉純一郎内閣のときに都市再生特別措置法の成立に寄与、埼玉新都心計画、高蔵寺Newtown計画、吉祥寺中心市街地再開発計画、第5次全国総合開発(日本のグランドデザイン)などに携った。

■「伊藤滋」「建築家」「都市計画家」に関連する防災格言内の記事
小泉純一郎(政治家)(2008.06.02 防災格言)
後藤新平(都市計画家・政治家・医師 関東大震災後の内務大臣兼帝都復興院総裁)(2010.4.26防災格言)
池田宏(都市計画家 関東大震災後の東京市助役・内務省社会局長官))(2017.10.30防災格言)
ル・コルビュジエ(建築家・都市計画家 現代建築の巨匠)(2017.10.02防災格言)
坂茂(建築家 プリツカー賞受賞(2014年))(2016.03.21防災格言)
安藤忠雄(建築家 後藤新平賞(第4回))(2008.10.6防災格言)
横河民輔(建築家 横河グループ創業者)(2010.2.8防災格言)
武田五一(建築家・都市計画家 京都大学建築学科初代教授)(2010.6.28防災格言)
下河辺淳(建設官僚・都市計画家 国土庁事務次官)(2018.04.23防災格言)
伊藤滋(都市計画家 東京大学名誉教授)(2019.07.29 防災格言)
村上処直(都市防災家)(2009.12.07 防災格言)

■「阪神淡路大震災」に関連する防災格言内の記事
田辺聖子(作家・随筆家 文化勲章受章)(2019.06.17 防災格言)
堺屋太一(作家・経済評論家 経済企画庁長官(第55~57代))(2019.02.11 防災格言)
吉田正輝(大蔵官僚・銀行局長 兵庫銀行頭取)(2019.01.28 防災格言)
柴田俊治(ジャーナリスト 朝日放送社長 朝日新聞記者)(2019.01.07 防災格言)
佐々淳行[2](評論家 警察官僚・初代内閣安全保障室長)(2018.10.15 防災格言)
下河辺淳(建設官僚・都市計画家 国土庁事務次官)(2018.04.23 防災格言)
西原春夫(法学者 早稲田大学総長)(2018.04.09 防災格言)
黒岩重吾(直木賞作家)(2018.01.22 防災格言)
牧冬彦 (神戸製鋼所社長・神戸商工会会頭)(2018.01.08 防災格言)
斎藤富雄 (兵庫県初代防災監 兵庫県副知事)(2017.11.20 防災格言)
遠藤勝裕 (震災時の日本銀行神戸支店長)(2017.05.15 防災格言)
瀬島龍三 (伊藤忠商事会長)(2017.02.13 防災格言)
河野保(元朝日監査法人代表 日本公認会計士協会近畿会会長)(2011.01.10 防災格言)
余禄(毎日新聞 1995年1月18日朝刊)より(2016.01.18 防災格言)
天声人語(朝日新聞 1995年1月27日朝刊)(2009.01.19 防災格言)
兵庫県知事 貝原俊民(2014.11.01 防災格言)
牧師 草地賢一(2011.08.29 防災格言)
FEMA長官 ジェームズ・L・ウィット(2010.01.11 防災格言)
気象庁長官 和達清夫(2007.12.03 防災格言)
防衛事務次官 依田智治(2007.12.10 防災格言)
美智子上皇后陛下(2010.10.18 防災格言)
政治家 後藤田正晴(2010.11.29 防災格言)
政治家・村山富市(震災時の首相)(2007.12.31 防災格言)
政治家・野中広務(震災時の自治大臣)(2018.02.12 防災格言)
政治家・池端清一(2008.01.07 防災格言)
政治家・鳩山由紀夫(2009.08.31 防災格言)
東京都知事 鈴木俊一(2008.10.13 防災格言)
元社団法人・全国産業廃棄物連合会技術部長 高橋壽正(2012.01.16 防災格言)
建築学者 早川和男(2014.06.16 防災格言)
作家 司馬遼太郎(2015.01.12 防災格言)
推理作家 斎藤栄(2014.03.03 防災格言)
指揮者 朝比奈隆(2014.03.10 防災格言)
指揮者 岩城宏之(2008.02.18 防災格言)
作家 筒井康隆(2013.02.18 防災格言)
作詞家 阿久悠(2013.06.17 防災格言)
放送作家 藤本義一(2011.01.17 防災格言)
作家 小松左京(2011.08.01 防災格言)
作家 髙村薫(2013.07.29 防災格言)
作家 藤原智美(2013.08.12 防災格言)
作家 陳舜臣(2015.01.26 防災格言)
映画監督 大森一樹(2013.04.08 防災格言)
ニュースキャスター 筑紫哲也(2009.09.21 防災格言)
作家 伊集院静(2012.02.27 防災格言)
映画監督・白羽弥仁(2008.01.21 防災格言)
将棋棋士・谷川浩司(2013.03.04 防災格言)
医師・西村明儒(2009.12.21 防災格言)
落語家・六代目 桂文枝(桂三枝)(2015.01.19 防災格言)
中内功・ダイエー創業者(2009.09.07 防災格言)
本田宗一郎・ホンダ創業者(2012.12.31 防災格言)
秋山富一・住友商事会長(2013.09.02 防災格言)
領木新一郎・大阪ガス元会長(2008.11.03 防災格言)
久我 徹・博報堂関西支社長(2009.04.06 防災格言)
元台湾総統 李登輝(2015.07.13 防災格言)
ラジオパーソナリティー 永六輔(2016.07.18 防災格言)
科学評論家・元NHK解説委員 村野賢哉(2016.08.08 防災格言)
美術史家・西川杏太郎(2017.01.16 防災格言)
川柳作家・時実新子(2017.01.23 防災格言)
芸術評論家・多木浩二(2013.01.14 防災格言)
政治家 羽田孜(内閣総理大臣(第80代))(2017.09.04 防災格言)
外交評論家 岡本行夫(元外務省安全保障課長)(2018.08.20 防災格言)
作家 田中康夫(元長野県知事 元衆議院議員)(2019.01.14 防災格言)
プロテニスプレーヤー 沢松奈生子(2008.1.14 防災格言)
MLB選手 イチロー(2013.08.26 防災格言)
プロゴルファー 古市忠夫(神戸市長田区で罹災)(2019.07.08 防災格言)
阪神淡路震災より18年(2013.01.17 店長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災食,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ