防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

横河民輔が著書『地震』に記した格言(横河グループ創業者)[今週の防災格言117]

time 2010/02/08

横河民輔が著書『地震』に記した格言(横河グループ創業者)[今週の防災格言117]


『 地震は災の最劇なる者なり 最も恐るべき者なり 壮麗盛飾の宮殿も貴重美艶の財寳珠玉も一瞬間に支離滅裂 或は鑠石混泥に葬らる。 』

横河民輔(1864〜1945 / 建築家・工学博士 実業家 横河グループ創業者)

日本の鉄骨建築の先駆者である横河民輔(よこがわ たみすけ)は、1903(明治36)年、横河工務所(現・横河建築設計事務所)を開設、建築家として日本工業倶楽部、日本橋三越、有楽座、三井本館、帝国劇場など著名な建築物を設計。
帝国大学工科大学造家学科(現・東大工学部建築学科)で建築学を学んでいた頃から、東京下町の建物の地震耐震化をテーマに研究、卒業後間もなく持論『地震』を刊行する。
寡黙な人柄で、面倒見がよく、関わった多くの人物や協会などに惜しげもなく私財を投じた。また、中国古陶磁器収集でも知られ、後に国立博物館に「横河コレクション」を寄贈している。
この格言は、自著『地震』(1891(明治24)年 金港堂)序文より。

■「建築家」に関連する防災格言内の記事
建築家 坂茂(2016.03.21 防災格言)
建築家・安藤忠雄(2008.10.6 防災格言)
建築家・横河民輔(2010.2.8 防災格言)
建築家・武田五一(2010.6.28 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ