防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

義農作兵衛が享保の大飢饉の時に遺した格言(伊予国松山藩筒井村農民)[今週の防災格言71]

time 2009/03/23

義農作兵衛が享保の大飢饉の時に遺した格言(伊予国松山藩筒井村農民)[今週の防災格言71]


『 農は国の基、種子は農の本。一粒の種子が来年には百粒にも千粒にもなる。僅かの日生きる自分が食してしまって、どうして来年の種子ができるか。身を犠牲にして幾百人の命を救うことができたら私の本望である。 』

義農作兵衛(1688〜1732 / 江戸時代 伊予国松山藩筒井村の農民)

享保17(1732)年の夏、西日本を中心に害虫の雲霞(うんか)が異常繁殖し稲を食い尽くした。江戸四大飢饉の「亨保の大飢饉」の始まりである。
人々は食べるものも無く、飢えて餓死する者が続出し、松山藩筒井村の貧農だった作兵衛(さくべえ)も、飢饉で父と息子を亡くし、そして自身も飢えで動けなくなった。
村人たちは作兵衛へ、命には代えられないので、耕作途中の種籾を食べることを勧めたが、作兵衛は「農は国の基・・・」と言い残し死んでいった。
村人たちは作兵衛が残した種籾で次の年を乗り切ったという。
安永5(1776)年、伊予松山藩主・松平定静(まつだいら さだきよ)は作兵衛の尊い死に感銘し顕彰頌徳碑を建立。
彼の残した義農精神は模範の農民として現代にも語り継がれている。

義農作兵衛の墓

■「義農作兵衛」に関連する防災格言内の記事
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
浜口梧陵(江戸時代後期~明治初期の実業家 ヤマサ醤油第7代目社長(2007.12.24 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
万亭応賀(江戸・明治の戯作者 代表作「釈迦八相倭文庫」)(2019.04.15 防災格言)
鈴木重胤(幕末の国学者)(2015.11.30 防災格言)
如儡子(江戸中期の仮名草子作家・武士 代表作『可笑記』)(2013.11.11 防災格言)
仮名草子「長者教」より(2016.08.15 防災格言)
江島其磧(江戸中期の浮世草子作者 浄瑠璃作者)(2009.06.22 防災格言)
秦宗巴(江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)
広瀬淡窓 (江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
渡辺南隠 (広瀬淡窓門下の臨済宗僧侶)(2010.08.16 防災格言)
三井高房(1684~1748 / 江戸中期の豪商 3代目三井総領家(三井財閥))(2019.05.13 防災格言)
常盤潭北(江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
上田秋成(江戸後期の国学者・歌人・読本作者 代表作「雨月物語」)(2015.11.02 防災格言)
津田真道(幕末・明治初期の法学者・啓蒙思想家・官僚)(2015.08.03 防災格言)
橘南谿 (江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
大淀三千風(江戸時代の俳人)(2010.12.27 防災格言)
松尾芭蕉(江戸時代の俳人・俳聖)(2010.12.20 防災格言)
義農作兵衛(江戸時代中期の伊予国松山藩筒井村の農民)(2009.03.23 防災格言)
小林一茶(江戸時代の俳人 生涯に約二万の発句を残した)(2009.03.16 防災格言)
浜口梧陵(江戸時代後期~明治初期の実業家 ヤマサ醤油第7代目社長(2007.12.24 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,防災グッズ,非常食
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ