防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

熊沢蕃山の治水山林事業の名言(1619~1691 / 江戸時代前期の儒者・武士 陽明学者)[今週の防災格言769]

time 2022/10/03

熊沢蕃山の治水山林事業の名言(1619~1691 / 江戸時代前期の儒者・武士 陽明学者)[今週の防災格言769]


『 水はたかきよりいでひくきく。 』

 

熊沢蕃山(1619~1691 / 江戸時代前期の儒者・武士 陽明学者)

 

熊沢蕃山(くまざわ ばんざん)は、江戸時代前期の経世家・思想家(陽明学者)で、当時の治水山林事業の第一人者です。

彼は、徳川家二代将軍・秀忠の時代に生まれ、五代将軍・綱吉の時代に亡くなった人物で、この時代は、島原の乱(1636年)、由井正雪の乱(1651年)などの大事件を経て、徳川幕藩体制の確立期のなかにありました。

蕃山は、政治・経済の優れた知識から岡山藩主池田光政に招かれ、家老に次ぐ地位の三千石の鉄砲組番頭に取り立てられました。そして、藩政の指導的な役割を担い、後に名君と呼ばれた池田光政の仁政を助けました。

蕃山の献策は、軍事面から教育振興、災害対策と農業土木に至るまで、国政全般に及んでいます。

とくに岡山藩の岡山城下は、瀬戸内海に面し、北から流れる旭川のほとりの立地のため、たびたび海や川の氾濫で洪水に襲われ、頑丈な堤が必要でした。

蕃山は

山川は天下の源であり、また山は川の本である

治水・治林・治山は国家の興亡問題である

と説き、国の発展と領民の救済を両立するための水害予防に心血を注ぎます。

その思想の根底には「天人合一」という自然環境の保護の政治哲学があり、むやみやたらな森林伐採や新田開発を行なう愚を説きました。

曰く―――。

昔は川(かわ)深(ふか)ければ大方(おおかた)の大雨(おおあめ)大水(おおみず)にては田地(でんち)家屋敷(いえやしき)を害(そこな)うこと無(なか)りき。今は川は浅し。山々に雨水(あまみず)を貯(たく)はゆる草木(そうもく)はなし。少しの水も中水(ちゅうみず)となり。中水は大水(おおみず)となり。大水なれば堤を越え破り、田地、家屋敷を害(そこな)ふこと多し。其上(そのうえ)左(ひだり)の堤強ければ右の堤を破り。左右共に強ければ、川下(かわしも)を破るといへり。是(これ)皆(み)な川の埋(うも)れて深からぬ患(うれい)なり。夏(か)、商(しょう)、周(しゅう)の三代の末の亡びんとては、川々浅く成(な)りたるとある事も、天下久しく無事にして驕(おご)り極(きわま)り、山澤(さんたく)の地理を乱(みだ)りて古法(こほう)を用いざる故也。今の分(ぶん)にて山川(さんせん)の政(まつりごと)おはしまさずば、数十分の内には大阪並びに諸国の川口(かわぐち)の道路(つうろ)成難(なりがた)かるべし。

…(中略)…

水は高(たかき)より出(いで)て下(ひくき)に就(つ)く。人の口上に有(あり)て唾(つば)の生ずるが如し。谷々の小水雨露(しょうすいうろ)の滴(したた)り落(おち)添(そ)うをも勿論の儀也。然れども卅日(30日)程も旱(ひでり)する時はその小水は乾きぬ。只(ただ)かの水上(みなかみ)のみ絶えず、その小水と雖(いえど)も神気(しんき)の薄ければその流(ながれ)も少しき也。

山川(さんせん)は天下の源(げん)也(なり)。山又(また)川の本(もと)也。古人の心ありて立(た)て置(おき)し山澤(さんたく)を切荒(きりあら)し、一旦の利を貪(むさぼ)るものは、子孫亡(ほろぶ)ると云(い)へり。諸国共に斯(かく)の如くなれば、天下の本源(ほんげん)已(すで)に絶(た)つに近し。斯(か)くて世中(よのなか)立(た)ちがたし。

(柘城学人著「熊沢蕃山教訓録」(明治44年)より)

今後も発生するであろう天災を予め減らすことで、その土地の収穫が増し、更なる発展をすることを企図した蕃山は、綿密な計画を行って、自ら土木工事現場へと足を運び、その土地の者の意見を聴き、川筋の住民には現状を説明し、時間をかけ用意周到に新たな堤防や溜め池などの土木事業に臨んだといいます。

1654年(承応3年)備前平野を襲った洪水と大飢饉の後、蕃山は「川除けの法」と呼ばれる洪水対策システムを考案し、その発想を基礎に着工された人工河川「百間川(ひゃっけんがわ)」は、洪水からおよそ30年後の1686年(貞享3年)に完成し、今も岡山県岡山市に流れています。

… … …

 

1619年(元和5年)、京都稲荷(京都府京都市下京区)の浪人・野尻藤兵衛一利の長男に生まれる。幼名は左七郎。諱は伯継(しげつぐ)、字は了介(りょうかい)、号は蕃山。晩年は息游軒(そくゆうけん)などと号した。
8歳の時、母方の祖父の養子となり熊沢姓となる。10代で岡山藩に出仕するが、一時官職を辞し、郷里の近江(滋賀県)で近江聖人と謳われた陽明学者・中江藤樹の門弟となった。正保2年(1645年)に復職すると藩主池田光政に重用され藩政を主導した。後の岡山藩藩学の前身となる藩校(学校)を起草し、飢饉では領民救済に尽力し、土木事業による災害の軽減、農業政策を充実させるなど、岡山藩初期に大胆な藩政改革に取り組むが、守旧派の家老らと対立を生み、幕府からの批判もあり、1657年(明暦3年)39歳で岡山藩を去り隠退した。
1658年(万治元年)京都に移り私塾を開くと数多の武士や町人に師事され、その間に豊後岡藩(大分県竹田市)や古河藩領(茨城・栃木)から招かれて治山治水事業の指導などを行った。その優れた才覚と人徳に周囲の高僧や公卿衆らも感化されることになると、再び幕府の監視下に置かれ、朝廷との仲が親密になることを恐れた時の京都所司代牧野親成によって1667年(寛文7年)京都追放処分となった。京都を追われた蕃山は、大和国吉野郷(奈良県吉野郡)や山城国鹿背山(京都府木津川市)に隠棲するが、1669年(寛文9年)51歳のとき、縁あって播磨国(兵庫県)明石藩主松平信之に身柄お預けとなり、太山寺(神戸市西区)で約十年間を学問や著述活動に専念した。1679年(延宝7年)松平信之の転封に伴い明石より大和郡山(奈良県)へ移住する。1687年(貞享4年)、蕃山が69歳のとき、著書が幕政批判をしたとされ、幕命によって、松平信之の嫡子であった下総古河藩主松平忠之に預けられ、古河城(茨城県古河市)にて蟄居謹慎、1691年(元禄4年)この地で客死した。享年73。

蕃山の死後もその思想哲学は残り、没後百数十年後の幕末・明治維新の原動力として多大な影響を及ぼした。蕃山の信奉者には勝海舟や佐久間象山、吉田松陰、西郷隆盛、大久保利通、島津斉彬などがいる。











■「江戸時代の儒学者・儒者・思想家・経世家」などに関連する防災格言内の記事
鍋島直茂(1538~1618 / 肥前佐賀藩祖)(2014.02.24 防災格言)
秦宗巴(1550~1607 / 江戸初期の医者 豊臣秀次、徳川家康侍医)(2019.08.05 防災格言)
藤原惺窩(1561~1619 /戦国時代から江戸初期の儒学者)(2009.08.24 防災格言)
林羅山(1583~1657 / 江戸初期の儒学者・朱子学者 徳川家康以下4代の将軍の侍講)(2012.8.6 防災格言)
如儡子(1603頃~1674 / 江戸中期の仮名草子作家・武士 代表作『可笑記』)(2013.11.11 防災格言)
中江藤樹(1608~1648 / 江戸初期の儒学者・陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
熊沢蕃山(1619~1691 / 江戸時代前期の儒者・武士 陽明学者)(2022.10.03 防災格言)
山鹿素行[1](1622~1685 / 江戸初期の兵学者・儒学者・思想家)(2018.04.16 防災格言)
山鹿素行[2](1622~1685 / 江戸時代前期の兵学者・儒学者・思想家 古学派の祖)(2021.05.10 防災格言)
安東省庵(1622~1701 / 江戸初期の儒学者)(2011.08.08 防災格言)
伊藤仁斎(1627~1705 / 江戸初期の儒学者)(2016.11.28 防災格言)
仮名草子「長者教」より(作者不明 / 寛永4(1627)年刊)(2016.08.15 防災格言)
大淀三千風(1639~1707 / 江戸時代の俳人)(2010.12.27 防災格言)
松尾芭蕉(1644~1694 / 江戸時代の俳人・俳聖)(2010.12.20 防災格言)
新井白石(1657~1725 / 江戸中期の儒学者・朱子学者 六代将軍・徳川家宣の侍講)(2013.05.06 防災格言)
室鳩巣(1658~1734 / 江戸中期の儒学者 徳川家宣、家継、吉宗ら3代の将軍の侍講)(2013.04.29 防災格言)
山本常朝(1659~1719 / 江戸時代の武士・肥前国佐賀鍋島藩士)(2018.09.10 防災格言)
荻生徂徠(1666~1728 / 江戸中期の儒学者・思想家 古文辞学派の祖)(2010.8.2 防災格言)
江島其磧(1666~1735 / 江戸中期の浮世草子作者 浄瑠璃作者)(2009.06.22 防災格言)
常盤潭北(1677~1744 / 江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
義農作兵衛(1688~1732 / 江戸時代中期の伊予国松山藩筒井村の農民)(2009.03.23 防災格言)
三井高房(1684~1748 / 江戸中期の豪商 3代目三井総領家(三井財閥))(2019.05.13 防災格言)
中根東里(1694~1765 / 江戸中期の儒学者・陽明学者)(2010.03.22 防災格言)
吉益東洞(1702~1773 / 江戸時代の漢方医 日本近代医学中興の祖)(2020.05.11 防災格言)
伊勢貞丈(1718~1784 / 江戸中期の有職故実家 幕府寄合・御小姓組蕃士)(2014.02.03 防災格言)
上田秋成(1734~1809 / 江戸後期の国学者・歌人・読本作者 代表作「雨月物語」)(2015.11.02 防災格言)
莅戸善政[1](1735~1803 / かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2](1735~1803 / かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
上杉鷹山(1751~1822 / 江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
脇坂義堂(生年不詳~1818 / 江戸中期・後期の心学者)(2019.05.27 防災格言)
本多利明(1743~1821 / 江戸後期の経世思想家・西洋学者・数学者)(2022.07.04 防災格言)
橘南谿(1753~1805 / 江戸時代の医師 朝廷医官)(2011.07.04 防災格言)
小林一茶(1763~1828 / 江戸時代の俳人 生涯に約二万の発句を残した)(2009.03.16 防災格言)
滝沢馬琴(曲亭馬琴)(1767~1848 / 江戸後期の戯作者・読本作家 代表作「南総里見八犬伝」)(2020.06.08 防災格言)
佐藤一斉(1772~1859 / 江戸時代後期の陽明学者(朱子学)・江戸昌平坂学問所総長)(2011.05.16 防災格言)
広瀬淡窓(1782~1856 / 江戸後期の儒学者)(2015.05.04 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(1787~1856 / 江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
徳川斉昭(1800~1860 / 幕末の大名・常陸水戸藩主(第9代))(2015.08.17 防災格言)
伊藤圭介(1803~1901 / 幕末明治期の博物学者・医師 日本初の理学博士 東京大学名誉教授 男爵)(2021.06.28 防災格言)
鈴木重胤(1812~1863 / 幕末の国学者)(2015.11.30 防災格言)
真木和泉(1813~1864 / 幕末期の尊皇攘夷派の志士 天王山で自害)(2012.11.05 防災格言)
鍋島直正(1815~1871 / 大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 大納言)(2019.12.09 防災格言)
万亭応賀(1819~1890 / 江戸・明治の戯作者 代表作「釈迦八相倭文庫」)(2019.04.15 防災格言)
浜口梧陵(1820~1885 / 江戸時代後期~明治初期の実業家 ヤマサ醤油第7代目社長(2007.12.24 防災格言)
勝海舟[1](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2012.12.03 防災格言)
勝海舟[2](1823~1899 / 江戸・明治の政治家 従五位下・安房守 日本海軍の生みの親 伯爵)(2022.08.29 防災格言)
佐野常民(1823~1902 / 佐賀藩士・政治家 初代日本赤十字社社長 伯爵)(2013.02.11 防災格言)
山内容堂(1827~1872 / 幕末の大名 土佐藩15代藩主 従二位・権中納言)(2010.05.10 防災格言)
釈雲照(1827~1909 / 幕末明治期の真言宗僧侶 戒律主義「十善会」発足)(2012.02.13 防災格言)
津田真道(1829~1903 / 津山藩士 幕末・明治初期の法学者・啓蒙思想家・官僚 開成所(後の東京大学)教授)(2015.08.03 防災格言)
川路利良(1834~1879 / 薩摩藩士 初代大警視(現警視総監)「近代警察の父」)(2013.11.04 防災格言)
渡辺南隠(1834~1904 / 幕末明治期の臨済宗僧侶 禅僧として白山道場を開単 広瀬淡窓門下)(2010.08.16 防災格言)
福沢諭吉(1835~1901 / 啓蒙思想家 慶應義塾創設者 「脱亜論」を提唱)(2010.09.20 防災格言)
五代友厚(1835~1885 / 幕末明治期の薩摩藩士・実業家 大阪経済界の功労者)(2021.04.05 防災格言)
坂本龍馬(1836~1867 / 幕末の尊皇派の志士 土佐藩郷士)(2015.10.19 防災格言)
山岡鉄舟(1836~1888 / 幕末明治期の政治家 一刀正伝無刀流開祖 明治天皇の侍従)(2010.08.09 防災格言)
大倉喜八郎(1837~1928 / 実業家 大倉財閥の設立者 従三位男爵)(2020.08.03 防災格言)
安田善次郎(1838~1921 / 実業家 安田財閥の創設者)(2011.01.03 防災格言)
大隈重信(1838~1922 / 佐賀藩士・内閣総理大臣(第8,17代)早稲田大学創立者 侯爵)(2010.09.27 防災格言)
渋沢栄一[1](1840~1931 / 幕臣・日本資本主義の父)(2013.03.18 防災格言)
渋沢栄一[2](1840~1931 / 幕臣 官僚・実業家・教育者 日本資本主義の父)(2019.07.15 防災格言)
井上省三(1845~1886 / 旧長州藩士の実業家・技術者 「日本毛織物工業の父」)(2022.05.30 防災格言)
橋本綱常(1845~1909 / 医師 陸軍軍医総監 東京大学医科大学教授 子爵 橋本左内の実弟)(2014.05.12 防災格言)
三浦梧楼(1847~1926 / 武士・政治家 陸軍中将 子爵 号は観樹)(2015.12.21 防災格言)
益田孝(1848~1938 / 幕府軍騎兵隊長・三井物産創設者)(2015.05.25 防災格言)
乃木希典(1849~1912 / 武士・長府藩士 陸軍大将 学習院院長(第10代))(2021.05.03 防災格言)
安政江戸地震の際の江戸幕府の町触れ(1855年)(2008.12.08 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事