防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

『行脚の掟』に記された大淀三千風が遺した格言(俳人)[今週の防災格言163]

time 2010/12/27

『行脚の掟』に記された大淀三千風が遺した格言(俳人)[今週の防災格言163]


不借身命ふじゃくしんみょうの境界、無常迅速むじょうじんそく夢幻泡影むげんほうよう、忘れまじき事 』

大淀三千風(1639〜1707 / 江戸前期の俳人 生涯を旅に明け暮れた)

不借身命(ふじゃくしんみょう)は、正方のため命を惜しまず尽くすこと。
無常迅速(むじょうじんそく)は、人の世の移り変わりが非常に速いこと。
夢幻泡影(むげんほうよう)は、人生がはかないことの例え。

この格言は『行脚の掟』より。

北は岩手・秋田から西は熊本・長崎まで諸国遍歴の旅に出て、多くの句文を残した「行脚俳人」として知られる大淀三千風(おおよど みちかぜ)。本名を三井友翰(ともふみ)と言い、伊勢国射和(現・三重県松阪市射和町)の商家に生まれ、十代の頃、京都の島原で俳句を学び、30歳を過ぎてから俳諧師となり、日本三景の松島見物に出かけ、そのまま仙台に住みつく。仙台松島を題材に全国の俳人から句や歌を募って 『松島眺望集(1682年)』を出版。この時の人脈を頼り、日本行脚に出かけ以降7年間に3800余里(約15,200km)を巡行した。
三千風の影響から松尾芭蕉が「奥の細道」の旅に出たのは、三千風が出発してから6年後のことであったという。
大淀三千風

■「大淀三千風」に関連する防災格言内の記事
松尾芭蕉(2010.12.20 防災格言)
常盤潭北(江戸時代中期の俳人 医者・教育者)(2017.07.03 防災格言)
斉藤茂吉(歌人 アララギ派の中心人物)(2009.03.09 防災格言)
正岡子規(俳人・歌人)(2018.08.13 防災格言)
荻原井泉水 (俳人・随筆家)(2017.02.27 防災格言)
大曲駒村(俳人・作家)(2012.08.27 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ