防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

マイケル・ポーラン(アメリカのジャーナリスト カリフォルニア大学教授)が著書『The Botany of Desire: A Plant’s-Eye View of the World』に記したアイルランドを襲ったジャガイモ飢饉についての名言 [今週の防災格言248]

time 2012/09/10

マイケル・ポーラン(アメリカのジャーナリスト カリフォルニア大学教授)が著書『The Botany of Desire: A Plant’s-Eye View of the World』に記したアイルランドを襲ったジャガイモ飢饉についての名言 [今週の防災格言248]


『 アイルランドを襲った飢饉は、単一栽培モノカルチャーに関する史上最大の実験であり、同時にその愚かさをもっとも雄弁に語る事例ともなった。 』

” Ireland’s was surely the biggest experiment in monoculture ever attempted and surely the most convincing proof of its folly.”

マイケル・ポーラン(1955~ / ジャーナリスト カリフォルニア大学教授)

格言は、19世紀にアイルランドの人口を激減させたジャガイモ飢饉(The Great Irish Potato Famine of the 1840s)について著書「The Botany of Desire: A Plant’s-Eye View of the World(2001年 邦題「欲望の植物誌―人をあやつる4つの植物(西田佐知子訳 八坂書房 2003年)」)」の中で述べたもの。

1845年9月、アイルランド全域で、主食として栽培されていたジャガイモの葉が、突然黒く変色し腐敗するという疫病に見舞われた。フィトフィトラ菌によるジャガイモ胴枯病(どうがれびょう=Phytophthera infestans)である。
疫病は翌年も蔓延し、ジャガイモ単作(モノカルチャー)に過度に依存していたアイルランド農業は、実に生産高の9割以上を失い壊滅する。ところが、宗主国のイギリス政府は、何ら救済策を打ち出さなかったため、アイルランド全土は遂に大飢饉に襲われてしまった。
当時、アイルランドで800万人以上を数えた人口のうち、150万人が餓死し、200万人が食べ物を求め、アメリカやカナダに大量移住を余儀なくされた。
この「ジャガイモ飢饉(1845~1849年)」はヨーロッパの現在のアイルランド人口激減(アイルランド共和国と英領北アイルランドを合わせた現在の人口は600万人)の原因でもあり、この時の宗主国イギリスへの不満が後のアイルランド独立運動のきっかけとなったとも言われる。

マイケル・ポーラン(Michael Pollan)氏は、米国ニューヨーク・ロングアイランド生まれのジャーナリスト。 カリフォルニア大学バークレー校科学環境ジャーナリズム教授。食糧や農業、ガーデニングに関する著作を多く手がけ、ジェームス・ビアード賞、ジョン・ボローズ賞、QPBニュー・ビジョン賞、ロイター&国際自然保護連合環境ジャーナリズム・グローバル賞、全米人道協会ジェネシス賞など数々の賞を受賞している。

※日本語の格言は、内容補足の必要性から訳書原文にはなかった言葉を、私(編集主幹)の方で足しております。

Michael Pollan at Chez Panisse in 2020 by Christopher Michel

■「マイケル・ポーラン」「飢饉」に関連する防災格言内の主な記事
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
旧約聖書『創世記』41章より(2011.12.26 防災格言)

■「ジャーナリスト」に関連する防災格言内の主な記事
柴田俊治(ジャーナリスト 朝日放送社長 朝日新聞記者)(2019.01.07 防災格言)
竹内政明[1] (ジャーナリスト 読売新聞東京本社取締役論説委員)(2017.10.09 防災格言)
竹内政明[2] (ジャーナリスト 読売新聞東京本社取締役論説委員)(2018.07.16 防災格言)
高橋雄豺(新聞経営者・読売新聞社副社長 香川県知事)(2018.06.11 防災格言)
池上彰 (ニュースキャスター ジャーナリスト)(2010.07.19 防災格言)
本山彦一(実業家・大阪毎日新聞社長 貴族院議員)(2018.05.21 防災格言)
三宅雪嶺[1] (哲学者・評論家・ジャーナリスト)(2017.01.30 防災格言)
三宅雪嶺[2] (哲学者・評論家・ジャーナリスト)(2017.07.31 防災格言)
徳富蘇峰[1](ジャーナリスト・思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2009.07.27 防災格言)
徳富蘇峰[2](ジャーナリスト・思想家・評論家・歴史家・随筆家・新聞経営者)(2020.07.13 防災格言)
黒岩涙香 (ジャーナリスト)(2011.05.23 防災格言)
山下重民 (ジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
岸上克己 (社会運動家・ジャーナリスト)(2017.06.26 防災格言)
宮武外骨 (ジャーナリスト・著述家・文化史家)(2015.08.31 防災格言)
清水幾太郎(社会学者 ジャーナリスト)(2008.9.29 防災格言)
角田浩々歌客 (文芸評論家 ジャーナリスト)(2012.06.11 防災格言)
防災格言こぼれ話 「火事を待つ人」(ジャーナリスト・朝比奈知泉氏)(2010.07.29 店長コラム)
正宗白鳥(小説家・劇作家・評論家 元読売新聞記者)(2018.09.17 防災格言)
松岡俊三 (ジャーナリスト 政治家・政友会)(2016.01.25 防災格言)
高山樗牛 (文芸評論家 ジャーナリスト)(2016.02.01 防災格言)
下村海南(下村宏)[1](ジャーナリスト 内閣情報局総裁)(2016.6.27 防災格言)
下村海南(下村宏)[2](官僚政治家・歌人 拓殖大学学長(第6代))(2020.04.13 防災格言)
石山賢吉 (ジャーナリスト ダイヤモンド社創業者)(2015.02.23 防災格言)
菊池寛 (作家 ジャーナリスト)(2012.03.26 防災格言)
石原純 (作家 理論物理学者 ジャーナリスト)(2012.03.19 防災格言)
司馬遼太郎 (作家 ジャーナリスト)(2015.01.12 防災格言)
伊藤和明 (元NHK解説委員)(2009.7.20 防災格言)
小田貞夫 (元NHK解説委員)(2009.08.17 防災格言)
大和勇三 (経済評論家 日本経済新聞社ジャーナリスト)(2010.03.29 防災格言)
筑紫哲也 (ニュースキャスター ジャーナリスト )(2009.09.21 防災格言)
北村兼子 (ジャーナリスト 随筆家)(2012.11.26 防災格言)
磯村英一 (都市社会学者)(2014.05.05 防災格言)
小川和久 (軍事アナリスト ジャーナリスト)(2008.02.04 防災格言)
野間寅美 (海洋ジャーナリスト 元海上保安庁首席監察官)(2010.07.05 防災格言)
小泉八雲 (ラフカディオ・ハーン)(作家 ジャーナリスト)(2015.10.26 防災格言)
ウォルト・ホイットマン (詩人 ジャーナリスト)(2007.11.19 防災格言)
マイケル・ポーラン (ジャーナリスト カリフォルニア大学教授)(2012.09.10 防災格言)
カール・マイダンス(写真家・ジャーナリスト 取材中に偶然震度7の福井地震を体験)(2018.06.18 防災格言)
吉沢久子(1918~2019 / 生活評論家・エッセイスト)(2019.12.30 防災格言)
小野蕪子(小野賢一郎)(1888~1943 / 俳人・小説家・陶芸評論家・ジャーナリスト)(2020.11.16 防災格言)
余禄(毎日新聞 1995年1月18日朝刊)より(2016.01.18 防災格言)
天声人語(朝日新聞 1995年1月27日朝刊)(2009.01.19 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ