防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

桜島大正大噴火(1914年1月12日)の石碑「桜島爆発記念碑(通称「科学不信の碑」)」の名言 [今週の防災格言776]

time 2023/01/16

桜島大正大噴火(1914年1月12日)の石碑「桜島爆発記念碑(通称「科学不信の碑」)」の名言 [今週の防災格言776]

『 住民は理論に信頼せず、異変を認知する時は未然に避難の用意もっとも肝要とし、平素勤倹産を治め、いつ変災に値も路途に迷わざる覚悟なかるべからず 』

 

大正3年(1914年)1月12日の桜島大噴火石碑「桜島爆発記念碑(通称「科学不信の碑」)」より

 

(口語訳): 住民は理論を過信せず、異変に気付いたら事前に避難することが最も重要と知り、日頃から倹約したり貯蓄をするなど、いつ災害にあっても路頭に迷わない覚悟と準備をしなくてはならない。

(桜島爆発記念碑:通称「科学不信の碑」より)

 

九州南部の鹿児島「桜島」島内の東桜島小学校の校庭に「桜島爆発記念碑」と刻まれた石碑があります。

今から百年前の大正時代に発生した桜島大噴火を忘れないために島民らが建てた記念碑として知られるもので、一見すると普通の石碑に見えますが、裏面には全国に無数にある碑文のなかでも“優れて特異な文章”が刻まれています。

元NHK記者・柳川喜郎は著書「桜島噴火記 住民ハ理論ニ信頼セズ…(1984年)」のなかで以下のように解説しています。

大正三年一月、桜島は大噴火を起こす。噴火の前から島では異変がつづいていたため、島民は測候所(現在の気象台)に噴火の可能性について問い合わせるが、測候所は「噴火なし」と答えた。測候所、つまり科学技術を信頼して島に残っていた人々は、突然の噴火に虚をつかれ、犠牲者が続出した。島の人々は、測候所の背信を呪い科学技術の頼りなさを糾弾する碑文を後世に残るように石に刻みつけた。このように怨念と不信に満ちた石碑は他に余り類をみないだろう。

測候所への不信と怨念が刻まれた石碑を人々は「科学不信の碑」と呼ぶようになりました。

… … …

大正3年(1914年)1月12日午前10時頃、桜島は大音響とともに突如大爆発を起こします。

そして、噴火から8時間後の夕方(午後6時28分)には鹿児島湾直下でマグニチュード7.1の大地震が発生し、鹿児島市沿岸部には震度6以上の大きな揺れが襲いました。

桜島の当時の人口は3,100戸、約2万1千人が住んでいましたが、噴火と直後の大地震で死者35人、行方不明者23人、重軽傷者115人、全焼家屋2,148戸、倒壊家屋113戸、という被害が生じました―――。

この大正噴火は、特に火山噴出物の量が多かったことで知られ、有史以来の日本の火山噴火としても、浅間山の天明噴火(1783年)や富士山の宝永噴火(1707年)以上の大噴火となりました。

それまでの桜島はその名の通り鹿児島湾内に浮かぶ約10km四方の火山島でしたが、噴出した大量の溶岩は島内の集落を埋めつくしたのち、最初の噴火から一週間後の1月29日に、深さ80メートル、幅400メートルあった瀬戸海峡を埋めて、桜島を大隈半島と陸続きにしてしまいました。

また噴出した莫大な火山灰は大隅半島を覆い、四国、中国、近畿へと降り注ぎ、茨城県、栃木県、福島県、宮城県でも軽い降灰がみられました。遠くカムチャツカ半島まで火山灰が到達したともいいます。

大正4年(1915年)9月頃(推定)まで一年半以上続いた噴火活動で、降り積もった火山灰が山地を荒廃させ、河川では雨が降るたびに土石流や洪水を引き起こして、たびたび犠牲者を出しました。住民らは、その後10年近くにわたって二次災害に悩まされ続けました。

… … …

実は、この噴火のだいぶ前から、島では噴火の前兆とみられるような異常現象が相次いで起こっていました。

前年大正2年(1913年)7月28日、29日、30日の三日間にわたって地震があり、7月下旬には桜島島内南側の谷間にある窪地で、樵(きこり)の親子二人が急死する火山性ガス中毒事故が発生します。
12月には桜島島内の井戸水が止まったり、水位の低下がありました。

そして、大噴火の数日前からそれがひどくなってきたため、不安を募らせた島民のなかには自主的に避難する人たちも出はじめました。

大正3年(1914年)1月9日晩から島内で地震が頻発します。10日晩からは有感地震が間断なく続き、11日午前3時40分には目を覚ますほどの大きな地震(震度5)もありました。
地震活動は日を追うごとに活発化し、1月12日午前6時までに337回観測されています。

桜島山頂から砂塵を巻き上げて崩落する岩石の音が島内に鳴り響き、島内の井戸から水が溢れ出したり、海岸から熱湯が吹き上がるなどの異常現象が起ると、山頂からは白煙のようなものも上りました。

この間に、不安になった当時の東桜島村長・川上福次郎は、気象台(気象庁)に何度も何度も問い合わせを行っていました。
ところが鹿角義助(かづのぎすけ)鹿児島県立測候所長の答えは毎回「地震は桜島ではないので噴火の心配ない」でしたので、これを信じた村長は、島民たちを安心させるために「避難の必要はない」と逆に説いて回っていました。

そのとたん、大噴火が発生したのです。

午前9時45分頃、西方山腹から噴煙が上がった後、島の東南山腹からも噴出し、爆音は次第に激しくなっていきました。
午前11時頃には島の村々に火山弾が落下し、あたりは猛火に包まれました。噴石が雨のように降り、周辺は真っ暗闇になります。
午後6時28分、各地で住民らが避難するなかで、今度は強烈な大地震が発生して山が崩れるような轟音が鳴り響き、その一時間後には、沿岸に津波が襲いました。

島の対岸の鹿児島市山下町にいた七高生(旧制第七高等学校造士館)の小川良之助の談話が当時の様子をよく語っています。

九日の晩から地震があった。十日の晩から地震が間断なくあった。
十一日に桜島爆発の兆候があった。即ち四時半頃、テニス庭で見た所が、白雲が桜島の中腹から上った。それが暫くして消えた。話をきくと、桜島では前十日頃から既に徴候があったといふ事である。
…(中略)…
市中は、老若の外は、六時半頃の強震迄は、左程騒がなかった。唯だ津浪が来るというので警戒したのである。其頃丁度桜島の島民が盛んに避難して来るので、市中の人も既に多少は避難し出した。所が六時半に強震があってからは、市中が俄かに騒ぎ出した。
電灯は消えて市内は暗黒と化した。石垣が倒れて死傷者も出た。山下町通りで石垣が倒れて、自動車で通行中の若者がその下敷となり、助けを叫んでも助ける人がない。そのまゝ狂死したものなどもあるらしい。泣く、叫ぶ、阿鼻地獄とは方にこの事であろう。唯だ闇の中に不安と恐怖とにおびえつゝ、市民は右往左往で立騒いだ。小さな地震でも既に怖気づいた彼等の魂をおびやかすには充分であった。着の身着のまま、家を飛び出してからは家の中に居るものは一人もなかった。伊敷練兵場の畑の中に逃げた。露宿した。十時頃になって寒くなったので、毛布等を取りにかへって来た。防寒具の無いものは非常に困った、停車場に行った時は、汽車は既に不通となっていた。
…(中略)…
十二日晩は桜島は皆目見えない。只大鳴動があるのみで、雷のやうに電光が輝く、閃々たる電光、轟々たる鳴動、実に耳をつんざく計りである。
(出典:諸岡存記:内田孝蔵著「大正三年桜島噴火探検二十五週年追憶記」(1937年 飯島診療所))

最後まで村役場に残っていた川上村長と3人の部下(収入役の山下源太郎、書記の野添八百蔵、書記の大山矢市)らが退避しようと海岸へ向かった時には、すでに島に船は一隻も残っていませんでした。
海峡を泳いで渡るしか避難の方法はなく、逃げ遅れた者は冷たい海に飛び込みました。

漂流中に川上村長と野添書記は救助の船に発見されましたが、漂流中に山下収入役は力尽きて絶命し、大山書記は行方不明となりました。

この他にも、最後まで島内に残っていた川上村長の実弟の川上末吉ら19名が同じように海に飛び込み行方不明となっています。
また、逃げ遅れて溶岩に生き埋めになった島民も4人いました。
このとき海で行方不明になった人達はその後も全員が見つかっていません。

“噴火はしない”と言う測候所を信じ「逃げなくて大丈夫」と島民に言い続けてきた川上村長は、自分の言葉を最後まで信じて島内に踏み止まった忠実な村役場の部下や、実弟ら多くの島民を殺す結果となったことに強い自責の念を感じました。
そして同時に測候所への激しい怒りも感じました。

また、生き残った島民らも、その後の不自由な生活を余儀なくされたことから、口々に測候所を批難するようになっていきました。

新聞記者をはじめ鹿児島市民の多くが、誤った予測をした測候所への不信感を募らせていった結果、1月16日には「失態を起こした測候所の責任者である鹿角所長が自殺した」という誤報(1月16日付 大阪朝日新聞)まで流れる始末で、2月中旬の鹿児島新聞の紙面には「当然自殺すると思ったのに、ずうずうしく生きている」などと公開状まで掲載されたりしました。

しだいに桜島噴火は、測候所の責任問題へと発展することになり、そこに日頃からの中央政界の薩長対立が合わさって長州出身(山口県生れ)の鹿角所長への批難はエスカレートしていきました。

様々な批判にさらされた鹿角所長は、噴火後、火山のない四国の香川県立多度津測候所に転勤することになりました。

災害がようやく落ち着きをみせてきた頃、噴火10周年となる大正13(1924年)1月。

この間に川上村長は亡くなりましたが、彼の遺志を継いだ後任の野添八百蔵新村長は、桜島噴火の教訓を後世に残すため石碑「桜島爆発記念碑」を建立します。

そこには川上村長が生前語っていた“理論(科学技術)を過信せず、異変に気付いた時には避難せよ”との強いメッセージが添えられました。

… … …

現在の科学技術でも、地震や火山噴火の100%予知は難しいとされています。

平成19年(2007年)11月の気象業務法の改正で、予報・警報に地震と火山が追加されてから、気象庁は火山の噴火予報を行ない噴火警報を発表することが義務付けられましたが、それまで気象庁では、気象の予報を行うものの、地震や火山の現象についての予報は業務外とされてきました。
そのため大正当時の地方測候所には、法的には、火山噴火についての予測の社会的責任はなかったとも言えます。

… … …

「桜島爆発記念碑(通称「科学不信の碑」)」全文

大正三年(1914年)一月十二日櫻島ノ爆發ハ 安永八年(1779年)以来ノ大惨禍ニシテ 全島猛火ニ包マレ 火石落下シ降灰天地ヲ覆ヒ光景惨憺ヲ極メテ八部落ヲ全滅セシメ百四十人ノ死傷者ヲ出セリ 其爆發数日前ヨリ地震頻發シ 岳上ハ多少崩壊ヲ認メラレ 海岸ニハ熱湯湧湯シ 旧噴火口ヨリハ白煙ヲ揚ル等 刻刻容易ナラサル現象ナリシヲ以テ 村長ハ數回測候所ニ判定ヲ求メシモ 櫻島ニハ噴火ナシト答フ 故ニ 村長ハ残留ノ住民ニ狼狽シテ避難スルニ及ハスト諭達セシカ 間モナク大爆發シテ 測候所ヲ信頼セシ知識階級ノ人却テ災禍ニ罹り 村長一行ハ難ヲ避クル地ナク 各身ヲ以テ海ニ投シ 漂流中山下収入役大山書記ノ如キハ 終ニ悲惨ナル殉職ノ最期ヲ遂ゲルニ至レリ 本島ノ爆發ハ古来歴史ニ照シ後日復亦免レサルハ必然ノコトナルヘシ 住民ハ理論ニ信頼セス異變ヲ認知スル時ハ未然ニ避難ノ用意尤モ肝要トシ 平素勤倹産ヲ治メ何時變災ニ値モ路途ニ迷ハサル覚悟ナカルヘカラス 茲ニ碑ヲ建テ以テ記念トス
大正十三年一月 東櫻島村

鹿児島市立東桜島小学校にある桜島爆発記念碑 photo by As6022014 , via Wikipediaより



噴火直後の写真:1914年1月12日午前10時50分(左)/午前10時35分(右)
九州鐵道管理局 編纂「大正三年櫻島噴火記事」(1914年7月)より








■「火山学者」「火山噴火」に関連する防災格言内の記事
寺田寅彦(1935年の浅間山噴火)の名言「正しく怖がる」(2009.03.02 防災格言)
大正3年(1914年)1月12日の桜島大噴火石碑「桜島爆発記念碑(通称「科学不信の碑」)」より(2023.01.16 防災格言)
大プリニウス(AD23~AD79 / 古代ローマ帝国の博物学者・政治家・軍人)(2021.03.15 防災格言)
小プリニウス(AD61~AD112 / 古代ローマ帝国の文人・政治家)(2009.07.01 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコ市モットー(Torre del Greco’s motto)(2013.03.11 防災格言)
チャールズ・ダーウィン(1809~1882 / イギリスの自然科学者)(2014.04.21 防災格言)
ポール・クローデル(1868~1955 / フランスの劇作家 詩人 外交官)(2012.12.17 防災格言)
アルフレッド・ウェゲナー(1880~1930 / ドイツの気象学者・地球物理学者 「大陸移動説(1912年)」を提唱)(2021.10.25 防災格言)
幸田文(1904~1990 / 小説家・随筆家 幸田露伴の次女 富士山の「崩れ」の名言)(2015.05.11 防災格言)
水上武(1909~1985 / 火山物理学者・理学博士 東京大学名誉教授)(2014.10.13 防災格言)
岡村正吉(1922~2010 / 1977年有珠山噴火時の北海道虻田郡虻田町長)(2012.07.16 防災格言)
下鶴大輔(1924~2014 / 火山学者 火山噴火予知連会長 東京大学名誉教授)(2015.08.10 防災格言)
三島由紀夫(1925~1970 / 作家 『床の間には富士山を―私がいまおそれているもの(1965年)』の名言)(2014.07.07 防災格言)
久保寺章(1926~2004 / 地球物理学者 京都大学名誉教授 日本火山学会会長)(2022.01.24 防災格言)
圓岡平太郎 (中央気象台鹿児島測候所 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言)
石原慎太郎(1932~ / 小説家・政治家・東京都知事)(2013.07.22 防災格言)
津村建四朗(1933~ / 地震学者 元地震調査推進本部地震調査委員会委員長)(2013.07.08 防災格言)
横山卓雄[2](1937~ / 地質学者 理学博士 同志社大学名誉教授)(2022.01.17 防災格言)
大竹政和(1939~ / 地震学者 東北大学名誉教授 第4代地震予知連会長)(2014.01.13 防災格言)
『富士山噴火と東海大地震』(木村政昭(琉球大学名誉教授)監修、著者・安恒理(ジャーナリスト)ほか 2001年)「被災時のサバイバルとは」より(2021.11.08 防災格言)
岡田弘(1943~ / 地球物理学者 専門は火山学 北海道大学名誉教授)(2014.09.29 防災格言)
池谷浩(1943~ / 元建設省砂防部長 砂防地すべり技術センター理事長)(2009.08.03 防災格言)
藤井敏嗣(1946~ / 火山学者 東大地震研究所教授 火山噴火予知連会長)(2010.04.19 防災格言)
都司嘉宣(1947~ / 地震学者・専門は地震考古学 理学博士 元東京大学地震研究所准教授)(2013.03.25 防災格言)
立松和平(1947~2010 / 小説家 浅間山噴火の小説「浅間」より)(2010.02.15 防災格言)
菊地正幸(1948~2003 / 地震学者 東京大学教授 リアルタイム地震学を提唱)(2009.11.16 防災格言)
山岡耕春(1958~ / 地震学者 名古屋大学教授 地震火山・防災研究センター長)(2012.04.23 防災格言)
ドナルド・ディングウェル(1958~ / ドイツの火山学者・地球物理学者 ミュンヘン大教授)(2011.02.07 防災格言)
気象庁(2001年7月4日 火山噴火予知連絡会 富士山ワーキンググループ発表より)(2011.01.31 防災格言)
霧島山・新燃岳火山噴火(2011年)を考える(2011.01.28 店長コラム)

■「気象学者」に関連する防災格言内の記事
神田選吉(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)(2022.06.06 防災格言)
岡田武松(1874~1956 / 気象学者 中央気象台長(第4代) 文化勲章(1949年)「気象学の父」)(2021.12.27 防災格言)
アルフレッド・ウェゲナー(1880~1930 / ドイツの気象学者・地球物理学者 「大陸移動説(1912年)」を提唱)(2021.10.25 防災格言)
藤原咲平(1884~1950 / 気象学者 中央気象台長(第5代))(2013.10.28 防災格言)
中谷宇吉郎[1](1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「流言蜚語(1945年)」より)(2009.10.19 防災格言)
中谷宇吉郎[2](1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
立春の日のコロンブスの卵(中谷宇吉郎随筆より)(2006.01.17 編集長コラム)
和達清夫(1902~1995 / 物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
中田良雄(1905~1985 / 気象学者 「梅雨谷線(現在の梅雨前線)」を最初に導入した気象学者)(2022.06.27 防災格言)
荒川秀俊(1907~1984 / 気象学者・災害史家 元気象庁気象研究所長)(2016.10.03 防災格言)
圓岡平太郎(中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言
高橋喜平(1910~2006 / 雪氷学者・雪崩研究家 エッセイスト)(2022.01.10 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
宮澤清治(1923~2011 / 気象学者・気象キャスター 気象庁天気相談所長)(2016.09.05 防災格言)
倉嶋厚(1924~2017 / 気象学者・気象キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
真鍋淑郎(1931~ / 米国の気象学者 米プリンストン大学上席研究員 ノーベル物理学賞(2021年))(2021.10.18 防災格言)
福田矩彦(1931~2010 / 気象学者 米ユタ大学名誉教授 米気象学会特別会員)(2013.12.09 防災格言)
神沼克伊(1937~ / 地球物理学者・極地探検家 国立極地研究所名誉教授 理学博士)(2018.11.12 防災格言)
森田正光(1950~ / お天気キャスター (株)ウェザーマップ代表取締役)(2017.06.05 防災格言)

■「気象庁(中央気象台)」に関連する防災格言内の記事
大森房吉(1868~1923 / 地震学者 東京帝国大学教授 中央気象台地震学講授)(2019.04.29 防災格言)
岡田武松(1874~1956 / 気象学者 中央気象台長(第4代) 文化勲章(1949年)「気象学の父」)(2021.12.27 防災格言)
藤原咲平(1884~1950 / 気象学者 中央気象台長(第5代))(2013.10.28 防災格言)
和達清夫(1902~1995 / 物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
中田良雄(1905~1985 / 気象学者 「梅雨谷線(現在の梅雨前線)」を最初に導入した気象学者)(2022.06.27 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
倉嶋厚(1924~2017 / 気象学者・気象キャスター 気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
圓岡平太郎(中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言
宮澤清治(1923~2011 / 気象学者・気象キャスター・気象庁天気相談所長)(2016.09.05 防災格言)
荒川秀俊(1907~1984 / 気象学者 気象庁気象研究所所長)(2016.10.03 防災格言)
宇田道隆(1905~1982 / 海洋物理学者 海洋気象台長)(2017.08.14 防災格言)
津村建四朗(1933~ / 地震学者 気象庁地震火山部長)(2013.07.08 防災格言)
萩原尊禮[1](1908~1999 / 地震学者 中央気象台運輸技官)(2008.09.08 防災格言)
萩原尊禮[2](1908~1999 / 地震学者 中央気象台運輸技官)(2015.09.21 防災格言)
萩原尊禮[3](1908~1999 / 地震学者 東京大学名誉教授 地震予知連絡会名誉会長)(2022.03.28 防災格言)
宇津徳治(1928~2004 / 地震学者 中央気象台技術係長)(2014.12.01 防災格言)
大正3年(1914年)1月12日の桜島大噴火石碑「桜島爆発記念碑(通称「科学不信の碑」)」より(2023.01.16 防災格言)

■「防災標語」「教訓」「石碑」に関連する防災格言内の記事
消防庁「自主防災組織の手引 ―コミュニティと安心・安全なまちづくり―」(平成29年3月改定版)より(2022.12.05 防災格言)
AC公共広告機構 阪神淡路大震災キャンペーン広告「人を救うのは、人しかいない」(2009.11.30 防災格言)
地震は起きる。それは「想定」ではない。「前提」だ。:三菱地所ホーム(株)のポスター広告 2015年(コピーライター:谷野栄治、三宅ひづる)より(2021.01.18 防災格言)
「おはしも(おかしも)」児童のための避難標語(2008.09.01 防災格言)
「ひなんするときは、押すな・走るな・声出すな」学研まんが「地震のひみつ」より(2015.04.27 防災格言)
政府の中央防災会議「災害時の避難に関する専門調査会報告書(2012年3月)」より(2018.02.26 防災格言)
「津波避難のたすとひく」静岡県警の津波避難啓発標語(2014.11.10 防災格言)
昭和八年三月三日 大海嘯記念碑(大槌町 昭和9年建立)(2011.11.07 防災格言)
明治三陸地震(1896年)と昭和三陸地震(1933年)の「大津浪記念碑」(岩手県宮古市重茂・姉吉集落)『此処より下に家を建てるな』(2021.07.12 防災格言)
宝永津波碑(宝永4(1707)年 / 徳島県海部郡海陽町鞆浦)(2017.11.27 防災格言)
安政地震(安政元(1854)年)の石碑「岸本飛鳥神社懲毖」(高知県香南市香我美町岸本)(2018.12.17 防災格言)
関東大震災十周年防災標語(2008.7.7 防災格言)
南海トラフ巨大地震対策検討ワーキンググループ報告書(2013年5月)(2013.06.24 防災格言)
安きにありて危うきを思う(居安思危)(中国故事)(2008.11.10 防災格言)
備えあれば憂いなし(有備無患)(中国故事)(2008.11.10 防災格言)
天災は忘れた頃来る (寺田寅彦)(2009.10.12 防災格言)
ものをこわがらな過ぎたり、こわがり過ぎたりするのはやさしいが、正当にこわがることはなかなかむつかしい (寺田寅彦)(2009.03.02 防災格言)
ムダ足覚悟で早めの避難(1957(昭和32)年7月25日 諫早豪雨教訓)(2017.07.10 防災格言)
長崎豪雨の教訓から(1982年7月23日)(中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書(平成17年3月))(2021.08.16 防災格言)
国土交通省東北地方整備局「災害初動期指揮心得(2013年3月)」(2015.03.09 防災格言)
高知県黒潮町「南海トラフ地震・津波の防災計画基本理念(2012年)」(2016.03.07 防災格言)
関東大震災時のアメリカ合衆国赤十字社防災標語(2008.05.19 防災格言)
「備えよ、常に( Be Prepared )」スカウト標語(2008.05.26 防災格言)
後藤新平(日本スカウト運動標語)(2010.4.26 防災格言)
アンリ・デュナン (国際赤十字標語)(2011.5.2 防災格言)
佐野常民「日本赤十字 救護員十訓」(2013.02.11 防災格言)
松井茂 (昭和初期の山林火災防止標語)(2008.12.01 防災格言)
安政江戸地震で江戸幕府が発した町触れ(火災防止標語)(2008.12.08 防災格言)
厚生労働省 2007(平成19)年 インフルエンザ総合対策標語(2009.10.26 防災格言)
CDC(米国疾病予防管理センター)インフルエンザ感染対策標語(2013.12.30 防災格言)
アメリカ合衆国沿岸警備隊モットー(2012.12.24 防災格言)
イタリア トーレ・デル・グレコ市モットー(2013.03.11 防災格言)
キャヴェンディッシュ一族の家訓(イギリス貴族)(2011.11.21 防災格言)
東京消防庁「地震時の行動」についての啓発(2012年3月)(2019.09.02 防災格言)
中央審査会『健康児十則』より(昭和10年頃)(2020.06.15 防災格言)
内閣府 有識者会議「防災教育・周知啓発WG(災害ボランティアチーム)」提言より(2021年5月25日公表)(2021.05.31 防災格言)
落雷のまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の伝承の由来(2021.07.05 防災格言)
よりよい備え、よりよい暮らし(Better Preparation, Better Life.)(SEISHOP防災標語)(2012.06.26 店長コラム)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事