防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

宮澤清治が著書『近・現代 日本気象災害史』に記した格言(気象学者)[今週の防災格言455]

time 2016/09/05

宮澤清治が著書『近・現代 日本気象災害史』に記した格言(気象学者)[今週の防災格言455]


『 災害は深夜に起こりやすく、
人間活動の弱点を突いてくるから始末が悪い。 』

宮澤清治(1923〜2011 / 気象学者・気象解説者 気象庁天気相談所長)

格言は著書『近・現代 日本気象災害史(1999年 イカロス出版)』あとがきより。

曰く―――。

《 だれしも悪いことは、いつまでも覚えておきたくない。しかし、災害体験だけは別である。子や孫に正しく伝えた災害体験、災害の伝承が防災に役立ったという例は、枚挙にいとまがない。

大災害に遭った人の最大の願いは「二度と再び大災害が起きないで欲しい」ということであろう。ところが自然災害は意地が悪い。「一度あったことが二度、三度とある」。一方で、災害は深夜に起こりやすく、人間活動の弱点を突いてくるから始末が悪い。

「自分の所だけは大丈夫だ」と勝手に思い始めても困る。これは、だれにもある「正常化の偏見」と呼ばれる災害時の困った心理である。

進歩したといっても気象予報の技術は完璧ではない。したがって、災害の予知も万能ではない。予知の限界を知りながら、異常に備えることが肝心である。それには昔からの災害事例を学び、教訓をくみ取ることも必要である。》

宮沢清治(みやざわ せいじ)は、NHKの気象キャスターや気象庁天気相談所長を務めた人物。1923(大正12)年、長野市生まれ。理学博士。技術士(応用理学部門)。
特に1983(昭和58)年から20 10(平成22)年6月まで、NHKの「気象情報」の解説者としてテレビ・ラジオに出演、「お天気博士」としてお茶の間で親しまれた。

1942(昭和17)年、気象技術官養成所(現気象大学校)卒。長野地方気象台予報官を経て、1957(昭和32)年8月から1964(昭和39)年3月まで新潟地方気象台予報官として、当時の気象台長・中田良雄(1905〜1985 / 梅雨谷線(現在の梅雨前線)という言葉を日本で最初に導入した気象学者)博士に師事。その後、福岡管区気象台予報課長を歴任。1972(昭和47)年、気象庁天気相談所長。1980(昭和55)年、広島地方気象台長。1982(昭和57)年、神戸海洋気象台長。1983(昭和58)年、NHKテレビ・ラジオの「気象情報」の解説者。1993(平成5)年、日本気象学会評議員。豪雪機構の解明で運輸大臣表彰(1968年)、気象知識の普及の功績により岡田賞を受賞(1996年)。
2011(平成23)年7月18日、癌性胸膜炎のため埼玉県川口市で死去。88歳。

■「宮沢清治」に関連する防災格言内の記事
藤原咲平 (気象学者)(2013.10.28 防災格言)
荒川秀俊 (気象学者)(2016.10.03 防災格言)
和達清夫 (物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
圓岡平太郎 (中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言)
気象庁(富士山WG)(2011.01.31 防災格言)
津村建四朗(地震学者・気象庁地震火山部長)(2013.07.08 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ