防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

初夏の降雹(ひょう)被害…神田選吉の雷災害の名言(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)[今週の防災格言754]

time 2022/06/06

初夏の降雹(ひょう)被害…神田選吉の雷災害の名言(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)[今週の防災格言754]


『 雷災は毎年四月に始まり、月々増加し七月に至り最大に達し、九月に至って俄かに減少し、十月に至って皆無となり、十一月に至って又再発するものゝ如し 』

 

神田選吉(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)

 

先週末(2022年6月2日~3日にかけて)関東地方北部でひょう(雹)による被害が相次いだ。家のガラスが割れたり、太陽光パネルが損傷したり、雨どいやカーポートや車に傷がついたりした。

ひょうやあられによる被害は、一般的に火災保険や車両保険の補償の対象となる。

… … …

さて、 ひょうは一年を通じて初夏となる五月・六月頃がもっとも降りやすく、特に農作物に大きな被害を与える。

この夏の季節の強い日差しが地表を熱したところに、上空に大陸からの寒気が流れてくると、大気の状態が不安定となって積乱雲を発達させ、激しい雷雨を伴ってひょうが降ることが多いのである。
俳句においては、空から降る氷の粒を意味する「氷雨(ひさめ)」は夏の季語となる。

1992年(平成4年)5月20日から27日にかけて、上空の寒気が日本海に南下し、その寒気が日本列島を通り過ぎるまでのあいだ、連日のように日本各地をひょうが襲った。
埼玉、群馬、茨木、長野、奈良、和歌山で小豆大からピンポン玉大のひょうが降り、ナシやウメ、カキ、ブドウ、イチジク、小麦、ネギ、カボチャなどの収穫前の農作物に六十億円を超える被害が生じた。このとき「多目的防災ネット(防ひょうネット)」を使用していた農家では被害を免れており、こうした対策の有無が大きく明暗を分けることが広く知られるようになった。近年では、ひょうの恐れがある時には、ナシやリンゴ、ブドウなどの果樹園では「多目的防災ネット」という網をかけて、ひょうや強風・霜などの災害を防ぐようになってきている。

夏に雷が発生すると三日、四日ほど続く、という意味の「雷三日(かみなりみっか)」ということわざが古来ある。
これは、上空の寒気の動きが遅いため、その寒気が日本列島を通り過ぎるまでの数日間は、連日のように大気が不安定となり、雷、ひょう、突風が発生しやすい状態が続くことを意味した古人の知恵なのである。

… … …

明治時代に、現代でもあまり注目されることがない、この「ひょう(雹)」について真面目に調べた学者がいた。
電気工学者の神田選吉(かんだ せんきち)である。

1908年(明治41年)6月8日、東京麻布に7.5センチ(二寸五分)~10センチ(三寸五分)のひょうが降った際、神田選吉は、それらを採集し、梅花、菊花、桜花のような花々の形から、鶏卵、弾丸、曲玉、梨、蜜柑、牡蠣などのようなものまで300以上もの様々な形があることを突き止め《 天然の妙功もここにいたって極まれり 》と感嘆したという。
(引用・出典:宮沢清治著「日本気象災害史」(1999年 イカロス出版)、初出:気象集誌27巻8号(1908年8月26日))

ひょうにはとがったもの、丸いもの、透明なもの、白っぽいもの、色々な形や種類がみられ、大きさも様々で、時には直径50ミリ以上もの大きな塊となり、30センチも地上に降り積もることもあるという。
ちなみに、日本一の巨大なひょうの記録は、1917年(大正6年)6月29日に埼玉県熊谷市(北埼玉郡中条村大字今井、小曽根、大里郡長井村)で降ったカボチャ大のひょうで、直径29.6センチ(七寸八分)、重さ3.4キロ(九百匁)のものだという。

落下速度は塊が大きいほど速くなるが、野球ボールサイズ(70ミリ)の氷塊となると、プロ野球のピッチャーの剛速球と同じくらいの時速140キロメートルの落下速度ではるか上空から落ちて来る。もちろん直撃すれば、家や自動車のガラスは割れ、家畜や人が亡くなることもある。1933年(昭和8年)6月14日、兵庫県中部に直径4~5センチのひょうが降り、死者10人、重軽傷者164人を数える被害が日本最大のひょう害とされている。

… … …

凧をつかった画期的な電気実験を行って雷よけの防災グッズである「避雷針を発明(1749年)」したアメリカ合衆国の気象学者ベンジャミン・フランクリン(1706~1790)。彼の生誕200年となる1906年(明治39年)に神田選吉は『雷の話』という本を書いた。

神田選吉は、1887年(明治20年)~1894年(明治27年)の八年間の月ごとの日本の雷災害の発生数を調べあげ、以下のように記している。

本邦においては雷災は毎年四月に始まり月々増加し七月に至り最大に達し九月に至って俄かに減少し十月に至って皆無となり十一月に至って又再発するものゝ如し

雷は夏の災害で、初夏は雷を伴うひょう(雹)の季節だと覚えておくと良いだろう。

 

神田選吉(かんだ せんきち)は、1856年(安政2年12月)尾張国名古屋の尾張藩士・神田梅精の息子として生まれた。
1870年(明治3年)尾張藩立の洋学校に学び、1877年(明治10年)工部大学校電信科(東京大学工学部の前身)に入学。1883年(明治16年)に卒業すると、工部省に入り工部省通信技師として松山、熊本、大阪などの赴任を経て、1895年(明治28年)東京郵便電信学校(日本郵政の郵政大学・中央郵政研修センターなどの前身)教授に任命され、1905年(明治38年)東京郵便電信学校校長となった。電信学校が廃止されると逓信局工務課に転じ、逓信官吏練習所教官を務め1909年(明治42年)9月4日に54歳で没した。墓所は青山霊園立山墓地にある。贈従五位勲五等。
息子の神田茂(1894~1974 / 横浜国大教授)、神田清はともに天文学者となった。


photo by Wikimedia Commons










■「洪水・水害」に関連する防災格言内の主な記事
長野県伊那地方の水害の伝承「未満水(ひつじまんすい)(1715年)」より(2020.06.29 防災格言)
落雷のまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の伝承の由来(2021.07.05 防災格言)
菅原道真公と落雷の関係(くわばらくわばら(桑原桑原))(2021.07.12 コラム)
神田選吉(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)(2022.06.06 防災格言)
中谷宇吉郎[2](物理学者・随筆家 カスリーン台風後の随筆「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
寺田寅彦[9](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2020.08.31 防災格言)
加々美武夫(室戸台風時の大阪府助役 警察官僚・内務省内務書記官 大阪市長(第8代))(2020.09.21 防災格言)
藤原咲平 (気象学者 室戸台風後の著書『天気と気候』より)(2013.10.28 防災格言)
丹羽安喜子(歌人 室戸台風で罹災)(2016.08.22 防災格言)
諫早豪雨の教訓から(1957年7月25日)(2017.07.10 防災格言)
長崎豪雨の教訓から(1982年7月23日)(中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書(平成17年3月))(2021.08.16 防災格言)
松野友(岐阜県本巣郡穂積町町長 日本初の女性村長)(2015.03.02 防災格言)
及川舜一(元岩手県一関市市町 カスリーン台風とアイオン台風の大水害)(2015.09.14 防災格言)
小川竹二(元新潟県豊栄市長 下越水害)(2017.09.11 防災格言)
奥貫友山(利根川・荒川水害である寛保大水害時の慈善家)(2010.4.5 防災格言)
安芸皎一(河川工学者・土木技術者 東京大学教授 「伊勢湾台風」の名言)(2020.09.07 防災格言)
川合茂(河川工学者 舞鶴工業高等専門学校名誉教授)(2011.08.15 防災格言)
高橋裕(河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
幸田文(随筆家・小説家 代表作『崩れ』『流れる』)(2015.05.11 防災格言)
桑原幹根(愛知県知事)(2014.09.15 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
下田歌子 (歌人・実践女子学園創始者)(2009.12.14 防災格言)
平生釟三郎 (川崎重工業社長)(2009.11.02 防災格言)
山下重民 (明治のジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
吉田茂 (政治家)(2008.05.05 防災格言)
脇水鉄五郎(地質学者・日本地質学会会長)(2011.07.18 防災格言)
谷崎潤一郎 (作家)(2014.12.08 防災格言)
矢野顕子 (シンガーソングライター ハリケーン・サンディ水害)(2016.10.17 防災格言)
森田正光 (お天気キャスター)(2017.06.05 防災格言)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」(2008年9月8日)より(2018.07.09 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
中江藤樹 (江戸時代初期の陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
中西 進(国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章受章)(2019.04.08 防災格言)
倉嶋厚(気象学者・お天気キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
宮澤清治 (気象学者・NHK気象キャスター)(2016.09.05 防災格言)
高橋浩一郎(気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
中曽根康弘(政治家 内閣総理大臣(第71~73代))(2019.12.02 防災格言)
中貝宗治(台風23号(2004年10月)時の兵庫県豊岡市長)(2020.11.30 防災格言)
鍋島直正(大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 「シーボルト台風」)(2019.12.09 防災格言)
利根川改修工事に見る水害の歴史(2010.2.26 編集長コラム)
利根川の洪水想定 首都圏で死者4,500~6,300人(2010.3.5 編集長コラム)
小田原評定(水俣土石流災害)(2006.1.29 編集長コラム)
豪雨そして土砂災害。その犠牲者はいつも老人ホーム(2010.7.20 編集長コラム)
アーノルド・ニーベルディング(1838~1912 / ドイツの法学者 政治家)(2020.09.14 防災格言)

■「気象学者」に関連する防災格言内の記事
神田選吉(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)(2022.06.06 防災格言)
岡田武松(1874~1956 / 気象学者 中央気象台長(第4代) 文化勲章(1949年)「気象学の父」)(2021.12.27 防災格言)
アルフレッド・ウェゲナー(1880~1930 / ドイツの気象学者・地球物理学者 「大陸移動説(1912年)」を提唱)(2021.10.25 防災格言)
藤原咲平(1884~1950 / 気象学者 中央気象台長(第5代))(2013.10.28 防災格言)
中谷宇吉郎[1](1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「流言蜚語(1945年)」より)(2009.10.19 防災格言)
中谷宇吉郎[2](1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
立春の日のコロンブスの卵(中谷宇吉郎随筆より)(2006.01.17 編集長コラム)
和達清夫(1902~1995 / 物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
荒川秀俊(1907~1984 / 気象学者・災害史家 元気象庁気象研究所長)(2016.10.03 防災格言)
圓岡平太郎(中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言
高橋喜平(1910~2006 / 雪氷学者・雪崩研究家 エッセイスト)(2022.01.10 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
宮澤清治(1923~2011 / 気象学者・気象キャスター 気象庁天気相談所長)(2016.09.05 防災格言)
倉嶋厚(1924~2017 / 気象学者・気象キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
真鍋淑郎(1931~ / 米国の気象学者 米プリンストン大学上席研究員 ノーベル物理学賞(2021年))(2021.10.18 防災格言)
福田矩彦(1931~2010 / 気象学者 米ユタ大学名誉教授 米気象学会特別会員)(2013.12.09 防災格言)
神沼克伊(1937~ / 地球物理学者・極地探検家 国立極地研究所名誉教授 理学博士)(2018.11.12 防災格言)
森田正光(1950~ / お天気キャスター (株)ウェザーマップ代表取締役)(2017.06.05 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事