防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

梅雨(つゆ)と梅雨前線と中田良雄(1905~1985 / 気象学者 梅雨谷線(現在の梅雨前線)を最初に提唱した気象学者)の名言 [今週の防災格言755]

time 2022/06/27

梅雨(つゆ)と梅雨前線と中田良雄(1905~1985 / 気象学者 梅雨谷線(現在の梅雨前線)を最初に提唱した気象学者)の名言 [今週の防災格言755]


『 北方の寒気と南方の暖気との境目をなす不連続線が梅雨現象の主な原因である。 』

 

中田良雄(1905~1985 / 気象学者 「梅雨谷線(現在の梅雨前線)」を最初に導入した気象学者)

 

梅雨(つゆ)は、春から夏へ季節が変わるとき、日本、中国、韓国などの東アジア地域だけに見られる長雨の季節である。

暦の上では、太陽が黄経80度を通る日を「入梅」とし、気象的には、梅雨前線が日本の南岸に停滞し始めて雲雨天が続くようになる時を指す。

日本の本州における梅雨入りは、例年、だいたい5月末から6月10日頃で、梅雨明けは、7月中旬から7月後半頃となる。

梅雨の時期は、日本付近に東西に延びる前線が停滞しているのが特徴で、この前線上に低気圧が頻繁に発生するので雨と曇りの日が短い期間で繰り返されていく。この停滞した前線を“梅雨前線”と呼ぶ。

梅雨前線の北側は、オホーツク海高気圧からの冷たい北東の風が吹いており、南側は、太平洋高気圧からの暖かい湿った南寄りの風が吹いている。この二つの気流が前線付近に集まって上昇気流となり、雲が生じさせ雨となるのだという。

この梅雨前線という言葉のルーツ「梅雨谷線」を世界で最初に提唱したのは中田良雄(なかた よしお)という気象学者であった。
だが、彼の名前は一般にはほとんど知られていない。

1929年(昭和4年)に提唱された中田の梅雨論は、アカデミック・ハラスメントともいえるような当時の不明瞭な批判にさらされてしまい、結果として注目される機会を逸したからである。

…… …… ……

梅雨論の歴史は、まだ気団や前線の概念が不十分な時代だった1910年(明治43年)ことで、後の第4代中央気象台長(後の気象庁長官)を務めた岡田武松(1874~1956)の学位論文「梅雨論(通称・岡田の梅雨論)」(英語論文)が最初であった。

岡田武松は、のちに梅雨の原理を解明するなど気象学の発展に大きく貢献した気象学者として知られるようになり、気象事業功労者として文化勲章(1949年)を受章し「気象学の父」と呼ばれた気象界の大権威である。

その後、1919年(大正8年)にノルウェーのビヤルクネス(1879~1975 / Jacob Bjerknes)が、移動性低気圧の構造について、寒気団と暖気団の境界に不連続線(steering line)があり、その線上に低気圧が発生するとの考えを発表し、不連続線という“前線”というものの存在が気象界で注目され盛んに議論されるようになっていった。

1921年(大正10年)にノルウェーに留学した藤原咲平(1884~1950 / 第5代中央気象台長)は、このビヤルクネスから直接前線理論を学び、のちに中央気象台(現在の気象庁)に入った中田良雄は、直属の上司の藤原咲平から多くの薫陶を受け、藤原を生涯の師と仰いだ。

1928年(昭和3年)5月、中田は、父島観測所へと赴任するため、横浜から父島へと向かう定期船に乗船していたところ、八丈島で肌寒い北東の風が吹くひどいシケにあうが、その直後に父島に近づくと今度は蒸し暑い真夏の青空という急激な天気の変化を体験する。船が不連続線(前線)を横切ったことを示すものだった。

この体験をもとに中田は、1929年(昭和4年)に論文『梅雨の研究』を書いた。“梅雨の現象は不連続線が長期にわたって停滞するために起こる”という気象学の新知見が盛りこまれた画期的な論文であり、この中で、ビヤルクネスの不連続線のことを『梅雨谷線』と命名した。

論文『梅雨の研究』では―――

北方の寒気と南方の暖気との境目をなす不連続線が梅雨現象の主な原因である。この線は、五月ころすでに小笠原周辺の南方洋上に発生し、ほぼ東西に走る長大なもので、線上に低気圧が頻発し、東に進む。このため前線の付近では連日悪天候となる。季節の進行とともに、暖気の勢力が強くなり、不連続線は次第に北上し、六月初めころ、本邦南岸に達し、本州では、梅雨入りとなる。七月、八月にはこの線がさらに北上して、本州の梅雨は明ける。この不連続線を「梅雨谷線」と名付ける。

と記されている。

論文は、1930年(昭和5年)1月の気象学会例会で、中田の上司の藤原咲平が、父島に赴任していた中田の代理として発表し、新しい学説は大きな反響を得ることになった。

しかし、当時の気象台長・岡田武松は中田の研究を高く評価しなかった。

不思議なことに、その後、この論文は、気象学会誌「気象集誌」に掲載されることなく、一年ものあいだ掲載が保留されることになった。
1931年(昭和6年)になってやっと掲載された雑誌は、中央気象台刊行の機関誌「気象雑纂」という学会の権威とは遠いものとなる。

意図的とも思える論文の不可解な扱いは、中央気象台内で話題となった。

中田の前線説は、岡田の学位論文「梅雨論」(1910年)にケチをつける内容だったことから、機嫌を損ねた岡田台長が学術誌への掲載を見送ったのだ、などという噂が飛び交った。

この件について、当事者の中田は沈黙を貫き、岡田も見解を述べることはなかったので、真相は今も定かではない。

岡田武松や藤原咲平も亡くなって久しい、騒動から40年が経過した晩年に中田は「長期予報の回顧」(1977年11月 雑誌「天気」vol.24,No.11)で以下のように述懐している。

(父島観測所へと赴任する)その途中たまたま梅雨の低気圧を乗り切り、海上の時化(シケ)の物凄さを初めて体験した。同時に低気圧の北側から南側へと、風と気温の急変に遭い、当時新しい気象用語となっていた不連続線(現在の前線)という現象を直感した。着任後慣習上の措置をすませ、平常勤務にも慣れてきた頃、海上で遭遇した現象を思い出し、梅雨の低気圧と言われているが、むしろ不連続線と見た方がよいのではないだろうか、という疑問が湧いてきた。さっそく在庫の文献を調べて岡田先生の梅雨論(中央気象台欧文報告)を見付け出し、繰り返し熟読玩味(がんみ)した。学術論文というものを本格的に読んだのはこれが初めてであったので、その味わいの深さを堪能した。その結果、梅雨という天気現象に関する記述は十分納得できたが、その原因とされている低気圧の発生、消長などについての説明には物足りないものを感じた。
…(中略)…
この論文は種々な反響を呼び、半旬平均値などというものは、単に誤差を消去するための統計的意味だけのものであるという片寄った批判もあったが、私としては短周期変動を除く操作で、この論文の主眼とするところであるという自信を持っていた。しかし、すでに周知の通り、思わぬわずらわしい雰囲気を醸し出すことになったために、あえて沈黙したのであった。現象の正体をつきとめたら、それ以上の興味が失せたからでもあった。

※消長(しょうちょう)とは、勢いが衰えたり盛んになったりすることの意味。

“思わぬわずらわしい雰囲気を醸し出すことになったために、あえて沈黙した”というところも、なかなか面白いドラマである。

 

中田良雄(なかた よしお)は、梅雨谷線(現在の梅雨前線)という言葉を最初に導入した気象学者・理学博士で、太平洋戦争中は海軍第五気象隊(海軍第五艦隊所属)に従軍し「キス力撤収作戦(全滅目前のキスカ島守備隊兵員5000人の救出作戦)」における霧の発生についての気象予報を行い、作戦を成功に導いた功労者の一人でもある。
1941年(昭和16年)の論文「気温の2年周期について」で『来年の天候は昨年の天候に似る』という法則性を発表するなど、主に気象予報・気象観測で活躍した。

1905年(明治38年)9月、埼玉県幸手町関宿(現幸手市)生まれ。
1927年(昭和2年)測候技術官養成所本科(気象大学校の前身)を卒業後、中央気象台予報掛予報室に入り、上司だった藤原咲平(当時の予報掛主任、後の第5代中央気象台長)に師事。
1928年(昭和3年)父島観測所赴任、1931年(昭和6年)中央気象台大阪支台予報主任、1932年(昭和7年)石川県の輪島観測所を経て、1934年(昭和9年)より岩手県の盛岡地方測候所所長に赴任。
昭和三陸地震(1933年)以降の東北の凶作・冷害予測などに活躍し、また小山知一(当時の岩手県経済部長、後の高知県知事)、石黒英彦(当時の岩手県知事、後の文部次官)、岡田武松(当時の気象台長)らとともに気象事業のあり方について政府に陳情し、その後の宮古測候所、岩手山測候所、盛岡測候所(盛岡支台)の国営化や、東北ブロックをまとめる気象機関「仙台管区気象台」の設立に深く関った。
1943年(昭和18年)海軍第五気象隊(海軍第五艦隊所属)に従軍しアリューシャン方面の戦いの天気予報、台湾補給航路の天気予報担当として活躍。とくにキス力撤収作戦における霧の予報を的中させた。内地帰還後の1945年(昭和20年)からは中央気象台長期予報課長となり、戦後も長期予報課が廃止される1949年(昭和24年)まで務めた。その後、新潟地方気象台長(1957~1964年)、高層気象台長(1964~1966年)を歴任し、1966年(昭和41年)退官。1985年(昭和60年)千葉県で没。80歳。


気象庁 天気図(2022年6月18日)


参考資料:
中田良雄著「長期予報の回顧」(1977年11月 雑誌「天気」vol.24,No.11, p.635-644)
二宮洸三著「1900−1930年代の梅雨の調査研究史」(2015年04月 雑誌「天気」vol.62,No.4,p307-311)
日本地学史編纂委員会著「日本地学の展開(大正13年~昭和20年)その3 「日本地学史」稿抄」(2003 東京地学協会「地学雑誌」112)
宮澤清治著「近・現代 日本気象災害史」(1999 イカロス出版, p96-100)
NHK放送文化研究所編「NHK 気象・災害ハンドブック」(2005 NHK出版)





■「気象学者」に関連する防災格言内の記事
神田選吉(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)(2022.06.06 防災格言)
岡田武松(1874~1956 / 気象学者 中央気象台長(第4代) 文化勲章(1949年)「気象学の父」)(2021.12.27 防災格言)
アルフレッド・ウェゲナー(1880~1930 / ドイツの気象学者・地球物理学者 「大陸移動説(1912年)」を提唱)(2021.10.25 防災格言)
藤原咲平(1884~1950 / 気象学者 中央気象台長(第5代))(2013.10.28 防災格言)
中谷宇吉郎[1](1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「流言蜚語(1945年)」より)(2009.10.19 防災格言)
中谷宇吉郎[2](1900~1962 / 寺田寅彦門下の物理学者・随筆家 「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
立春の日のコロンブスの卵(中谷宇吉郎随筆より)(2006.01.17 編集長コラム)
和達清夫(1902~1995 / 物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
中田良雄(1905~1985 / 気象学者 「梅雨谷線(現在の梅雨前線)」を最初に導入した気象学者)(2022.06.27 防災格言)
荒川秀俊(1907~1984 / 気象学者・災害史家 元気象庁気象研究所長)(2016.10.03 防災格言)
圓岡平太郎(中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言
高橋喜平(1910~2006 / 雪氷学者・雪崩研究家 エッセイスト)(2022.01.10 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
宮澤清治(1923~2011 / 気象学者・気象キャスター 気象庁天気相談所長)(2016.09.05 防災格言)
倉嶋厚(1924~2017 / 気象学者・気象キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
真鍋淑郎(1931~ / 米国の気象学者 米プリンストン大学上席研究員 ノーベル物理学賞(2021年))(2021.10.18 防災格言)
福田矩彦(1931~2010 / 気象学者 米ユタ大学名誉教授 米気象学会特別会員)(2013.12.09 防災格言)
神沼克伊(1937~ / 地球物理学者・極地探検家 国立極地研究所名誉教授 理学博士)(2018.11.12 防災格言)
森田正光(1950~ / お天気キャスター (株)ウェザーマップ代表取締役)(2017.06.05 防災格言)

■「気象庁(中央気象台)」に関連する防災格言内の記事
大森房吉(1868~1923 / 地震学者 東京帝国大学教授 中央気象台地震学講授)(2019.04.29 防災格言)
岡田武松(1874~1956 / 気象学者 中央気象台長(第4代) 文化勲章(1949年)「気象学の父」)(2021.12.27 防災格言)
藤原咲平(1884~1950 / 気象学者 中央気象台長(第5代))(2013.10.28 防災格言)
和達清夫(1902~1995 / 物理学者 初代気象庁長官)(2007.12.03 防災格言)
中田良雄(1905~1985 / 気象学者 「梅雨谷線(現在の梅雨前線)」を最初に導入した気象学者)(2022.06.27 防災格言)
高橋浩一郎(1913~1991 / 気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
倉嶋厚(1924~2017 / 気象学者・気象キャスター 気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
圓岡平太郎(中央気象台鹿児島測候所長 口永良部島新岳噴火(1931年)報告書)(2015.06.01 防災格言
宮澤清治(1923~2011 / 気象学者・気象キャスター・気象庁天気相談所長)(2016.09.05 防災格言)
荒川秀俊(1907~1984 / 気象学者 気象庁気象研究所所長)(2016.10.03 防災格言)
宇田道隆(1905~1982 / 海洋物理学者 海洋気象台長)(2017.08.14 防災格言)
津村建四朗(1933~ / 地震学者 気象庁地震火山部長)(2013.07.08 防災格言)
萩原尊禮[1](1908~1999 / 地震学者 中央気象台運輸技官)(2008.09.08 防災格言)
萩原尊禮[2](1908~1999 / 地震学者 中央気象台運輸技官)(2015.09.21 防災格言)
萩原尊禮[3](1908~1999 / 地震学者 東京大学名誉教授 地震予知連絡会名誉会長)(2022.03.28 防災格言)
宇津徳治(1928~2004 / 地震学者 中央気象台技術係長)(2014.12.01 防災格言)

■「洪水・水害」に関連する防災格言内の主な記事
長野県伊那地方の水害の伝承「未満水(ひつじまんすい)(1715年)」より(2020.06.29 防災格言)
落雷のまじない「くわばらくわばら(桑原桑原)」の伝承の由来(2021.07.05 防災格言)
菅原道真公と落雷の関係(くわばらくわばら(桑原桑原))(2021.07.12 コラム)
神田選吉(1856~1909 / 電気工学者・雷災史家 東京郵便電信学校校長)(2022.06.06 防災格言)
中田良雄(1905~1985 / 気象学者 「梅雨谷線(現在の梅雨前線)」を最初に導入した気象学者)(2022.06.27 防災格言)
中谷宇吉郎[2](物理学者・随筆家 カスリーン台風後の随筆「水害の話(1947年)」より)(2020.07.06 防災格言)
寺田寅彦[9](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2019.06.24 防災格言)
寺田寅彦[10](物理学者 室戸台風直後の随筆から)(2020.08.31 防災格言)
加々美武夫(室戸台風時の大阪府助役 警察官僚・内務省内務書記官 大阪市長(第8代))(2020.09.21 防災格言)
藤原咲平 (気象学者 室戸台風後の著書『天気と気候』より)(2013.10.28 防災格言)
丹羽安喜子(歌人 室戸台風で罹災)(2016.08.22 防災格言)
諫早豪雨の教訓から(1957年7月25日)(2017.07.10 防災格言)
長崎豪雨の教訓から(1982年7月23日)(中央防災会議・災害教訓の継承に関する専門調査会報告書(平成17年3月))(2021.08.16 防災格言)
松野友(岐阜県本巣郡穂積町町長 日本初の女性村長)(2015.03.02 防災格言)
及川舜一(元岩手県一関市市町 カスリーン台風とアイオン台風の大水害)(2015.09.14 防災格言)
小川竹二(元新潟県豊栄市長 下越水害)(2017.09.11 防災格言)
奥貫友山(利根川・荒川水害である寛保大水害時の慈善家)(2010.4.5 防災格言)
安芸皎一(河川工学者・土木技術者 東京大学教授 「伊勢湾台風」の名言)(2020.09.07 防災格言)
川合茂(河川工学者 舞鶴工業高等専門学校名誉教授)(2011.08.15 防災格言)
高橋裕(河川工学者 東京大学名誉教授)(2017.06.12 防災格言)
幸田文(随筆家・小説家 代表作『崩れ』『流れる』)(2015.05.11 防災格言)
桑原幹根(愛知県知事)(2014.09.15 防災格言)
廣井悠 (都市工学者)(2012.03.12 防災格言)
大隈重信 (佐賀藩士・早稲田大学創立者)(2010.09.27 防災格言)
下田歌子 (歌人・実践女子学園創始者)(2009.12.14 防災格言)
平生釟三郎 (川崎重工業社長)(2009.11.02 防災格言)
山下重民 (明治のジャーナリスト 風俗画報編集長)(2008.09.22 防災格言)
吉田茂 (政治家)(2008.05.05 防災格言)
脇水鉄五郎(地質学者・日本地質学会会長)(2011.07.18 防災格言)
谷崎潤一郎 (作家)(2014.12.08 防災格言)
矢野顕子 (シンガーソングライター ハリケーン・サンディ水害)(2016.10.17 防災格言)
森田正光 (お天気キャスター)(2017.06.05 防災格言)
中央防災会議「大規模水害対策に関する専門調査会」(2008年9月8日)より(2018.07.09 防災格言)
二宮尊徳翁(二宮金次郎)(江戸時代後期の経世家・農政家)(2012.01.30 防災格言)
上杉鷹山 (江戸時代中期の大名 出羽国米沢藩9代藩主)(2010.04.12 防災格言)
莅戸善政[1] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2008.03.17 防災格言)
莅戸善政[2] (かてもの作者 出羽国米沢藩家老)(2011.12.05 防災格言)
中江藤樹 (江戸時代初期の陽明学者 近江聖人)(2010.11.22 防災格言)
『百姓伝記』(1680~1682年・著者不明)巻七「防水集」より(2018.08.27 防災格言)
中西 進(国文学者 大阪女子大名誉教授 文化勲章受章)(2019.04.08 防災格言)
倉嶋厚(気象学者・お天気キャスター 元気象庁主任予報官)(2019.07.22 防災格言)
宮澤清治 (気象学者・NHK気象キャスター)(2016.09.05 防災格言)
高橋浩一郎(気象学者 気象庁長官(第5代) 筑波大学教授)(2019.10.14 防災格言)
中曽根康弘(政治家 内閣総理大臣(第71~73代))(2019.12.02 防災格言)
中貝宗治(台風23号(2004年10月)時の兵庫県豊岡市長)(2020.11.30 防災格言)
鍋島直正(大名・肥前国佐賀藩主(第10代) 「シーボルト台風」)(2019.12.09 防災格言)
利根川改修工事に見る水害の歴史(2010.2.26 編集長コラム)
利根川の洪水想定 首都圏で死者4,500~6,300人(2010.3.5 編集長コラム)
小田原評定(水俣土石流災害)(2006.1.29 編集長コラム)
豪雨そして土砂災害。その犠牲者はいつも老人ホーム(2010.7.20 編集長コラム)
アーノルド・ニーベルディング(1838~1912 / ドイツの法学者 政治家)(2020.09.14 防災格言)

 

著者:平井敬也(週刊防災格言編集主幹)

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,備蓄,防災グッズ,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ

人気記事