防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

阿久悠(1937~2007 / 作家・作詞家)の阪神淡路大震災後の産経新聞寄稿「傷ついた心の復活を」の名言 [今週の防災格言288]

time 2013/06/17

阿久悠(1937~2007 / 作家・作詞家)の阪神淡路大震災後の産経新聞寄稿「傷ついた心の復活を」の名言 [今週の防災格言288]


『 復旧も復興も、あの都市の崩壊の姿を見たら当然の主題であるが、復活も忘れてはならないだろう。 「活」である。「活」をよみがえらせること、特に、子供たちの心の復活について、すべての大人が考えてみなければならないと思う。 』

阿久 悠(1937~2007 / 作家・作詞家 代表作「瀬戸内少年野球団」)

格言は阪神淡路震災直後に産経新聞(1995年3月14日夕刊)に寄稿した「傷ついた心の復活を」より。

曰く―――。

家や都市が壊れたと同じように、子供の心も壊れたに違いないのである。そして、それは、落ち着けば元に戻るとか、時間が経過すれば癒されるといった種類のものでないことは、ある世代から上の人たちは、あの第二次大戦下の空襲その他、また、その後の人生に於ける予期せぬ衝撃で、実感しているはずなのである。

地震自体に対する衝撃や恐怖、あるいは、生と死の実に酷薄なほどに単純な分岐、日常という居心地のいい環境の崩壊、どれをとっても、平常であることを条件に健やかであった子供の心は傷つく。また、自然にも怯える。自然は果てしないエネルギーを備えているものだ、それに比べて人間はと、一瞬にして知らされるのであるから、これも恐ろしいことになる。自然に対して謙虚というのは大人の思想であって、子供にとっては、もしかしたら、無力感だけが残るかもしれないのである。

それらに対してのケアは、いつの時点からか、かなり優先してやらなければならないかもしれない。心の復活はそのくらいに重大である。それは、やさしさだけでも、忘れさせるだけでもなく、自然との共存の中での人間の尊厳という、現代人がとうの昔に忘れ去った原点で闘わなければならないことであると、伝えつづけなければならないだろう。

阿久 悠(あく ゆう)氏は、兵庫県淡路島(洲本市)出身の作家。兵庫県立洲本高等学校卒業、明治大学文学部卒。広告代理店勤務を経て、放送作家として独立。1968(昭和43)年から作詞を始め、生涯に5,000曲以上を手がけ、尾崎紀世彦「また逢う日まで」、都はるみ「北の宿から」、沢田研二「勝手にしやがれ」、ピンク・レディー「UFO」、八代亜紀「雨の慕情」」など数々のヒット曲を送り出した。1978(昭和53)年『ゴリラの首の懸賞金』で作家デビュー。翌年の『瀬戸内少年野球団』が直木賞候補となる。1982(昭和57)年の『殺人狂時代 ユリエ』で第2回横溝正史ミステリ大賞受賞。1997(平成9)年、作詞家生活30周年を迎えるにあたり第45回菊池寛賞受賞。1999(平成11)年、紫綬褒章授与。2001(平成13)年から腎臓癌を患い、2007(平成19)年8月1日に尿管癌のため東京慈恵会医科大学附属病院で70歳で死去。死後に旭日小綬章。


■「阪神淡路大震災」に関連する防災格言内の記事
AC公共広告機構 阪神淡路大震災キャンペーン広告「人を救うのは、人しかいない」(2009.11.30 防災格言)
篠塚正宣(土木工学者 コロンビア大学栄誉教授 プリンストン大学名誉教授)(2020.01.20 防災格言)
伊藤滋(都市計画家 東京大学名誉教授)(2019.07.29 防災格言)
田辺聖子(作家・随筆家 文化勲章受章)(2019.06.17 防災格言)
堺屋太一(作家・経済評論家 経済企画庁長官(第55~57代))(2019.02.11 防災格言)
吉田正輝(大蔵官僚・銀行局長 兵庫銀行頭取)(2019.01.28 防災格言)
柴田俊治(ジャーナリスト 朝日放送社長 朝日新聞記者)(2019.01.07 防災格言)
佐々淳行[2](評論家 警察官僚・初代内閣安全保障室長)(2018.10.15 防災格言)
下河辺淳(建設官僚・都市計画家 国土庁事務次官)(2018.04.23 防災格言)
西原春夫(法学者 早稲田大学総長)(2018.04.09 防災格言)
黒岩重吾(直木賞作家)(2018.01.22 防災格言)
牧冬彦 (神戸製鋼所社長・神戸商工会会頭)(2018.01.08 防災格言)
斎藤富雄 (兵庫県初代防災監 兵庫県副知事)(2017.11.20 防災格言)
遠藤勝裕 (震災時の日本銀行神戸支店長)(2017.05.15 防災格言)
瀬島龍三 (伊藤忠商事会長)(2017.02.13 防災格言)
河野保(元朝日監査法人代表 日本公認会計士協会近畿会会長)(2011.01.10 防災格言)
余禄(毎日新聞 1995年1月18日朝刊)より(2016.01.18 防災格言)
天声人語(朝日新聞 1995年1月27日朝刊)(2009.01.19 防災格言)
兵庫県知事 貝原俊民(2014.11.01 防災格言)
牧師 草地賢一(2011.08.29 防災格言)
FEMA長官 ジェームズ・L・ウィット(2010.01.11 防災格言)
気象庁長官 和達清夫(2007.12.03 防災格言)
防衛事務次官 依田智治(2007.12.10 防災格言)
美智子上皇后陛下(2010.10.18 防災格言)
政治家 後藤田正晴(2010.11.29 防災格言)
政治家・村山富市(震災時の首相)(2007.12.31 防災格言)
政治家・野中広務(震災時の自治大臣)(2018.02.12 防災格言)
政治家・池端清一(2008.01.07 防災格言)
政治家・鳩山由紀夫(2009.08.31 防災格言)
東京都知事 鈴木俊一(2008.10.13 防災格言)
元社団法人・全国産業廃棄物連合会技術部長 高橋壽正(2012.01.16 防災格言)
早川和男[1](建築学者(生活空間学) 神戸大学名誉教授)(2014.06.16 防災格言)
早川和男[2](建築学者(生活空間学) 神戸大学名誉教授)(2019.11.11 防災格言)
作家 司馬遼太郎(2015.01.12 防災格言)
推理作家 斎藤栄(2014.03.03 防災格言)
指揮者 朝比奈隆(2014.03.10 防災格言)
指揮者 岩城宏之(2008.02.18 防災格言)
筒井康隆(1934~ / 小説家・劇作家)(2013.02.18 防災格言)
阿久悠(1937~2007 / 作詞家)(2013.06.17 防災格言)
放送作家 藤本義一(2011.01.17 防災格言)
小松左京(1931~2011 / 小説家)(2011.08.01 防災格言)
髙村薫(1953~ / 作家 代表作『マークスの山(第109回直木賞)』)(2013.07.29 防災格言)
藤原智美(1955~ / 小説家・随筆家)(2013.08.12 防災格言)
陳舜臣(1924~2015 / 小説家・歴史著述家)(2015.01.26 防災格言)
大森一樹(1952~ / 映画監督・脚本家 代表作『ヒポクラテスたち』)(2013.04.08 防災格言)
筑紫哲也(1935~2008 / ニュースキャスター・ジャーナリスト 元朝日新聞記者)(2009.09.21 防災格言)
作家 伊集院静(2012.02.27 防災格言)
映画監督・白羽弥仁(2008.01.21 防災格言)
将棋棋士・谷川浩司(2013.03.04 防災格言)
医師・西村明儒(2009.12.21 防災格言)
落語家・六代目 桂文枝(桂三枝)(2015.01.19 防災格言)
中内功・ダイエー創業者(2009.09.07 防災格言)
本田宗一郎・ホンダ創業者(2012.12.31 防災格言)
秋山富一・住友商事会長(2013.09.02 防災格言)
領木新一郎・大阪ガス元会長(2008.11.03 防災格言)
久我 徹・博報堂関西支社長(2009.04.06 防災格言)
李登輝(1923~2020 / 台湾の政治家・農業経済学者 元中華民国総統)(2015.07.13 防災格言)
ラジオパーソナリティー 永六輔(2016.07.18 防災格言)
科学評論家・元NHK解説委員 村野賢哉(2016.08.08 防災格言)
美術史家・西川杏太郎(2017.01.16 防災格言)
川柳作家・時実新子(2017.01.23 防災格言)
芸術評論家・多木浩二(2013.01.14 防災格言)
政治家 羽田孜(内閣総理大臣(第80代))(2017.09.04 防災格言)
外交評論家 岡本行夫(元外務省安全保障課長)(2018.08.20 防災格言)
作家 田中康夫(元長野県知事 元衆議院議員)(2019.01.14 防災格言)
プロテニスプレーヤー 沢松奈生子(2008.1.14 防災格言)
MLB選手 イチロー(2013.08.26 防災格言)
プロゴルファー 古市忠夫(神戸市長田区で罹災)(2019.07.08 防災格言)
法学者 篠塚昭次(早稲田大学名誉教授)(2020.01.06 防災格言)
吉村昭(1927~2006 / ノンフィクション作家 代表作『関東大震災』『戦艦武蔵』等)(2021.07.19 防災格言)
五木寛之(1932~ / 小説家・随筆家・作詞家・作曲家)(2020.01.13 防災格言)
中井久夫(1934~ / 精神科医 神戸大学名誉教授 文化功労者)(2020.03.09 防災格言)
地震は起きる。それは「想定」ではない。「前提」だ。:三菱地所ホーム(株)のポスター広告 2015年(コピーライター:谷野栄治、三宅ひづる)より(2021.01.18 防災格言)
立春の日のコロンブスの卵(中谷宇吉郎随筆より)(2006.01.17 編集長コラム)
阪神淡路震災より18年(2013.01.17 店長コラム)

■「歌手」「音楽家」に関連する防災格言内の主な記事
ジョン・レノン (イギリスの歌手 “The Beatles”メンバー)(2010.12.06 防災格言)
マイケル・ジャクソン (アメリカの歌手 「ポップ界の王」)(2012.07.02 防災格言)
矢野顕子 (日本のシンガーソングライター)(2016.10.17 防災格言)
つんく♂(作詞・作曲家 音楽プロデューサ― TNX株式会社社長)(2019.08.19 防災格言)
阿久悠(作家・作詞家)(2013.06.17 防災格言)
伊集院静(作家・作詞家)(2012.02.27 防災格言)
西條八十(童謡詩人・作詞家)(2018.09.03 防災格言)
朝比奈隆(指揮者)(2014.03.10 防災格言)
岩城宏之(指揮者)(2008.02.18 防災格言)

■「明治大学」
志田鉀太郎(1868~1951 / 商法学者・実業家 明治大学総長(第5代))(2018.11.26 防災格言)
戸川秋骨(1870~1939 / 英文学者・随筆家)(2016.02.15 防災格言)
長田秀雄(1885~1949 / 詩人・劇作家)(2016.10.31 防災格言)
菊池寛(1888~1948 / 小説家・劇作家)(2012.03.26 防災格言)
林達夫(1896~1984 / 思想家・評論家・翻訳家)(2012.05.21 防災格言)
唐木順三(1904~1980 / 作家・文芸評論家・哲学者)(2017.09.18 防災格言)
福田恆存(1912~1994 / 評論家・劇作家・翻訳家)(2015.07.06 防災格言)
川島雄三(1918~1963 / 映画監督 代表作「幕末太陽傳(1957年)」)(2019.12.16 防災格言)
村山富市(1924~ / 政治家・社民党初代党首)(2007.12.31 防災格言)
川島喜代詩(1926~2007 / 歌人・川島書店会長)(2011.07.11 防災格言)
阿久悠(1937~2007 / 作家・作詞家)(2013.06.17 防災格言)
猪瀬直樹(1946~ / ノンフィクション作家・政治家 東京都知事)(2017.06.19 防災格言)
松尾雄治(1954~ / 元ラグビー日本代表選手 スポーツキャスター)(2014.03.24 防災格言)
藤原智美(1955~ / 1955~ / 小説家・随筆家)(2013.08.12 防災格言)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
みんなの防災対策を教えてアンケート募集中 非常食・防災グッズ 防災のセレクトショップ SEI SHOP セイショップ
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ