防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

永六輔が阪神淡路大震災の時に遺した格言(タレント)[今週の防災格言448]

time 2016/07/18

永六輔が阪神淡路大震災の時に遺した格言(タレント)[今週の防災格言448]


『 災害がいつ起るか、と思い続けていましょうとは言いません。
でも訓練は大事だなと思います。 』

永六輔(1933〜2016 / タレント・作家・放送作家・作詞家)

格言は、阪神淡路震災の記念日(平成10(1998)年1月17日)にオンエアされたTBSラジオ番組『六輔ラジオデイズ サライ時間の旅』より。
早朝に発生した阪神淡路震災(1995年)では、朝の段階で総理大臣は災禍を知らずにいたため、結果として、自衛隊の要請が遅れることになった。

曰く―――。

《 1955年10月1日の新潟大火のときも酒田大火(1976年)のときも、自衛隊のほうが先に “火事だ” ということを掴んでいるんです。だけど、自衛隊は出動命令がないと動けない。

でも突然の訓練だと言って、(新潟大火のときに自衛隊は)出動しちゃうんです。「訓練の途中で火事と出逢っちゃった。だから対処しろ!」というように自衛隊は動いていたんですよ。

でも、これは憲法の上からいうとホントはいけないんです。だけども、目の前で起きている事に、自分たち自衛隊が行かないでどうするんだ!という、ここの判断をした訳ですが、結果的には、知事が自衛隊の出動を要請して出た、ということに記録上ではなっているのです。でも、実際はそうじゃなかったのですね。

だけど神戸の時は、自衛隊は出動する準備をして、今か今かとずっと待っていたんですよ。でもね、地震とか火災っていうのは少しも早くないと被害は広がる一方なんですよ。「知事の要請があって出動した」という表に出ている記録ね。それは、そうしないといけないんです。でも実際は、そうじゃなかったんです。実際は自分たちの判断で出て行ったんです。これはとっても大事なことなので、イザという時にはそうしないといけないんですよ。

つまり、もちろん自衛隊が勝手に動くことは憲法違反です。憲法違反だけど、今目の前で起きていることにどう対応するかってことに対応できない自衛隊は自衛隊じゃないと私は思いますから。

新潟大火を記録にすると、「知事が柴田の自衛隊の出動を要請した」ってニュースになっちゃうんです。でも良いじゃないですか、災害を救うためなんだから、要請される前に出て行ったって。後で、つじつまを合わせればいいんだから。つまり、そういうことなんですよ、現場処理っていうのは。後でつじつまを合わせよう!今行け!ってことを、どうして神戸の時にできなかったのか。そこなんですよね。

神戸の場合、伊丹の自衛隊がお昼近くまで待っていたんですよね。イザという時に何もできていない、つまり、危機管理が下手というのは。もちろん、総理大臣、防衛庁長官、兵庫県知事、知事が命令すればよかったんです。それを皆が待っていたんですよね。これなんだよね。

訓練しているのに、イザってときに、リュックサックがどこいっちゃったかわからない、という、そういう(リスナーからの)お手紙もありましたけど、それを国レベルで考えると、こういうことになっちゃうんですね。 》

放送作家の草分け的存在として知られ、その独特の語り口調で世相を斬り、庶民の心を代弁してきた永六輔(えい ろくすけ / 本名:永孝雄)さん。
東京・浅草の浄土真宗最尊寺の息子に生まれ、戦争中は、長野県の小諸に東京から疎開し、そこで終戦を迎えた。敗戦後、東京へ帰り旧制早稲田中学に編入学。早稲田高等学校を卒業すると、NHKラジオ「日曜娯楽版」に投稿を始め、早稲田大学在学中に三木鶏郎にスカウトされトリローグループの放送作家、司会者として芸能界に入った。その後もラジオ・テレビ番組の企画・演出で活躍、作曲家・中村八大とのコンビで「上を向いて歩こう(坂本九 1961年)」「こんにちは赤ちゃん(梓みちよ 1963年)」「いい湯だな(ザ・ドリフターズ 1966年)」など名曲の作詞を手がけ、テレビ、ラジオを中心に多才ぶりを発揮した。作家・エッセイストとしても多くの著作を残し「大往生(1994年)」は200万部を超える大ベストセラーとなった。
阪神淡路震災(1995年)を機に発足した、被災した障害者に救援金を届けるNPO法人「ゆめ風基金(大阪市)」では呼び掛け人代表を務め、東日本大震災(2011年)の被災地である宮城県山元町の臨時災害FM局「りんごラジオ」には無償で出演するなどボランティアを応援する活動を晩年まで続けた。
最愛の奥様を亡くし、自身もパーキンソン病と診断されてから、介護問題に真剣に取り組んだほか、尺貫法の復活運動、米殻通帳廃止運動、天皇陛下に公式の場で和服を着ていただこうという「天着連」運動など、日本の伝統文化の復権運動にも精力的に取り組んだ。平成28(2016)年7月7日に東京都内の自宅にて死去。83歳。

■「永六輔」に関連する防災格言内の記事
放送作家 藤本義一(2011.01.17 防災格言)
作家 野坂昭如(2013.02.04 防災格言)
落語家 桂三枝(6代目桂文枝)(2015.01.19 防災格言)
漫画家 手塚治虫(2013.09.30 防災格言)
作家 開高健(2011.11.14 防災格言)
劇作家 遠藤周作(2010.07.12 防災格言)
作詞家 伊集院静(2012.02.27 防災格言)
作詞家 阿久悠(2013.06.17 防災格言)
俳優 下元勉(2015.03.30 防災格言)
作家 司馬遼太郎(2015.01.12 防災格言)
作家 池波正太郎(2012.06.18 防災格言)
作家 小松左京(2011.08.01 防災格言)
映画監督 黒澤明(2014.02.17 防災格言)
映画監督 山田洋次(2010.05.24 防災格言)
作家・演出家 つかこうへい(2018.03.26 防災格言)

■「阪神淡路大震災」に関連する防災格言内の記事
佐々淳行[2](評論家 警察官僚・初代内閣安全保障室長)(2018.10.15 防災格言)
下河辺淳(建設官僚・都市計画家 国土庁事務次官)(2018.04.23 防災格言)
西原春夫(法学者 早稲田大学総長)(2018.04.09 防災格言)
黒岩重吾(直木賞作家)(2018.01.22 防災格言)
牧冬彦 (神戸製鋼所社長・神戸商工会会頭)(2018.01.08 防災格言)
斎藤富雄 (兵庫県初代防災監 兵庫県副知事)(2017.11.20 防災格言)
遠藤勝裕 (震災時の日本銀行神戸支店長)(2017.05.15 防災格言)
瀬島龍三 (伊藤忠商事会長)(2017.02.13 防災格言)
余禄(毎日新聞 1995年1月18日朝刊)より(2016.01.18 防災格言)
天声人語(朝日新聞 1995年1月27日朝刊)(2009.01.19 防災格言)
兵庫県知事 貝原俊民(2014.11.01 防災格言)
牧師 草地賢一(2011.08.29 防災格言)
FEMA長官 ジェームズ・L・ウィット(2010.01.11 防災格言)
気象庁長官 和達清夫(2007.12.03 防災格言)
防衛事務次官 依田智治(2007.12.10 防災格言)
美智子皇后陛下(2010.10.18 防災格言)
政治家 後藤田正晴(2010.11.29 防災格言)
政治家・村山富市(震災時の首相)(2007.12.31 防災格言)
政治家・野中広務(震災時の自治大臣)(2018.02.12 防災格言)
政治家・池端清一(2008.01.07 防災格言)
政治家・鳩山由紀夫(2009.08.31 防災格言)
東京都知事 鈴木俊一(2008.10.13 防災格言)
元社団法人・全国産業廃棄物連合会技術部長 高橋壽正(2012.01.16 防災格言)
建築学者 早川和男(2014.06.16 防災格言)
作家 司馬遼太郎(2015.01.12 防災格言)
推理作家 斎藤栄(2014.03.03 防災格言)
指揮者 朝比奈隆(2014.03.10 防災格言)
指揮者 岩城宏之(2008.02.18 防災格言)
作家 筒井康隆(2013.02.18 防災格言)
作詞家 阿久悠(2013.06.17 防災格言)
放送作家 藤本義一(2011.01.17 防災格言)
作家 小松左京(2011.08.01 防災格言)
作家 髙村薫(2013.07.29 防災格言)
作家 藤原智美(2013.08.12 防災格言)
作家 陳舜臣(2015.01.26 防災格言)
映画監督 大森一樹(2013.04.08 防災格言)
ニュースキャスター 筑紫哲也(2009.09.21 防災格言)
作家 伊集院静(2012.02.27 防災格言)
映画監督・白羽弥仁(2008.01.21 防災格言)
将棋棋士・谷川浩司(2013.03.04 防災格言)
医師・西村明儒(2009.12.21 防災格言)
落語家・六代目 桂文枝(桂三枝)(2015.01.19 防災格言)
プロテニスプレーヤー 沢松奈生子(2008.1.14 防災格言)
MLB選手 イチロー(2013.08.26 防災格言)
中内功・ダイエー創業者(2009.09.07 防災格言)
本田宗一郎・ホンダ創業者(2012.12.31 防災格言)
秋山富一・住友商事会長(2013.09.02 防災格言)
領木新一郎・大阪ガス元会長(2008.11.03 防災格言)
久我 徹・博報堂関西支社長(2009.04.06 防災格言)
元台湾総統 李登輝(2015.07.13 防災格言)
ラジオパーソナリティー 永六輔(2016.07.18 防災格言)
科学評論家・元NHK解説委員 村野賢哉(2016.08.08 防災格言)
美術史家・西川杏太郎(2017.01.16 防災格言)
川柳作家・時実新子(2017.01.23 防災格言)
芸術評論家・多木浩二(2013.01.14 防災格言)
政治家 羽田孜(内閣総理大臣(第80代))(2017.09.04 防災格言)
外交評論家 岡本行夫(元外務省安全保障課長)(2018.08.20 防災格言)
阪神淡路震災より18年(2013.01.17 店長コラム)

 

<防災格言編集主幹 平井 拝>

 

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ