防災意識を育てるWEBマガジン「思則有備(しそくゆうび)」

防災意識を育てるWEBマガジン

スイスのパンはとっても不味い

time 2002/12/16

スイスのパンはとっても不味い
スイスのパンはとっても不味い  [編集長コラム]

スイスのパンはとってもマズい―――「油断」というタイトルの新聞のコラムである。

スイスの代表的な料理『フォンデュ』は、「古くなったパンをごまかす」ために生活の知恵が生み出した料理だそうだ。

マズい理由は新しい小麦を使わないからで、スイスでは小麦を1年以上備蓄することが義務付けられているのだ。

もし欧州が戦争になった時、主食の輸入が難しくなるので永世中立を保持するにはパンくらいは国民に辛抱させるという。僅か数%に満たない確率の危機のために、国民にマズいパンを強いる政府とそれを受け入れる国民。

平和の代償は高いのである・・・さあ「市場」が機能しなくなった時に、貴方はどうするのか?

■「食料備蓄」についての防災格言内の関連記事
 -食糧備蓄の参考資料(2011.3.24 編集長コラム)
 -備蓄という思想の矛盾点(2010.09.24 編集長コラム)
 -スイスのパンはとっても不味い(2002.12.16 編集長コラム)
 -スイス連邦政府(2009.05.11 防災格言)

<編集長 拝>

[このブログのキーワード]
防災格言,格言集,名言集,格言,名言,諺,哲学,思想,人生,癒し,豆知識,防災,災害,火事,震災,地震,危機管理,非常食
メルマガ登録バナー
E-mail
お名前
※メールアドレスと名前を入力し読者登録ボタンで購読

アーカイブ